ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードとか色々。

【旧裏デッキ】キングベトン with 粗大ゴミ 


NIDOKING.jpeg

ニドキング!!!
初代公式イラストにシンプルな背景、これぞ旧裏ですね!

強そうなもののイマイチ使い方の研究されていなかったニドキングをメインに据えたデッキです。
大会用のデッキはカードの反りを避けるためノンキラのweb再録版を使いました。
超低速のe環境なら活躍できそうですが、環境の中心に超タイプのゲンガーと毒にならない特殊体質を持つハッサムがいるため残念ながら居場所はありません。
webの誰得再録はなんとかならなかったのでしょうか。使う理由のないカードばかりなのはあんまりだと思います。サワムラーさんとか。



kingbeton.jpeg

デッキレシピ

ポケモン
4 ニドラン♂(拡張シート)
2 ニドリーノ(第一弾)
1 ニドリーノ(拡張シート)
3 ニドキング(第一弾)
1 ベトベター(化石)
2 ベトベター(拡張シート)
1 ベトベトン(化石)
2 ベロリンガ(ジャングル)
1 コラッタ(ロケット団)
1 ひかるハガネール
/18

エネルギー
10 草
/10

トレーナー
4 オーキドはかせ
3 ウツギはかせ
4 クルミ
3 マサキ
3 ナツメの眼
3 ポケモン交換おじさん
3 夜の廃品回収
1 ロケット団参上!
2 ロケット団の特訓ジム
2 ポケモンいれかえ
2 おうごんのみ
1 いいきずぐすり
1 学習装置
/32


動き

ベロリンガを壁にニドキングを育て、「どくどく」で攻撃。
以上。

ニドラン♂とニドリーノが貧弱すぎてニドキングでしか戦えないんです。
ベロリンガを壁に思いポケモンを育てて殴り勝つという懐かしの旧裏といった戦略。
ポケットモンスターカードゲーム20周年に相応しいデッキに仕上がったと思います。たまたまだけど。
1枚混入した粗大ゴミひかるハガネールを除いて。


個別解説

ベロリンガ
新殿堂ランクではあまり使われませんが、なんだかんだ言って強いポケモン。
HP90に加えてコイン麻痺の「まきつくベロ」の時間稼ぎ性能は高いです。

ニドラン♂(拡張シート)
ナツメのケーシィ(ジム2)の「サイコループ」で1キルされるのが嫌だったのでこっち。
先行で1エネ貼れって「きあいだめ」をすれば次に使う「つのでとっしん」が80になるので威圧できます。
大抵は「つのでとっしん」なんか使わずベロリンガあたりに交代しますが。

ニドリーノ(第一弾)
これでも旧裏で一番真っ当な性能のニドリーノ。
「つのドリル」4エネ要求するのが本当にイケてない。

ニドリーノ(拡張シート)
コイン判定とは言え2エネ60出せるのでどうしようもないときに使うかもしれません。
とにかく弱すぎる。

ニドキング(第一弾)
「どくどく」がすべての小さな怪獣(1.5m)。
「あばれる」は2エネでもよかったのでは?と思う残念性能ですが猛毒状態の相手に使うことも。
(第一弾)とか書いていますが旧裏唯一のニドキングです。
わるいニドキングとかやさしいニドキングとかニドキング(neo5)とかいてくれれば動きのバリエーションが増えるんですけどね……。

ベトベター(化石)
「ベトベト」のコイン麻痺も優秀ですが、「ちいさくなる」も密かに強力。
1、2ターン目のダメージをなくせるので、ベトベトンに進化することを考えてダメージを受けなくなるこちらを使うこともあります。

ベトベター(拡張シート)
「ベトベトマーカー」をのせることのできる唯一のポケモン。
逃げるコストが軽いラッキー(第一弾)を毒殺するのに有効です。

ベトベトン(化石)
特殊能力を封じる置物……ですが、ベトベトンをバトル場に呼びつけて時間を稼ごうとしてくる相手には3エネ貼って「ヘドロこうげき」を使うこともあります。

ひかるハガネール
わるいマタドガス対策。他のデッキ相手には粗大ゴミ並みにひたすら邪魔なカード。
序盤を凌ぐのに必要と判断し採用しました。草抵抗を持っているためベロリンガ以上の壁として機能します。
全く注目されないポケモンですが、草抵抗持ちのたねでHP90は唯一無二の性能です。

文章だけでは有用さが伝わりづらいと思うのである対戦(一人回し)でのワンシーンを。

kingbeton1.jpeg

ニドラン♂とベロリンガを倒し、わるいマタドガス側がリードしている状況。ちなみにウツギはかせ使用後。
ドガースへの蓄積ダメージを考えると、ここで「みんなでばくはつ」で20ダメージ与えてもあまりおいしくはない。
一撃で倒すのは難しいので次のターンに展開して2回攻撃するにしても、この先ベトベトンが出てくることを考えるとタケシのキュウコンの「ばける」はあまり使いたくない。
でもモタモタしているとニドキングが育ってしまう。

このようにわるいマタドガス相手にかなり嫌な選択を迫ることができます。


仮にひかるハガネールではなく、ベロリンガだったら普通に「みんなでばくはつ」を使って問題ないシーンです。

kingbeton2.jpeg
「みんなでばくはつ」を使い50ダメージ与えました。あと1回攻撃すれば倒せますね。

ドローソースなど必須パーツについて
遅い上に落としたくないカードが多いのでマサキを1枚ウツギにしてもいいと思います。
エネルギーを拾う手段がなく、ベトベトンを倒されてもいいよう夜の廃品回収は3枚。
ベトベトンを早く出すためにも交換おじさんは3枚。

ロケット団の特訓ジム
猛毒状態の相手を逃さないために採用。
さりげなく流行のポケモン逆指名対策にもなっています。
にげるコストを増やしてえ戦う前提なのでベイビィは入れていません。

おうごんのみ
頑張って育てたニドキングがあっさり倒されては困るので回復で凌ぐ作戦。
特殊能力が使えない状況なので40回復でも1ターン稼げます。

ちなみに最初はいいきずぐすりが入っていた枠。
ニドキングのワザが3エネと重く、ベトベトンを使う以上エネ加速ができないため、回復しようにもワザを使うためのエネが足りなかったり、控えが育たなかったりと使いづらいシーンが多すぎたのでノーコストで回復できるこちらを採用。
なんだかんだ言って強いカードだと思います。

ポケモンいれかえ
バトル場に出されたベトベトンを控えに戻す他、このデッキならではの使い方として「どくどく」を使ったニドキングを戻し、反撃を受けないようにしつつ毒で倒すなど使い所の多いカードです。


使用感など

わるゲンを除いてどのデッキ相手にも対等以上に戦えますがニドキングの性能もエネルギーの枚数、回復カードの枚数もギリギリなので余裕を持って勝てる相手が少ないのも事実。
ちなみにナツメのゴーストデッキ(通称:ナツメスピリッツ)はベロリンガをひたすら回復させて戦うことになります。

大ダメージやエネ加速といった状況を逆転できる要素がほとんどないため、オーキドで下手に回復カードやエネを切ってしまうと後半戦に辛くなります。
シンプルな見た目に反して扱いにくいデッキだと思います。
あと、とにかく動きが地味です。

一から構築したデッキですが、一応"完成"と言える水準に持っていけたと思います。
3年目になる新殿堂ランク、まだまだ未研究のカードもありそうなので改めてカードリストを見直すと新しい発見があるかもしれません。
それでは!


お知らせ
1/21(土)に「第12回 関西旧裏ポケカオフ -neo-」が開催されます!
新殿堂ランクでの大会と、フリー対戦・トレードを満喫できるイベントです!
プロキシOK、更には貸出デッキが用意されていますのでカードがなくても参加可能
集めるのが難しい昔のカードを持っている人が多いのでトレードメインで参加するのも全然アリだと思います。
(事前に探しているカードを告知すれば誰かしら持ってきてくれることが多いです。トロピカルウインドのような超レアカードは難しいかもしれませんが、通信進化キャンペーン第一弾マークなしポケモン☆あたりは普通にトレードされています。)
スポンサーサイト

Comment

Add your comment