ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。
ポケモンカード有象無象 TOP  >  スポンサー広告 >  デッキ(ADV・PCG) >  ADV・PCGデッキ【封印サーナイト】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ADV・PCGデッキ【封印サーナイト】

組もう組もう思いつつ組んでいなかったサーナイトδexをようやく組みました。

一人で回していて思うのは、やっぱりサーナイトδexって頭おかしい!!ということ。
ベトベトガスのような効果でも化学変化ガスのような特殊能力でもなく、マーカーという取り除きにくい要素で特殊能力封じをしかけてくるのが非常に厄介です。ルンパカルゴのマグカルゴやエイパムがその試合中ベンチを圧迫するだけの置物になるのはたまったものではありません。
そして、火炎玉も地味に超優秀。任意でベンチにエネルギーを付け替えられる効果を持つトルネロスやイベルタルEXの効果の祖と言えるワザです。打点は平凡なものの、気絶際にエネルギーを付け替えることで後続の確保が恐ろしく容易になります。
封印で相手の展開を止めてエネルギー損失を減らしつつ後続を確保していれば相手は息切れ必至。対策を怠った相手には一方的な試合になってしまうほど高性能です。間違いなくPCG末期環境の一角と言えるでしょう。

★レシピ
huuinsaanaito.jpg

4-3-2,2,1 サーナイト(ADVex-封印-封印,PCG6,プロモ)
2-1-2 ピジョット
2-2 ハッサムex(PCG1-PCG4)
3 ノコッチ
1 ケンタロス(PCG7)
/25

4 鋼
4 δ虹
2 ワープ
1 サイク
2 ホロンのレアコイル
/13

3 ダイゴ
3 幹部
3 ウツギ
3 TVレポーター
3 アメ
4 暴風
1 ワーポ
1 クリスタルビーチ
1 ポケモン回収装置
/22

※レギュレーション:第三世代のカード全て(ADV1~WCP)


★個別カード解説

サーナイトex(封印!サーナイトデッキ)
pcg_saanaitodelta.jpg

このデッキのメインポケモン。特殊能力封じはずるいしワザも強力。


サーナイト(PCG6)
pcg6_saanaitodelta.jpg

アタッカーであり、ベンチ狙撃要因でもあり、エネルギーをぐるぐる回す動きをする要のポケモンでもあります。とにかく便利で強い!


サーナイト(明治プロモ)
pcg_saanaito_promo.jpg

ヒーリングダンス持ち。サーナイトやハッサムが長持ちするので単純に強いです。ワープエネルギーとエネスイッチを絡めて控えに戻った間に複数回ダンスを使う動きが強力。


ラルトス(ADVex)
advex_rarutosu.jpg

1エネで1ドローできるラルトスもいますが、それよりも展開補助するよりも催眠術で相手の展開を遅くした方が優位に立てると思われるためこちらを採用。


キルリア(封印!サーナイトデッキ)


pcg_kiruriadelta.jpg

どうにもならない状況でワンチャン持てるライフダウンは魅力的ですが超エネルギーを積まない都合上こちらを採用。本当は3積みしたいですが持ってないので他のもので代用です。


ハッサムex
pcg4_hassamuex.jpg

調整相手デッキとして用意した化石デッキのオムスターδが重いので復讐の牙を耐えるアタッカーとして採用。
身内(?)メタ色が強いものの、サーナイトとの相性は非常に良好。エネスイッチのおかげで鋼エネルギーを3枚4枚貼れる上、プロモサーナイトのヒーリングダンスにより凄まじい耐久になります。相手次第ではこちらがメインポケモンとなります。基本的に鋼を複数貼って鋼の翼連打で相手のHPを削っていくポケモンです。
それにしても、パワーカードとパワーカードを足せば強いだろ感が半端ないです。


ストライク(PCG1)
pcg1_sutoraiku.jpg

エネルギーを貼ると逃げるコストがなくなる地味に便利なポケボディー持ち。ベンチにストライクを呼べるストライクもいるのですが、このデッキはハッサムを並べる必要がないのでこちらを採用。


クリスタルビーチ
クリスタルビーチ

単純にスタジアムを割ったり、幹部と合わせて相手の反撃の芽を摘んだりできます。特殊能力と2個エネが使えない状況は中々にエグいです。ホロンのレアコイルに依存している状況では自分の首を絞めてしまうので注意。


ピジョット
pcg1_pijotto.jpg

毎ターンパソ通が使えるポケパワー「マッハサーチ」が強いのですが、それだけの鳩ではありません。このデッキならではの動きとして、エネスイッチからの「わしづかみ」が強力です。相手を逃がさずに一撃圏内に追い込むことでメインのアタッカーの負担を減らせるのです。


暴風
pcg8_bouhuu.jpg

封印の結晶や呪われた祠を割るためのカード。ポケパワー持ちがほとんどなので呪われた祠は要注意カードです。鋼4枚貼った無敵状態のハッサムが立っていても他が気絶して負けてしまうことさえあります。
PCG最終環境では多くのデッキで必須となるであろう重要なカードですがさっぱり集まりません。


ノコッチ(ADVex)
advex_nokotti.jpg

呼んで逃げるへび。3匹も呼べるだけでなくスネークフラッシュで足止めまでできる便利なポケモン。


ケンタロス
pcg8_kentarosu.jpg

実を言うとノコッチ不足から代用として投入したカードです。暴風を封印の結晶に使いすぎてもスタジアムを割れるので思いの外役立ちました。


ホロンのレアコイル
pcg6_holonnoreakoiru.jpg

特殊エネルギーを使いまわすために必要なカード。気絶際の火炎球で控えに付け替えれば2エネ分損失を減らせます。

サイクロンエネルギー
pcg_cyclonenergy.jpg

使いどころは様々ですが、主に封結持ちをベンチに戻せるエネルギーカード。ホロンレアコで使いまわします。


ワープエネルギー
pcg_warpenergy.jpg

エネスイッチと絡めて入れ替えとして使えるエネルギー。これもホロンレアコで使いまわします。


★入れようとしたカード

レジスチルex(プレイヤーズプロモ)
promo_legisteelex.jpg

サーナイトδexのやや低い打点を補えるポケモン。こちらの攻撃を確実に耐え、こちらのポケモンを一撃で倒してくるポケモンことオムスターδに対して場のアドバンテージを取らせないのが目的。エネスイッチによって鋼エネルギーを集められるシーンが多く、ホロンのレアコイルによってワープエネルギーの再利用が簡単なので鋼エネルギー複数+ヒーリングダンスで2回ほどレーザーを撃ってベンチに戻す動きをできれば強そうだと化石デッキを相手していて本気で思いました。
しかし、ハッサムで事足りそうな気がしてしまったので没。サーナイトのサポート無しでは機能せず、初手に来てしまわないようお祓いをしたり祈りを捧げたりする必要が出てくるのも評価を下げます。ただ、どうしようもない性能のプロモとして認識されているカードなので刺さった時のインパクトは抜群でしょう。イラストが好みなのでファンデッキを組んで使ってみたいカードです。


グラエナex(ギフトボックスミュウルカリオver.)
pcggift2_guraeneex.jpg

超抵抗持ちの一進化の中では比較的大型のポケモン。逃げるコストもなく、サイクロンエネルギー効果の特殊能力も何かしら役立つタイミングはあるでしょう。これから組むフライゴンδexデッキが辛ければ対策として採用するかもしれません。


★動き
序盤はノコッチやケンタロスを壁に展開。中盤以降特殊能力を封じつつ殴ります。ワープエネルギーによる交代でアタッカーを切らさないようにして、特殊能力を封じられた相手を息切れに追い込みます。特殊能力を使わないデッキにはハッサムのスペックによるゴリ押し。ヒーリングダンスで回復したり反撃をもらわないようにサーナイトで止めを刺したりでハッサムを守り切ります。


★手持ちのルンパカルゴと4色化石デッキ相手に一人回しをした感想

VS 4色化石
オムスターδはこちらの攻撃を耐えてくるのに向こうはサーナイトを一撃で倒してくるので非常に厄介なポケモンです。そのため、オムスターδに唯一倒されないピジョットが戦うことがとても多かったです。
pcg7_omusutaadekta.jpg

対策としてハッサムを投入してからはサーナイト側が圧倒。最終的に化石側が対策としてミュウδを積むほどでした。

ミュウδ
promo_mugendelta.jpg

たねポケモンでありながらハッサムに対し2エネで致命傷を与えられ、3エネで確定で倒せるポケモン。プロモで集めにくいのが本当に最悪。開発はどうでもいい効果と思ってプロモにしたのでしょう。心からヘラクロスδと性能を入れ替えて欲しいと思っています。


VS ルンパカルゴ
封印と妖術がぶっ刺さりで楽勝。あまりにルンパカルゴが勝てないのでジュカインδexを積んでみましたが、1-0-1ラインで積んだため安定しませんでした。
妨害札を減らしてジュカインδexを厚くしてハッサム対策にルンパッパを入れれば優位に立てそうですが、他のデッキに対して辛くなりそうです。ルンパッパδとの兼ね合いも含めてどっきり!タイムマシーンの投入が良さそうな感じです。
メタカードを自由自在に積めるデッキなのでMTGや遊戯王のようなサイド入れ替えのあるマッチ戦であれば強かったでしょう。


★対策を考える
封印ピンポイントな対策としてトロピウスδとタイムマシーンが存在します。トロピウスδはポケパワーにより、タイムマシーンは退化進化をすることで封印マーカーを外せるのです。特にタイムマシーンはポケパワーを使いつつ進化後を使い分けるデッキであれば候補に上がるのではないでしょうか。

サーナイトは初動が遅くポケパワー依存のデッキです。速く、超で封結を無理なく入れられるデッキは刺さると思われます。
また、このデッキに勝ててもうちの環境には化石デッキという2番手が存在するのでそれにもある程度勝てなくてはなりません。


悪いヤドキング+PCG4ヤドキングはこれに完全に当てはまります。
初動の遅いこのデッキに対して2ターン目に動け、サーナイトを1撃で倒すことができ、通常ヤドキングのサーチ能力により封結を安定して握れるためかなり有利に試合を運べそうです。サーナイト側ははハッサムがどこまで頑張れるかにかかっています。
化石に対しては2キル狙いができるのでヤドキング側が有利と思われます。この狭い環境にかなり刺さっている印象です。


フライゴンδexは耐久打点ともに刺さっていますが、ハッサムが重そうです。
「ねんどうは」とのコンボ目的でサンダースexを入れることになるのでついでにハッサムを焼けるブースターや展開を妨害できるブラッキーを入れると良いかもしれません。重いデッキですが、ブイズのおかげで何かと対応力は高そうです。ただ、ポケモンexメインかつポケパワー多用デッキのため化石が辛そうです。


ポケパワー依存で超弱点ならサーナイトが刺さるじゃん!というわけでサーナイトミラーですが、何も考えないで戦うとサーナイトδが最強のポケモンと化すゲームになります。
いかに相手のサーナイトδを消費させられるかにかかっているので、控えの数による打点調整と封印サーナイトを使うタイミング、ワープエネルギーの数、気絶のエネ消費を計算した熾烈な戦いになるでしょう。状況を打開しやすいリバースを積んでいる側がかなり有利に動けるはずです。

また、マイナー極まりないカードですが、ミラー対決に限ってはアイリーンのマネネが刺さってしまいそうです。
pcg_airiinnomanene.jpg

妖術サーナイトを立てずとも「まねる」で相手のサーナイトを倒せるのでアタッカー育成に余裕を持てるかもしれません。サーナイトδが足りないのでミラーマッチをやったことすらないですけど!
関西旧裏オフでneo2のドーブルにときめいて以来この手のワザを見ると何に使えるか考えてしまいます。


充実したwikiが存在せず、過去の情報を投げ捨てる公式でお馴染みのポケカなので、どうしても手探りになってしまいましたが、それなりに練り込めたと思っています。
愚痴っぽくなってしまったので切り上げます。
それでは!
スポンサーサイト
[ 2014年02月26日 01:25 ] カテゴリ:デッキ(ADV・PCG) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。