FC2ブログ

【ポケカ旧裏】ルール・裁定まとめ その2 

旧裏を遊ぶ上でふわっとしている部分をまとめました。
その2は主に個別カードのQ&Aです。


現行の詳細ルールで重要そうなもの


基本的なルールなので確認しておきましょう。

・空打ちについて
トレーナーと特殊能力は使った場合に何も起こらないことがわかっている場合には使えません。
たとえば、山札にカードが1枚もない場合は「マサキ」や「パソコン通信」を使うことはできません。
トラッシュに炎エネルギーが1枚もないときは「ファイヤーリチャージ」を使うことはできません。

結果が不確定かつ、結果次第では効果がある場合は使うことができます。
たとえば、「カツラのクイズ その2」。自分の山札が1枚もない状況でも相手の山札があれば使用可能です。
一方で「モンスターボール」は自分の山札が0枚のときはつかうことができません。コインの結果に関係なく何も起こらないことがわかっているためです。

参考:上級プレイヤー用ルールガイド

A-02 特性
◆ 宣言で使う特性の手順
1. 特性の宣言自分の場のポケモンが持つ特性の中から、使う特性を決めて相手プレイヤーに伝えます。カードの説明文に使うための条件があるなら、それに従います。

例)特性「ふわふわまくら」(メリープ SM8 033/095) このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。相手のバトルポケモンを【ねむり】にする。

その条件に従えない場合は、その特性を宣言できません。また2.まで行った結果で状況の変化が何も起きないことがわかっている場合も、その特性は宣言できません。
2. 書かれている説明文の実行特性に書かれている説明文に従います。特性の説明文に書かれてあることは、その順に合わせてすべて行います。ただし特別な指示や処理がある場合は、それに従います。


B-01 グッズ
◆ グッズを使う手順
1. 使いたいグッズの説明文に使うための条件があるなら、それに従います。従えない場合、そのグッズは使えません。また3.まで行った結果で状況の変化が何も起きないことがわかっている場合も、そのグッズは使えません。
2. 使いたいグッズを手札から出して、相手プレイヤーに見えるようにします。
3. グッズの説明文に従います。特別な指示がない限り、グッズの説明文に書いてある順にすべて行います。
4. 使い終わったグッズをトラッシュします。


B-02 サポート
◆ サポートを使う手順
1. 使いたいサポートの説明文に使うための条件があるなら、それに従います。従えない場合、そのサポートは使えません。また3.まで行った結果で状況の変化が何も起きないことがわかっている場合も、そのサポートは使えません。
2. 使いたいサポートを手札から出して、相手プレイヤーに見えるようにします。
3. サポートの説明文に従います。説明文に書いてあることは、特別な指示や処理がない限り、書かれている順にすべて行います。
4. 使い終わったサポートをトラッシュします。


B-03 スタジアム
◆ 宣言で使うスタジアムの効果の手順
1. 使いたいスタジアムの効果の説明文に使うための条件があるなら、それに従います。従えない場合、そのスタジアムは使えません。また3.まで行った結果で状況の変化が何も起きないことがわかっている場合も、そのスタジアムの効果は使えません。

2. スタジアムの効果を使うことを、相手プレイヤーに伝えます。
3. スタジアムの説明文に従います。説明文に書いてあることは、特別な指示や処理がない限り、書かれている順にすべて行います




・山札を見たとき
山札からカードを探すとき、該当するカードがあったとしてもそのカードを選ばないことができます。
たとえば、「タケシの育て方」を使ったとき、山札にタケシのポケモンがある場合でもて手札に加えないことを選べます。
ただし、「パソコン通信」や「ロケット団の実験」のように「好きなカード」を探す場合は必ずカードを選ぶ必要があります。

参考:上級プレイヤー用ルールガイド

H 山札
◆ 山札からカードを選ぶことを指示された場合、山札のカードのオモテを確認しながら指定された枚数のカードを選びます。確認中のカードのオモテは、相手プレイヤーに見せません。複数枚のカードを選ぶ場合は、指定された数より少ない枚数でも選べます。また1枚も選ばないこともでき、その場合はカードを選ぶ行為を終了します。ただし好きなカードを選ぶように指示された場合は、必ず指定された枚数を選ばなければいけません。



・「~まで」
たとえば、「2枚まで選び」と書かれている場合、1枚も選ばないことはできません。
参考:上級プレイヤー用ルールガイド

D-05 ~を●●まで
◆ 指定されているものを、1からその数の範囲内で任意に選べることです。
XYシリーズ以前の「まで選び」という説明文も同様になります。
◆ トレーナーズや特性の効果で、指定されたものが1枚もなく選べないことによって状況の変化が何も起きないことがわかっている場合は、そのトレーナーズや特性を使えません。



・●●する。その後、▲▲する。
●●を実行できた場合にのみ、▲▲を行います。
たとえば、「クルミ」を使った場合、山札からカードを引くことができなければ、カードを戻す効果は発生しません。

※クルミのテキスト

山札からカードを2枚引いて、手札に加える。その後、手札からカードを2枚選び、山札にもどして、よく切る。


参考:上級プレイヤー用ルールガイド

E-19 ●●する。その後、▲▲する。
◆ 前文に従ったなら、後文に書かれていることも行うということです。
◆ 前文に書かれていることに1つでも従うことができたなら、「その後」に続く内容を行います。前文に書かれていることに従えなければ、「その後」に続く内容は行いません。





わかりにくいものについて個別解説


・リザードン「エナジーバーン」

この力は、自分の番の中で何度でも使える。このカードについているすべてのエネルギーは「炎」エネルギーになり、自分の番の終わりにもとにもどる。このカードが「ねむり・マヒ・こんらん」状態のとき、この力は使えない。

(オフィシャルブック2000掲載の最新テキスト)
自身についているエネルギーの色を炎タイプに変更する宣言して使うタイプの特殊能力です。
「エナジーバーン」で色を変えるとその番の間、元の色は失われます。「レインボーエネルギー」も炎エネルギーになります。
草エネルギーを炎エネルギーに変えた場合は「エナジートランス」で移動できなくなります。
元の色は失われますが、特殊エネの持っている効果は残るため「悪エネルギー」や「鋼エネルギー」のダメージ増減効果や「リサイクルエネルギー」のトラッシュから手札に戻る効果は働きます。


・マルマイン「エネエネ」
第一弾のテキストが曖昧なので詳しく説明します。
「草、炎、水、雷、超、闘、悪、鋼」のうちから1つ選び、マルマインをきぜつさせ、マルマインのカードだけをトラッシュから取り出し、指定した色2個分の特殊エネルギー(=基本でないエネルギー)として自分の場のポケモンに付けます。
エネルギー化しているマルマインはポケモンとは扱いません。(オフィシャルブック p137)


・カイリキー「はんげき」

このカードが相手のワザによってダメージを受けたとき、(それによってこのかーどが「きぜつ」しても、)ダメージを与えたポケモンに、「弱点・抵抗力」に関係なく、10ダメージ。ダメージを受けるとき、すでにこのカードが「ねむり・マヒ・こんらん」状態だったなら、この力は、はたらかない。

(オフィシャルブック2000掲載の最新テキスト)
相手のポケモンのワザによるダメージを受けたとき自動的に働く能力です。
相手の特殊能力によるダメージや味方の「じしん」に対して「はんげき」を使うことはできません。
この能力はカイリキーがベンチにいても働きます。


・ポケモン交換おじさん
手札のポケモンのカードと山札のポケモンのカードを交換するトレーナー。
現行の「ポケモン通信」とほぼ同じ効果です。唯一異なるのが、「山札からポケモンを手札に加えない」ことを選べない点。
使った場合は必ずポケモンのカードを手札に加えなくてはなりません。(オフィシャルブック p259)

また、山札が0枚のときでも使うことができます。上記のルールのせいで山札を増やすことはできませんが一応使うことはできます。
参考:ミズキの検索(DP2など)

Q.山札が0枚のとき、「ミズキの検索」を使うことはできますか?
A.はい、山札が0枚でも使えます。




・オーキドはかせ
山札にカードが1枚もない場合は使うことができません。
参考:https://20100201wood.diarynote.jp/201510072121145005/


・退化スプレー
「退化スプレー HYPER」と異なり、「この番進化させることができない」との記述がありませんが、「退化スプレー HYPER」同様、退化させたポケモンをすぐ進化させることはできません。
退化したポケモンは退化した番にすぐ進化できないというルールがあるためです。


・ピクシーなど「ゆびをふる」
「ゆびをふる」は相手にかける効果ではありません。
よって、「エフェクトガード」や「こうそくいどう」を使うことで不発にすることはできません。
参考:ゾロアークの(BW1)

相手のシママがワザ「こうそくいどう」を使い、コインを投げてオモテが出た次の自分の番、自分のゾロアークのワザ「イカサマ」で、ワザ「こうそくいどう」をえらぶことはできますか?
はい、えらぶことができます。




・ゴースト「とうめい」
「とうめい」は自分のポケモンからの効果にも発動します。
「テレポートブラスト」で入れ替える対象に指定した場合も発動してしまうため、コインを投げて表ならばわるいフーディンは入れ替えられません。
「エナジーボム」や「エナジーサポート」でエネルギーをつけるとき、成功してしまうと効果を受けなくなるためつけるはずのエネルギーはトラッシュされてしまいます。
ブビィの「モクモク」もコイン判定次第では回避できるはずです。
「おいうち」はにげるときにも「とうめい」が発動します。


・わるいマタドガス「みんなでばくはつ」
このワザのベンチポケモンへのダメージは弱点・抵抗力の影響を受けます。
「ハイパーテクスチャー」などで色を変えられたときには注意。


・わるいギャロップ「ひばしら」
相手のベンチが0匹の時にエネをトラッシュしてベンチポケモンにダメージを与える効果を使うことができます。
参考となる裁定:デンリュウ(DP3)

Q.相手のベンチポケモンが1匹もいないときに、デンリュウのワザ「クラスターボルト」を使って、雷エネルギーをすべてトラッシュすることはできますか?
A.はい、トラッシュできます。



・コイキング「たきのぼりしんか」
ピクシーの「ゆびをふる」やメタモンの「へんしん」によってこれらのワザを使うことはできません。
それらのワザの効果は、「このポケモンを進化させる」ではなく、「この(特定のポケモン名)を進化させる」と書かれているためです。
この場合、ワザが失敗するので山札を見ることはできません。
※コイキングはオフィシャルブック2000でテキストが変更されています、

「コイキング」から進化するカードを自分の山札から1枚選び出し、このコイキングの上にのせ、進化させる。その後、山札をよく切る。

※このテキストでは「その後」以降に山札を切る処理をしていますが、類似する効果を踏まえると進化することを選ばなかった場合でも切るものと思われます。

参考:ケーシィ(DP2)

超無 ちょうしんか
自分の山札の「フーディン」を1枚、この「ケーシィ」の上にのせ、進化させる。その後、山札を切る。

Q.ミュウexのポケボディー「オールマイティー」で、ベンチのケーシィのワザ「ちょうしんか」を使いました。この場合、ベンチのケーシィをフーディンに進化させることはできますか?
A.いいえ、進化できません。
ケーシィ以外がワザ「ちょうしんか」を使った場合、ワザは失敗します。




・わるいスリーパー「ベンチをあやつる」
テキストからは一切読み取れませんが、「ベンチをあやつる」は相手のベンチポケモンに対する効果です(オフィシャルブック p120)
相手のバトル場にフリーザー(拡張シート)がバトル場にいればコインを1回も投げさせることなく終わりますし、相手のベンチに「エフェクトガード」の付いているポケモンやわるいスリーパーから効果を受けないミュウ(プロモ・Lv.8)がいれば、その分投げられるコインは少なくなります。
ベンチポケモンに対する効果なので「マチスの秘策」で裏にしたカードは表になります。


・わるいゴーリキー「ひきずりだす」
「エフェクトガード」や「オーロラヴェール」によって効果を防がれた場合はダメージを与えることはできません。(オフィシャルブック p120)
バトル場に出せた場合にだけ20ダメージを与えます。


・夜の廃品回収
「夜の廃品回収」は対象となるカードが3枚以上存在するとき必ず3枚選ぶ必要があります。
旧裏のカードに書かれている「最大3枚選び」は「3枚選び」と全く同じ意味です。(なので、GB2ではカードと異なる処理をしているといえます。)
トラッシュに戻せるカードが1枚や2枚しかないときでも時でも使えるという意味で「最大」を使っていると思われます。
「最大○枚まで」と書いてある場合は「○枚まで」の表記と同じように1~○枚選ぶことができます。


・レインボーエネルギー
場にあるかぎりすべての色(無色を除く)として働くエネルギーです。悪や鋼としても扱われます。
山札、手札、トラッシュでは色を持たない(=無色)エネルギーとして扱います。
なのでトラッシュから無色以外のエネを手札に戻す「エコロジム」では手札に戻せません。


・マタドガス「ポイズンミスト」
「ポイズンミスト」は場にかかる効果なので「ポケモン回収」等で場を離れてもそのまま残ります。
ただし、マタドガスが特殊状態になると場にかかる効果も消えてしまいます。


・タケシのキュウコン「ばける」
「ばける」によってのせた進化カードの特殊能力は使うことはできません。(トレーナーズ vol.6)
また、タケシのキュウコンはタケシのキュウコンに「ばける」ことはできません。(オフィシャルブック p69)


・ヒトデマン「なぞのこうせん」
ブビィの「モクモク」と同じように場にかかる効果ではなくポケモンにかかる効果と思われます。
よって、「マチスの秘策」で裏にしたカードは表になるはずです。


・ポケモンタワー
テキストには一切書かれていませんが、リサイクルエネルギーのトラッシュから手札に戻る効果も防ぐことができます。
当時出された裁定があるためです。


・フラッシュ
当時の裁定は見つかりませんでしたが、物理的にも表側が上になっているカードは公開情報にしたほうが良さそうです。
なので、お互いのプレイヤーはそれぞれ相手の山札の上5枚を見ることが可能です。
「リサイクル」やカイリュー(プロモ)の「トランスポート」等で裏側のカードが乗った場合も表側が上になっているカードは確認できます。
間違って裏側のカードを見てしまわないよう気をつけて確認してください。


・サカキのニドキング「すごむ」

草 すごむ
このワザを受けた相手が「最大HPが50以下」のポケモンなら、そのポケモンは、次の相手の番、このカードがバトル場にいる限り、ワザを使えない。

「~なら」までが条件、それ以降が効果。
相手の最大HPに関わらず、最大HP50以下の状態であればワザを使えなくさせる効果を付与するものではありません。
なので、「すごむ」を受けた最大HP50のナツメのゴースが、次の番に超エネを追加してHP60にしてもワザを使えるようにはなりません。


・カスミのヒトデマン「スターブーメラン」、ナツメのゴース「ぱっときえる」など
これらのワザで相手をきぜつさせた場合、ワザを使い手札に戻った側が先にベンチポケモンをバトル場に出します。
ワザの効果処理のタイミングで手札に戻り、ベンチポケモンを出すことになるためです。
参考:カゲボウズ(Pt1)

おたがいのベンチにポケモンがいるとき、自分のカゲボウズのワザ「ぱっときえる」を使って、相手のバトルポケモンをきぜつさせました。この場合、どちらのプレイヤーが先に次のバトルポケモンを出しますか?
カゲボウズ側のプレイヤーから次のバトルポケモンを出します。
処理の順番は、ワザの効果がすべて終わったあと、きぜつ処理となります。
そのため、カゲボウズのワザ「ぱっときえる」のダメージで相手の残りHPがなくなった場合でも、カゲボウズを手札にもどして、すぐに次のバトルポケモンを出した後、きぜつ処理をおこないます。




・タケシのサイドン「ベンチガード」

この力は、このカードがベンチにいて、自分の控えポケモンがダメージを受けるたびに、1回使える。そのダメージのうちの10ダメージを、このカードがかわりに受ける。(2匹以上がダメージを受けた時は、それぞれのダメージに対して1回ずつ使える)

「ベンチガード」で肩代わりしたダメージはワザによるものなのか特殊能力によるものなのか。
直感的にはワザによるものに見えますが、それを裏付ける情報は見つかりませんでした。
ローカルルールになりますが、「ベンチガード」によるダメージはワザによるものにしようと思います。
「ディフェンダー」や「鋼エネルギー」で軽減できる方が面白いです。


・エリカのピッピ「つきのちから」
「つきのちから」は山札を見てから進化させるポケモンを選べます。
参考:ワザマシンTS-1

Q.ワザマシン「ワザマシンTS-1」のワザ「エヴォリューター」を使ったとき、山札を見る前に、進化させるポケモンを選ぶのですか?
A.山札を見てから選ぶことができます。




・エリカのハクリュー「つれさる」
先にバトル場にポケモンを出すのは自分からです。
参考:フワライド(L2)

無無無 つれさる
おたがいのバトルポケモンと、ついているすべてのカードを、それぞれの山札にもどし、山札を切る。[バトル場に次のポケモンを出すのは自分から。]




・タケシの保護
ワザとトレーナーのエネトラッシュ効果を防ぐトレーナーカードです。
よって特殊能力であるキョウのベトベトンの「だつりょくえき」は防げません。
オフィシャルブックにもテキストの変更はありませんでした。


・思い出させる
ワザを使うときに使うタイプのカードでもポケモンに付けるタイプのカードでもありません。
使ったらその番の間、進化ポケモンでワザを使う場合に進化前のワザも選べるようになります。
使ったタイミングで場にいたかどうかは一切関係ないので「思い出させる」を使ったあとに進化したポケモンでも進化前のワザを使うことができます。


・カツラ
エネルギーを付けるタイミングで使うカードではありません。
「カツラ」を使った後、「エネルギー回収」でトラッシュのエネルギーを拾ってから付けることもできます。


・ラプラス(サザンアイランド)「やさしいうた」
ダメージカウンターを取り除けない場合は眠りにできません。
「~する。その後、~する。」ルールがあるためです。


・クルミ
「~する。その後、~する。」ルールがあるため山札が0枚のときには使うことができません。
山札を増やしたいときは残り1枚で使いましょう。


・ポケモンぎゃくしめい
相手にベンチポケモンがいない場合でも使うことができ、その場合は自分の場のポケモンを入れ替えさせる効果だけ発生します。(neo1ハンディガイド p123)
「~する。その後、~する。」ルールがあるため、相手の場の入れ替えができなければ何も起こらずカードの使用自体ができないはずですがこれは例外。


・トランセル「からやぶりしんか」
「~する。その後、~する。」ルールを考えるとダメカンが乗っていない状況では進化できないように見えますが、このワザはダメカンが乗っていない場合でも進化可能です。
ポイントは「すべて」という言葉。
「すべて」の場合、取り除けなくても従ったことになるため、「その後」以降の処理を行うことができるのです。

D-03 すべて
◆ 指定されているものを残らず選ぶことです。
◆ 指定されているものが1枚もない場合は何も行いません。その場合でも、「すべて」に従ったことになります。


※現行のカードによる文例は省略しています。


・ブラッキー(PF2)など「おいうち」
にげるときに発生するダメージもワザによるダメージなので悪エネの効果を受けます。(トレーナーズ vol.5 p60)
ブラッキー自体はバトル場にいる必要性はないため「突風」等でブラッキーがベンチへ戻されても有効です。
また、「悪エネルギー」もバトル場でワザを使うときでなくてもワザであればダメージが追加されるため、ベンチにいても「おいうち」のダメージを増加させることができます。
にげるときに発生するダメージもワザによるダメージなのでブラッキーは「はんげき」によるダメージを受けます。
ワザのダメージかつにげるときにバトル場でダメージを受けるため、「学習装置」なども発動します。


・エナジーコンバーター
この能力で無色を選ぶことはできませんが、悪・鋼を選ぶことは可能です。
エナジーコンバーターで悪(鋼)に色を変えた場合、基本悪(鋼)エネルギーになるので、特殊エネルギーとしての効果(ダメージ増加効果など)は反映されません。
「エナジーバーン」同様、色を変えるとその番の間、元の色は失われます。


・ポケモン育て屋夫婦
「カモネギ」や「ニドキング」などこれ以上進化しないポケモンに対しても使うことは可能。


・にせオーキドの発明
サイドを入れ替えない場合は好きな位置に戻すことができます。
サイドカードを裏にして戻すときは好きな場所に戻すことができるルールがあるためです。


・古代ミュウ
古代ミュウのカード名は「ミュウ」です。
他のミュウと合わせて4枚までしかいれることができません。
参考:ミュウ

Q.古代ミュウのカード名は何ですか?
A.「ミュウ」です。そのため、他のミュウと合わせて合計4枚までしかデッキに入れることはできません。



・ピッピ人形・なにかの化石の色
色を持たないカードなので無色として扱います。
「マダツボミのとう」やアンノーンNの「NORMAL df」の影響を受けます。


・まきちらせ!ベトベトガス、ナツメのゲンガー「やみのはどう」、ブビィ(neo1)「モクモク」
これらの効果は場全体ではなく、個別のポケモンにかかる効果です。
進化・退化させた場合は効果が消えて特殊能力を使えるようになります。


・ドンファン(neo1)など「こうそくスピン」、モルフォン(拡張シート)「たつまきおこし」
相手のベンチポケモンがいない場合でも自分をベンチに戻す効果は発生します。(neo2ハンディガイド)。
「~する。その後、~する。」ルールがあるため、相手の入れ替えができない場合は入れ替えが起こらないはずですがこれは例外。
「たつまきおこし」に関して相手のベンチがいない場合の具体的な記述はないもののテキストが同じなので同様の効果とします。


・ピィ「ピピピ」、ウツギはかせ
「すべて山札に戻し」と書かれているので効果使用時に手札がない状況でも使えます。
その場合は、山札を切り、7枚引いて手札にします。
山札を切らずに引くことはできません。(neo1ハンディガイド p89)


・弱点・抵抗力の影響を受ける特殊能力
特殊能力によるダメージも特に記述がない場合はワザと同じように弱点・抵抗力の影響を受けます。
わるいギャラドス「ファイナルビーム」
マチスのマルマイン「ショックボム」
R団のカビゴン「わるいねぞう」
エレキッド「わんぱくパンチ」
バトル場にいるポケモンではなく、その特殊能力を使ったポケモンの色でダメージを与えます。
なので、相手のバトル場に草弱点雷抵抗のポケモン、自分のバトル場に草ポケモン、ベンチにエレキッド(neo1)がいる状況で「わんぱくパンチ」を使っても、相手のバトルポケモンにダメージを与えることはできません。


・かならずはたらく/はたらく
自動的に働くタイプの特殊能力に見られる表記です。前者はライコウ(neo3)、後者はマグカルゴ(neo3)に書かれています。
「かならず」と書かれていようがいまいが条件を満たすと自動的に働くため、この2つに特に違いはありません。


・お互いに同じ動作を行う効果の順番(「ポケモンマーチ」など)
当時の裁定がないのでなんとも言えないところがありますが、お互いに同じ動作を行う効果の順番は、BW以降は「相手から」、Legend以前は「自分から」と注釈に書かれています。
※カード検索結果
 相手から
 自分から
※ワープポイントは、VS以降、相手→自分の順番で入れ替えを行う効果のカードになっているため注釈分がありません。
※「エリカ」はBW以降のカードですが、旧裏からの再録であるため例外的に自分から先にドローを行います。
また、カードe~PCGのカードもお互いに同じ動作を行う効果で注釈のあるものはすべて「自分から」でした。
よって旧裏も特に記載のないものは「自分から」で良いと思います。

※カードe~PCGのカードでお互いに同じ行動を取るもの(抜けがあるかもしれません)
・注釈に「自分から」記載あり
 砂漠のシャーマン
 ロケット団の幹部
 巨大な切り株
 エネコロロex「リミテーション」

・注釈に「相手から」記載あり
 なし

・注釈なし
 ポケモンセンター トウキョー
 マグカルゴ「マントルストリーム」



Q&A


・「特殊能力」は使えず、その力も消える
Q.ベトベトン(化石)とコラッタ(ロケット団)が相手の場にいます。ピチュー(neo1)の「パチパチ」を使った場合、コラッタは「パチパチ」のダメージを受けますか?
ベトベトンの「かがくへんかガス」により「特殊能力」は使えず、"その力も消えている"状態です。
A.コラッタもパチパチのダメージを受けます。
「『特殊能力』は使えず、その力も消える」とは、宣言して使うタイプの能力も自動的に働くタイプの能力も使えません、という意味です。
持っていない扱い(ピチューの「パチパチ」を受けない状態)になるわけではありません。


・ピクシー「ゆびをふる」+リザードン(第一弾)など「ほのおのうず」
Q.ピクシーに1枚だけエネルギーが付いているときに「ゆびをふる」で「ほのおのうず」を使った場合、どうなりますか?
A.エネルギーを2枚トラッシュできないためエネトラッシュは発生せず、「ゆびをふる」の与えるダメージはなくなります。
1枚だけトラッシュするというわけではありません。


・ピクシー「ゆびをふる」+サンダー(第一弾)など「10まんボルト」
Q.ピクシーに1枚だけエネルギーが付いているときに「ゆびをふる」で「10まんボルト」を使った場合、どうなりますか?
「ゆびをふる」で「10まんボルト」をコピーしてダメージを与えることができます。エネルギーは全てトラッシュします。
「10まんボルト」は特定の色・枚数のエネルギーをトラッシュできない時ダメージがなくなるタイプのワザではないからです。


・ピクシー「ゆびをふる」+わるいサナギラス「ばくれつしんか」
Q.ピクシーの「ゆびをふる」でわるいサナギラスの「ばくれつしんか」を使った場合、どうなりますか?
A.相手の場のポケモン全員に10ダメージを与えて終わります。
進化させる効果は進化元を「このわるいサナギラスに限定しているため使うことができません。
トランセル「からやぶりしんか」も同様に回復効果だけ使って終わります。


・サカキのカイリキー「こんじょう」+「きあいのハチマキ」
Q.「きあいのハチマキ」が付いたサカキのカイリキーがワザによるダメージで倒されました。この場合、「こんじょう」と「きあいのハチマキ」どちらの判定を先に行いますか?
A.「こんじょう」の前に「きあいのハチマキ」判定を行います。
「きあいのハチマキ」の発動タイミングはHPがなくなったときに対し、「こんじょう」の発動タイミングは気絶したときです。
HPがなくなった後、気絶処理を行うため「こんじょう」よりも「きあいのハチマキ」が優先されるのです。


・セレビィ(neo3)「ときわたり」+「きあいのハチマキ」
Q.「きあいのハチマキ」が付いたセレビィ(neo3)がワザによるダメージで倒されました。この場合、「ときわたり」と「きあいのハチマキ」どちらの判定を先に行いますか?
A.セレビィの持ち主が「ときわたり」と「きあいのハチマキ」の好きな方から選んで使うことができます。
「ときわたり」と「きあいのハチマキ」の発動タイミングはどちらもHPがなくなったときであり同じです。
同時に起こることがらは持ち主が好きな順番で処理できるのでプレイヤーが選ぶことができるためです。


・ライコウ(neo3)「いなびかり」+レインボーエネルギー
Q.レインボーエネルギーをライコウ(neo3)に付けたときに「いなびかり」を使うことはできますか?
A.「レインボーエネルギー」を付けた場合にも「いなびかり」は働きます。(トレーナーズ vol.10)


・R団のファイヤー「ふしちょう」+ベトベトン「かがくへんかガス」
Q.ベトベトン(化石)が場にいる状態でR団のファイヤーが気絶してトラッシュされました。このとき、R団のファイヤーの特殊能力「ふしちょう」で手札に戻すことはできますか?
A.できません。「ふしちょう」はトラッシュに行ったときに働く能力ではなく、きぜつしたとき(=まだ場にいるとき)に働く能力なので「かがくへんかガス」で封じられてしまいます。


・ムウマ(neo3)「やみのひとみ」「ほろびのうた」+「突風」など
Q.前の自分の番「やみのひとみ」を使いました。その次の相手の番に「やみのひとみ」を受けたポケモンを「ポケモンいれかえ」でベンチに戻しました。この番、「突風」でそのポケモンを呼び出し「ねむれ!ねむれ!」で眠り状態にしました。この場合、「ほろびのうた」で相手を気絶させることはできますか?
A.できません。
「やみのひとみ」はベンチに戻った場合、その効果が切れるためです。(neo3ハンディガイド p63)
現行であればワザを受けた事実はベンチに戻っても残り続けるのですが、このムウマは異なります。
テキストには書かれていない持続する効果を与えていると解釈することもできますが、ややこしくなるのでハンディガイドによる特殊裁定にしたほうが良いと思います。

参考:チルタリス(Pt1)

前の自分の番に、チルタリスのワザ「くろいひとみ」を受けた相手のポケモンが、トレーナー「ワープポイント」で、ベンチにもどりました。次の自分の番にパルキアLV.Xのポケパワー「リコンストラクション」を使い、ベンチにもどった相手のポケモンをふたたびバトル場に出し、自分のベンチから、別のチルタリスをバトル場に出しました。その後、プクリンのポケパワー「おやすみメロディー」で相手のバトルポケモンをねむりにし、別のチルタリスがワザ「ほろびのうた」を使った場合、その相手のポケモンをきぜつさせることはできますか?
はい、きぜつさせることができます.
チルタリスのワザ「くろいひとみ」を受けたという事実は、ベンチに戻っても変わらないため、別のチルタリスが、ワザ「ほろびのうた」を使った時に、相手のポケモンがねむりであれば、きぜつさせることができます。




・アンノーンE「ENGAGE」、アンノーンI「INCREASE」、アンノーンV「VANISH」+エリカの香水
Q.エリカの香水を使い、相手の手札のアンノーンEをベンチに出させました。このとき、相手プレイヤーはアンノーンEの「ENGAGE」を使うことはできますか?
A.当時の裁定はわかりませんが、現行に合わせてできないものにしたほうが良いと思います。
現行に合わせないと裁定を出すことが難しくなるためです。


・ケーシィ「いなくなる」+「思いださせる」
Q.「思い出させる」を使ってユンゲラーやフーディンで「いなくなる」を使った場合、進化カードごと山札に戻せますか?
A.ケーシィだけ山札に戻ります。
PMCG時代のテキストでは進化カードも「ついているカード」と表記されているため、進化カードも「ついているカード」であると考えられます。
該当するもの:ミュウ(化石)・ウツドン(拡張シート)・カブト(拡張シート)
ちなみに、オフィシャルブック(新テキストを与えられた第一弾のカードを含む)以降、進化カードは「のっている」という表記に変更されます。


・「ドわすれ」+「思い出させる」
Q.バトル場のペルシアン(ジャングル)が「ドわすれ」を受け、「かみつく」が使えなくなっています。この状態で、「思い出させる」を使い、進化前のニャース(イントロ)の持つ「かみつく」を使うことはできますか?
A.使えません。エネコストや効果が違っていてもワザ名が同じの場合は使うことができません。
参考:ゾロアークBREAK

Q.前の相手の番に、相手のナマズンがワザ「ドわすれ」を使い、自分のゾロアークBREAKが持つワザ「イカサマ」をえらびました。
次の自分の番、自分のバトル場のゾロアークBREAKは、ゾロアークBREAKが持つワザ「イカサマ」を使うことはできませんが、ゾロアークが持つワザ「イカサマ」を使うことはできますか?
A.いいえ、できません。



・キョウのコクーン「うか」
Q.キョウのスピアーが場、トラッシュに合計4枚ある場合、「うか」を使うことはできますか?
A.トレーナーと特殊能力は使っても何も起きないことがわかっている場合は使うことができません。
この場合もそれに該当します。
オムナイトの「おみとおし」が働いている場合は手札のキョウのスピアーも公開されているものとなります。
参考:ゴース(SM10)

特性 ふえるうらみ
このポケモンがきぜつしたとき、自分の山札にある「ゴースト」を2枚まで、ベンチに出す。そして山札を切る。

Q.自分の場にゴーストが4匹いるとき、特性「ふえるうらみ」を持つ自分のゴースがきぜつした場合、特性「ふえるうらみ」ははたらきますか?
A.いいえ、はたらきません。
この場合、特性「ふえるうらみ」ははたらかず、自分の山札を見ることもできません。




・キョウのズバット「むれでおそう」
Q.自分の場とトラッシュにキョウのズバットが合計4枚ある場合、「むれでおそう」を使い山札を見ることはできますか?
A.トレーナー・特殊能力と違い、ワザは空打ち不可のルールはないため使うことはできます。
ただし、効果がないことがわかっているため山札を見ることはできません。
参考:シママ(SM8a)

雷 おとどけダッシュ
自分の山札にある「エレキパワー」を2枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

Q.シママのワザ「おとどけダッシュ」を使ったとき、グッズ「エレキパワー」がトラッシュに4枚ある場合、山札を見ることはできますか?
A.いいえ、できません。




・相手の回答によって効果の変わるカード
Q.自分の山札が0枚の場合、相手の回答によって効果の変わるカード(「カスミのわがまま」、「マチスの交渉」)を使うことはできますか?
A.相手が意味のある効果を選ぶ可能性があるので使うことが可能です。
「たたきつけろ!挑戦状」は山札がない状態では何も起こらないことがわかっているので使うことはできません。


・錯乱ジム+トレーナーカードが使えなくなる効果
Q.「錯乱ジム」が場に出ている状態で、相手の番に「錯乱ジム」の効果で「ウツギはかせ」を使いました。
「ウツギはかせ」を使うと、次の相手の番の終わりまでトレーナーを使えなくなりますが、この場合はどうなりますか?
※「ウツギはかせ」のトレーナー制限テキスト

次の相手の番が終わるまで、あなたは手札から「トレーナーカード」を出して使うことができない。

A.次の相手の番までトレーナーが使えなくなるため、この相手の番と次の自分の番、さらに次の相手の番の終わりまで自分の手札からトレーナーを出して使うことができなくなります。
「錯乱ジム」の効果によって使えるトレーナーは相手が手札から出したものなので使うことができます。

Q.「錯乱ジム」が場に出ている状態で、相手の番に「錯乱ジム」の効果で「ロケット団の実験」を使い、コイン判定で裏が出ました。
「ロケット団の実験」のコイン判定で裏が出た場合、次の自分の番の終わりまでトレーナーが使えなくなりますが、この場合はどうなりますか?
※「ロケット団の実験」のトレーナー制限テキスト

「うら」なら、次のあなたの番が終わるまで、あなたはトレーナーカードを使えない。

A.次の自分の番の終わりまでトレーナーが使えなくなるため、この相手の番と次の自分の番の終わりまでトレーナーが使えなくなります。
「ウツギはかせ」と異なり、いかなるトレーナーも使えないので「錯乱ジム」の効果によって使えるトレーナーも使うことができません。


・ロケット団のアジト+せまいジム
Q.自分のベンチにポケモンが5匹いる状態で、場には「ロケット団のアジト」があります。「せまいジム」を出し、ベンチのわるいポケモンのHPがなくなりました。この場合、せまいジムの効果と、きぜつの処理のどちらを先に行いますか?
A.「せまいジム」の効果を先に処理します。
手札に戻すポケモンにHPのなくなったわるいポケモンを選んだ場合、きぜつすることなく手札に戻ります。
参考:トレーニングセンター+パラレルシティ

場にスタジアム「トレーニングセンター」が出ており、自分のベンチにポケモンが4匹以上いて、自分のベンチにダメカンが10個のったゾロアークがいます。
このとき、スタジアム「パラレルシティ」の上側に書かれている効果を自分側に向けて、手札から出した場合、ダメカンが10個のったゾロアークがきぜつするのと、スタジアム「パラレルシティ」の効果で、ベンチポケモンをトラッシュするのでは、どちらが先になりますか?
スタジアム「パラレルシティ」の効果でベンチポケモンを3匹になるまでトラッシュするのが、先になります。




・オニスズメ「オウムがえし」+ナツメのフーディン「サイコリンク」+ミュウ「たいかビーム」
Q.前の番、自分の場のオニドリルが、ナツメのフーディンの「サイコリンク」によって使ったミュウ(化石)の「たいかビーム」によって、オニスズメ(ジャングル)に退化させられました。この番、オニスズメの「オウムがえし」によってナツメのフーディンを退化させることはできますか?
A.できません。
進化・退化は別のポケモン扱いとなり、「前の番にワザを受けたということ」はリセットされるためです。
参考:ピジョットEX

前の相手の番、自分のMピジョットEXが、相手のゴルーグのワザ「たいかパンチ」を受けて、ピジョットEXに退化しました。
次の自分の番、ピジョットEXがワザ「オウムがえし」を使った場合、相手のバトルポケモンに60ダメージをあたえることができますか?
いいえ、できません。




・カツラのキュウコン「ほのおでかいふく」
Q.カツラのキュウコンの「ほのおでかいふく」は「エナジートランス」で「レインボーエネルギー」を付け替えたときにもダメカンを取り除くことができますか?
A.取り除くことができます。
ユンゲラー(拡張シート・HP70)「エナジーショック」、クロバット(neo3)「しこみどく」もこのケースと同様に「エナジートランス」でも反応します。
これらの能力・ワザは単に「つけるたび」、「ついたとき」としか書いておらず、手札からでなくても良いためです。


・キョウのメタモン「きょだいか」
Q.前の番、メタモン(拡張シート)の「すごいへんしん」でキョウのメタモンに変身し、「きょだいか」を成功させました。
この番、ピチュー(イントロneo)に再度変身し、「はたく」を使った場合、ダメージは30になりますか?
A.ダメージは10のままです。
キョウのメタモンの持つ「はたく」の効果により30ダメージになるため、他のポケモンの持つ「はたく」を使っても30ダメージにはなりません。
ちなみに、最大HPは「きょだいか」の効果が残っているので80のままとなります。


・「カツラのクイズ その1」+ナツメのスリーパー
Q.ナツメのスリーパーのスターター版には間違った身長(1.8m)が記載されていますが、「カツラのクイズ その1」を使う場合、どうなりますか?
A.その場合でも正しい身長(1.6m)として扱ってください。


・表記違いのワザの扱い(「つるのむち」と「つるのムチ」など)+メタモン「すごいへんしん」
Q.「すごいへんしん」でラッキー(neo4)に変身しているメタモン(拡張シート)が相手のワザ「ドわすれ」を受け、「おうふくびんた」を使えなくなりました。次の番、ピッピ(neo1)に変身し、「おうふくビンタ」を使うことはできますか?
A.音は同じですが、別の名前のワザなので使うことができます。

参考:ガブリアスC ※サポートへの問い合わせ

Q1.相手がマルノームのワザ「ドわすれ」を使い、自分のバトル場にいるガブリアスC[チャンピオン]のワザ「つめできりさく」をえらんだ次の自分の番、サポート「ニンジャごっこ」を使い、ガブリアスC[チャンピオン]と山札にあるネクロズマ たそがれのたてがみGXを入れ替えた場合、ワザ「ツメできりさく」を使うことはできますか。

A1.はい、できます。




・表記違いのワザの扱い(「つるのむち」と「つるのムチ」など)+メタモン「カツラのクイズその3」
Q.「カツラのクイズその3」を使い、手札のラッキー(neo4)の持つ「おうふくびんた」を宣言しました。このとき、相手に「おうふくビンタ」と異なるワザであることを伝える必要はありますか?
A.その必要はありません。
もし、説明が必要だった場合、フシギソウ(第一弾)の「つるのむち」やラッキー(neo4)の「おうふくびんた」といった表記違いのワザをすべて知っていなければ「カツラのクイズ その3」自体を使うことができなくなってしまいます。
事前知識を要求することはないので表記違いであることを伝える必要はありません。


・ロケット団の実験+エネルギースタジアムなど
Q.ロケット団の実験のコイン判定で裏が出ました。このカードには「ウツギはかせ」などと違い、「手札から」と書かれていません。
この番、「エネルギースタジアム」の効果を使うことはできますか?
※「ロケット団の実験」のトレーナー制限テキスト

「うら」なら、次のあなたの番が終わるまで、あなたはトレーナーカードを使えない。

A.使うことができます。
オフィシャルブック記載のわるいラフレシア「アレルギーかふん」の最新テキストも同様に「手札から」と記載されていませんが、注釈に「(すでに場に出ている「トレーナーカード」に影響はない)」とあります。
「ロケット団の実験」も場に出ているスタジアムの効果は使えるものと考えられます。
マチスのサンダース「こうしゅうは」も同様です。




更新履歴
2020/3/29:
個別解説から削除(ロケット団の実験)
Q&Aに追加(「ロケット団の実験」+エネルギースタジアムなど)
Q&A修正(ピクシー「ゆびをふる」+サンダー(第一弾)など「10まんボルト」 )
誤字脱字の修正
個別解説修正(コイキング「たきのぼりしんか」)
Q&Aに追加(ピクシー「ゆびをふる」+わるいサナギラス「ばくれつしんか」)
個別解説修正(弱点・抵抗力の影響を受ける特殊能力)

2020/3/29:公開
スポンサーサイト



Comment

Add your comment