ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードとか色々。

ひかるポケモンのキレイな画像の作り方 

ひかるポケモンのキレイな画像の作り方

ポケモンカード屈指の鬼畜封入率を誇るひかるポケモン。
その封入率は数箱に1枚と噂されていました。
旧裏は集めているけどミュウ以外のひかるポケモンは持っていないという方も少なくないかと思います。

旧裏のイラストを知るには各弾のハンディガイドやオフィシャルブックがありますが、それを持っていないと海外の大手ポケモン情報サイトのスキャン画像を頼る事になるでしょう。
しかし、neo4のひかるポケモンはその特殊な加工により、スキャンしたイラストが潰れてしまっています。
neo4のひかるポケモンに限っては現物を手に入れない限り、本来のイラストを拝むことができない状況にあるでしょう。

そんなneo4のひかるポケモンのキレイな画像を作る方法を考えたので紹介します。

その方法を試す前に、確認のため普通にスキャンしてみましょう。

are.jpg


うーん。あれですね。あれだとわかりませんね。
MOTHERシリーズに登場する「あれ」を思い出しますね。
IMG_3833.jpg
完全に脇道ですが、Dr.オーヤマこと大山功一氏はMOTHER2のアートディレクターなんですよ。

ストレートに言いましょう。


汚い!!


ポケモンの部分が輝く特殊な加工のせいでうまくスキャンできません。


neo4のひかるポケモンの加工について知っておきましょう。ひかるポケモンの加工はポケモンの部分が鏡のようになっています。光を直接当てると跳ね返しますし、目の前に何かあると、それを映し込みます。

IMG_3835.jpg

鏡のようになっているとはいえ、写真では中々キレイに撮ることができます。
特殊な加工によってスキャンができないneo4のひかるポケモンは、この写真を使ってスキャン風の画像を作るしかないのです。

先ほど見たように、neo4のひかるポケモンは鏡のようになっているため、普通に写真を撮ると他の色が映りこんでしまいます。それを防ぐためにカメラとカードの間に白い紙を置いて他の色が映りこまないようにする必要があります。


それを踏まえて写真を撮ってみました。ちょっとうまくいってませんが。

hikarupokemonshashin.jpg

そう!これがひかるカブトプスの真の姿なのです!
ちっとも緑色じゃない……

その写真のイラスト部分を切り取り、色調を整えて、ちょっと加工※を加え、
※片方の鎌の部分に余計な色が写り込んでしまったので消すために別の写真から鎌を拝借。サイズ色調を調整して貼り付けています。



そして、スキャンしたカード枠と合成すると……



hikarukabutopusu.png

こうなるのです。

原始的なやり方なのでどうしても完璧にはなりません。
このカブトプスはスキャンした枠がわずかに斜めになっているせいでイラストの上下2~3ピクセルずつがカード枠に潰されています。

この方法を使うと、光に当てた時のキラキラ感は伝わりませんが、スキャン画像よりもはるかにイラストがハッキリと見えるようになります。
neo4のひかるポケモン以外にもBWのウルトラレアのキレイな画像を作るのに使えそうです。
それでは!
スポンサーサイト

お知らせ


その1:10/28(土)に旧裏対戦交流会を開きます!
秋葉原でゆるーくフリー対戦をします!貸出デッキあります。
詳しくはこちら

その2:11/11(土)には関東旧裏オフを開きます!
メインイベントはスイスドロー形式の大会!もちろん貸出デッキもあります。
詳しくはこちら

Comment

Name - ソラ  

Title - 

こういう特殊加工のカードって、スキャンするとどうしても画像が乱れてしまうのが難点ですよね(^^;
しかし、写真を撮ってハメコミ合成とは、思いつきませんでした!これは確かにかなりキレイですね!!


私はこういう反射のきついカードをスキャンする時は、スキャン面に市販の半透明ビニール袋を切り取ったシートを挟んで、反射を低減させてスキャンしたりしています。
仕上がり具合はこちらで紹介されている方法よりはやや劣るものの、シートを重ねれば反射具合の調整もでき、作業自体が簡単なのが便利です。(下記にスキャン例をUPしてみたので、良ければ参考にしてみてください)
http://yahoo.jp/box/xo4tKM
2014.02.26 Wed 00:22
Edit | Reply |  

Name - 708  

Title - Re: タイトルなし

>ソラさん
オリジナルグッズの作り方だけでなくスキャン方法まで研究されてるとは流石ですw
なるほど!シートで反射を減らせばキレイにスキャンできるんですね。色合いをいじれば色の薄さもなんとかなりそうですね。
写真をはめ込む方法は確かにキレイなのですが、写真を撮るのにカードイラストとカメラのレンズの高さを揃えるためのセットと映り込むのを防ぐ白い紙の配置が必要で、うまく撮れないと他の写真から合成する必要が出てくるので、かなり時間がかかります。何度も使えるセットを作れればいいんですけどね。ちなみにこのひかるカブトプスの画像は作るのに1時間ほどかかりました。
貴重な情報ありがとうございました!BWのウルトラレアのキレイな画像も作ってみようと思っているのでその時に試してみようと思います。
2014.02.26 Wed 20:38
Edit | Reply |  

Add your comment