FC2ブログ

【ポケカ旧裏】第2回杉並旧裏杯レポート&使用デッキ「エンカル」の紹介 

11/2~3の2日間にわたって杉並旧裏杯&杉並旧裏オフを開きました。
今回の参加者はなんと23名+見学2名!
終わったはずのカードゲームをこんな規模で遊ぶことができて嬉しいです。本当にありがとうございます。

簡単にですがレポートです。

Day1 第2回杉並旧裏杯


午前中は部屋が取れなかった都合、和室でのフリー対戦&トレード。
旧裏だけでなく現行エクストラの対戦や遊戯王⇔旧裏のトレードが行われたりでいつも通り自由過ぎるカオス環境でした。
写真を取り忘れてしまったのが悔やまれます。


午後は本戦。
今回は「エンカル」を使いました。

使用デッキレシピ
4 マグマッグ(neo3)
4 マグカルゴ
4 エンテイ(neo3)
2 ブビィ(neo1)
ポケモン:14枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 礼儀作法
3 マスターボール
1 パソコン通信
2 夜の廃品回収
2 突風
2 ポケモン回収
トレーナー:22枚

24 炎エネルギー
エネルギー:24枚

アホみたいなデッキレシピですが大真面目に殴るデッキ最強候補。
1ターン目にエンテイの「おたけび」で加速から2ターン目にマグカルゴの「ようがんりゅう」が凶悪。
ダメージに対する消費エネだけ見ればキュウコン(第一弾)の「だいもんじ」よりも効率が悪く見えますが、使ってみると他の炎ポケモンの何倍も強いことがわかります。エネ消費枚数を選択できるのが本当にずるい。
エネを捨てずとも40ダメージは出せるので相手は適当なポケモンを壁にエネを無駄遣いさせようという動きが取れません。ベロリンガのような壁ポケモンを出してこようものならエネを捨てずに後続を育てればいいだけの話です。
HP80もあるため大半の攻撃を耐えることができる上、こちらの打点は100までは簡単にだせるので最低でも1:1交換は果たしてくれます。
アタッカーを無理やり倒すためにエネを全部捨ててしまってもエンテイで加速すれば問題なし。後続を用意する速度も十分。
「ようがんりゅう」が3エネ始動なのも偉く、エンテイで加速できなくても十分育てられる範囲。
殴り合いで強いだけでなく搦め手や封殺系ポケモンへの耐性も高め。炎エネの枚数が異常なのでエネリムでエネ切れに追い込まれることもありませんし、「ようがんりゅう」の火力が無制限なので_のラッキーどころか鋼ラッキーですらワンパンできます。
マグマッグが「マグマでかこむ」というにげるを封じるワザを持っているのでミュウ(ニュートラルシールド)やバリヤード(ジャングル)への耐性もそれなり。
正直リザバクやカツウィンといった他の炎デッキを使う選択肢を奪っているレベルに強いデッキです。当時のクリーチャーズが重い規制をかけたのも今ならちょっとわかります。

ただ、このレシピはエネ枚数24。「おたけび」を使っても7割程度でしか2枚加速できないので正直甘えています。
削るなら廃品と回収でしょうか?この辺はあると強いカードですがなくてもゲームできますし。


1戦目:ジャストさん(わるいマタドガス) こちら先手
お相手が事故っているのに対しこちらは初手エンテイからの2ターン目にカルゴ降臨。
ロコンやドガースを順々に倒して勝ち。


2戦目:マコマートさん(キョウのスピアー+ベトベトン) こちら後手
早々にマグカルゴを展開し「ようがんりゅう」連打。
お相手もわるいベトベトンで対抗しようとするものの火力差に追い付けず勝ち。


3戦目:燧の宮(ひうちのみや)さん(エンカル) こちら後手
お相手は事故で動けない模様。
一方こちらは2ターン目にマグカルゴを出し順々に倒して勝ち。
なんと試合時間1分40秒ほど!



あまりにも速く終わってしまったのでフリー対戦していました。


4戦目:みけるさん(わるクロストライク) こちら後手
わるクロストライクはパーツが多くこちらよりも事故率が高い上、ストライクの弱点を付けるので基本的にこちらが有利なもののピチュー(neo1)の「パチパチ」で粘られると普通に負けかねないと予想。それと「マグマでかこむ」でストライクを逃げられないようにして「スラッシュダウン」を連打させない動きを使うんだろうと試合前に考えていました。
1ターン目、オーキドを使うとサーチカード多めの強い手札を引き当てる。
返しに「ポケモンぎゃくしめい」からわるいゴルバットの「こっそりかみつく」+ストライクの「スラッシュダウン」の2キルが怖いので安全のためマグマッグを2匹並べエンテイの「おたけび」で加速し番を返す。
当然のように「ポケモンぎゃくしめい」でマグマッグが倒される。
「マグマでかこむ」で足止めして次の番マグカルゴを出すもわるクロ絡めてサクッと倒されてしまいそれからドロソを引けず苦しい状況に。
ブビィで粘りなんとか反撃できそうな状況を作るもピチューの「パチパチ」が襲い掛かる。マグカルゴもエンテイも特殊能力持ちなので辛い。
ただ、お相手もわるクロ系も特殊能力を持っており「パチパチ」のダメージを受けるので使える回数は限られており、マグカルゴやエンテイはダメージは受けるもののピチューで倒すことはできない。なので場を整えることに専念しつつブビィの「モクモク」を地道に使いピチューを倒す方針に。
「パチパチ」を使えない状況かつ、トラッシュの退化スプレーの枚数から「とつぜんかみつく」ではブビィを倒せない状況なので大丈夫なはず。

と思っていたところ、すっかり存在を忘れていた「フジろうじん」を引かれてしまう。
もう来ないだろうと踏んでいたわるクロが再登場し、「とつぜんかみつく」絡めて場を刈り取られてしまい負け。


ここで大会終了。
優勝はみけるさん。使用デッキはわるクロストライクでした。おめでとうございます!

2位はタコトプスさん。使用デッキは通称「ふっかつのじゅもんラッキー」。
わるラフポルターのドローソースとして「カツラのクイズ その3」を使うというとんでもない発想のデッキです。
ふっかつのじゅもん並みの覚えられない文字列を書いた_のラッキーを「カツラのクイズ その3」のタネにすると相手は答えられないため、ほぼ3ドローのドロソになってしまうのです。
今回の大会では「_のポケモンはジムリーダーの名前を一人まで記入できます。」というルールを設けており、正確にはルール上不可能だったのですが、そのルールを設定した僕が"一切メリットはないもののジムリーダー以外の名前を書ける"と思い込んでいたため今回に限り「アリ」になってしまっていました。
今回は参加者の皆さんの了承もあり、失格等にはしないことになりましたが、大会である以上、今後はこのようなミスがないようわかりにくいルールを明確にしていきます。

デッキ賞は鋼ピジョットを使ったういさんでした。
エクストラターンまで考慮したデッキは旧裏オフでは初めてだと思います。


詳しい結果や使用デッキの詳細はこちらの記事にまとめてあります。


大会後はフリー対戦の時間。
自由過ぎる空間なので旧裏以外にもKGさんの用意したDS2台を使ったVC金銀の対戦が始まったりしていました。

ちなみに僕は、えぼそさん、emptyさん、スイカさんとの4人でPCGの地味カードシールド戦で遊んでました。
ランターン(PCG5)強すぎワロタ


Day2 杉並旧裏オフ


2日目は丸一日フリー対戦&トレード、それにスイカさんのyoutubeチャンネルのための動画撮影会の日。
ガチな大会から一転してゆるーく遊ぶ日です。

一応目玉っぽいイベントとしてポケモンカード★VSのロチェスタードラフトで遊びました。

ポケモンカード★VSのコンプリートセットをテーブルに並べ、順々にピックしていきデッキ構築をして対戦するというもの。
何を誰が取ったかがわかるので普通のドラフトとは違った戦略が生まれます。
僕、B3さん、マコマートさん、スイカさんの4人で始めましたが、ユミルテミルさん、人生あまくんさんの2人が急遽参戦しピック後の残り物でデッキ構築したため、最終的に計6人がVSで遊ぶという2019年秋とは思えない光景になりました。











6人での総当たり戦を制したのはまさかの残り物構築勢のユミルテミルさん!
シバのポケモンとそのワザマシンが強かったです。

その後は21時まで撮影&フリー対戦で旧裏を満喫しました!
正直旧裏以外も結構やってる気がしますがw


おわりに


簡単でしたがオフレポでした。
今回の会場は少し手狭だったので来年はもう少し大きな会場を取りたいですね。

それでは!
スポンサーサイト



Comment

Add your comment