ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。
ポケモンカード有象無象 TOP  >  コラム >  ガルーラルール考察

ガルーラルール考察

旧裏を集めているとたまーに出てくる《タッチ交代!》というカード。
熱心に集めているわけではありませんが、ようやく4枚超えました。

150524_tattikoutai.jpg


旧裏を集め始めてから6年間(とはいっても最初の2~3年くらいは今ほど真剣に集めていませんでしたが)も経ってようやく6枚。やはりプロモは狙って集めないと枚数を増やせないですね。

《タッチ交代!》は「ガルーラルール」専用のカードとして作られたわけですが、せっかく4枚揃ったのでそのガルーラルールで遊んでみたい!と思うわけです。しかしガルーラルールは旧裏の中でもマイナーなルール。対戦相手なんているわけがありません。

今回はガルーラルールに興味を持ってもらうためにもルールの解説をしようと思います。
ルールがわからないから手を出しにくいっていうのもありますし。

ガルーラルールって?
ガルーラのように親子同士でタッグを組んで、親子対親子で対戦するルールです。(親子で2連続で技が打てたりするわけじゃないよ!)

リザードンメガバトルのサブイベントで使われたルールで、旧裏の中でも群を抜いて希少カードとして有名なガルーラはその時上位賞として配られたものです。何枚かはわかりませんが間違いなく数えられる程でしょう。

その大会は「第1回」と銘打った大会でしたが、それ以降の公式大会のサブイベントとしてガルーラルールの大会が開かれたかどうかはわかりません。
ガルーラの希少度から考えておそらく開かれていないと思われます。

後で詳しく説明しますが、このルール、《タッチ交代!》4枚×2デッキ分に加え、親と子のプレイヤーペアが2組必要というとんでもなくハードルの高いルールだったりします。
親子であることは推奨なだけで、実際は親子でなくてもプレイヤーが4人揃えば対戦はできますが、それでも《タッチ交代!》×16枚は中々のハードルです。
そのため、カジュアルルールとしてもほとんど遊ばれることはなかったと思われます。
だってボロボロのタッチ交代が出てこないんだもん。そんなワケで知名度の割にマイナーなルールです。
どーでもいい話ですが、ここ最近の公式の懐古の流れからそろそろ「メガガルーラルール」なんかをやるんじゃないかなーと個人的に睨んでいます。


遊び方
2人でタッグを組むということでゲーム本編のマルチバトルが連想されますがダブルバトルでもありませんし、対戦するのはどちらか片方です。
味方の地震で自分の電気ポケモンが気絶、なんてことはないのでご安心を。
そもそもポケカの地震って全体技じゃないし、もっと言うとこの時代はまだダブルバトル自体がありません。

大まかなルール以下の通り。
・2人でデッキを共有し、片方のプレイヤーが対戦、もう片方のプレイヤーは待機。
・初手は各プレイヤー5枚。
・最初に出すバトルポケモンやベンチポケモンを出すのはバトルプレイヤーでも待機プレイヤーでも構わない。
・《タッチ交代!》を使うか、どちらかのポケモンが気絶した場合、両チームの待機プレイヤーがバトルプレイヤーと交代。
待機プレイヤーとバトルプレイヤーは相談できない。
・最初の対戦プレイヤーは子同士、最初、親は待機。


考察
手札を合計10枚用意して、ベンチを並べて、子同士でスタート。
タッチ交代!を使うと両者親へ、きぜつしても両者親へ交代。次に交代すると子同士の対戦へ。
そう、このルール、子同士・親同士でしか対戦できないようになっているのです。

同じデッキ使ってプレイヤーだけが入れ替わるルールなんてなんの意味があるの?と思うかもしれません。
初手が多くてサイド落ちに加えて相方落ちのあるルールにしか見えないかもしれません。

そう思うのは普通のプレイヤー同士の対戦を想定しているからです。


このルールには「親はポケモンカードについて子よりも詳しくない」という前提があると思われます。
だから「相談できない」なんてルールがあったり、親同士・子同士でしか対戦できないようになっています。
子が先にプレイするのも親にお手本を示すためでしょう。
親子で強いプレイヤーが増えた今ではさっぱり機能しないルールですね……。
このルールはポケモンカードに詳しい子同士での対戦から、詳しくない親同士の対戦に移った時に場の状況が乱れる面白さを狙って作られたのだと思います。
それっぽいことを言えば、教える立場と教わる立場が逆転する、そんな普段とは違うコミュニケーションが生まれることを願ったのでしょう。
ルールの意図を考えるといかにも昔の公式らしいルールだと思います。

上級者同士で対戦してもデッキを組んだ人の性格やプレイヤーのプレイングの違いが表れて面白いと思います。
ただ、デッキ構成を共有して練習すればするほどただの手札分割ルールに近づいてしまうので、
変な話ですが、練習しすぎないよう気を付けなくてはなりません

普段使わないカードやデッキ使うといい具合に場が乱れると思われます。
知らないデッキを使うのが面白いので事前にしならないデッキがないか相談しあったり、マイナーデッキを借りたりすれば面白いでしょう。

普段と違うデッキというと、使えるカードが激しく制限されるシールド戦やドラフト戦にこのルールを組み合わせるとかなり面白くなりそうです。シールド戦やブースタードラフトはパックやスターターから引いたカードだけで戦うので普通のデッキと違い満足な構築は中々できません。

普通なら3枚4枚と積む進化ラインが細くなってしまうことが普通です。
それが手札分割によって進化前進化後が2人の手札に分かれてしまったら……。
プレイヤーを変更するためにポケモンを気絶させるよう仕向けたり、それを見抜いて素直に倒さず時間を稼いだり。

4人のプレイヤーの思惑や手札によって戦略の変更が発生し、かなり混沌としたゲームを楽しめるのではないでしょうか。
大量に集めるのが困難な未開封パック使う都合、参加人数を倍にできるのもポイントです。

ただこのルール、やっぱり人数が必要なことが問題点。ガルーラルールをやりたい人が4人揃わなければ始まりません。
個人的にアツいと睨んでいるガルーラルールのシールド・ドラフトに至っては未開封品が必要とハードルが高すぎます。
オリパですら最近は中々手に入りませんし。

以前妄想した「ポケモンカード・バトルファクトリー」同様実現は難しそうです。
スポンサーサイト
[ 2015年05月24日 14:12 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR