FC2ブログ

【ポケカ旧裏・杉並殿堂2019】第1回杉並旧裏杯使用デッキ「メガバナ」  


はじめに


第1回杉並旧裏杯で使ったデッキの簡単な解説です。
デッキ自体は基本的に普通のメガバナなので変わっている部分だけ解説します。


メガバナを使った理由


二つあります。

一つは環境的な理由でワニに負けたくなかったため。
えぼそさんが「ワニマイン」というとんでもなく暴力的なデッキを開発し、詳細な記事を公表しているため誰かしら使うのではないかと思っていました。
このワニマインがとんでもなく強く、大抵のデッキは押し負けてしまいます。
春の大会は「強い強いと評判になったデッキは蓋を開けてみると使用者0」というパターンが恒例になっているので、今回こそはその辺を意識してあえて使う人が現れるのではないかと思いました。結果はワニ0とガッツリ外しましたが……。

もう一つは、誰も研究していないデッキなので一度しっかり詰めてみたかった、というもの。
当然ですが使用者がいないとデッキの研究が進まみません。
それを実感したのが去年。大会で使う殿堂ランクを新殿堂から独自の関東オフ殿堂(現:杉並殿堂)に変えたところ今までほとんど使われなかったカメックスやオーダイルの研究が進み、去年よりも規制を厳しくした今ではどちらも環境デッキの一角という水準まで引き上げられました。
メガバナはメガニウムを立てて殴るという動きの単調さやべトン系にほぼ勝てないといった印象からか知名度の割に使用者が少ないデッキという印象があり、調整したら面白そうと感じたので使ってみることにしました。



デッキレシピ


殿堂ランク:旧裏杉並殿堂2019
3 チコリータ(イントロneo)
2 ベイリーフ(PF1)
2 メガニウム(neo1)……☆×2枚
4 フシギダネ(拡張シート)
3 フシギソウ(イントロ)
3 フシギバナ(第一弾)
1 フシギバナ(GBプロモ)
1 バリヤード(拡張シート)……☆☆
1 ヤンヤンマ(neo2)
ポケモン:20枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 マサキ
4 クルミ
4 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
3 夜の廃品回収
2 ポケモン育て屋さん
1 パソコン通信……☆☆
2 おうごんのみ……☆×2枚
トレーナー:29枚

11 草エネルギー
エネルギー:11枚



動かし方のポイント


序盤はとにかくチコリータとフシギダネを並べましょう。
2進化2種のデッキなのでたねポケモンを並べないとオーキドで無駄に進化カードを捨ててしまったり、ウツギを使うと手札で腐っている進化カードを戻してしまうためドローの質が落ちるといった問題があるのでなるべく早く並べましょう。

基本的にはメガニウムを立ててフシギバナの「ソーラービーム」を連打。
メガニウムはアタッカーとしてあまり信用できません。
いくら眠りの追加効果があるとはいえ、HP90以上のポケモンを倒すのに3回攻撃する必要があるので相手に後続を育てる時間を与えてしまいますし、眠り判定次第では押し負けてしまいます。にげるコストも3と重いのでアロマスリープ→フシギバナに交代も難しいです。中間進化相手は進化して眠り解除ができるのでメガニウムで攻撃するのは損なことが多いです。

いつ「まきちらせ!ベトベトガス」を使われても問題ないようにフシギバナやメガニウムをすぐに場に出さず手札に持っておくようにしましょう。
次の番倒されないとわかっているならフシギバナに3エネ貼るのもアリです。(まきベトを使われてももう1エネ貼れば攻撃できるようになる)
まきベトの効果は進化すれば解除されるので「エナジートランス」や「おいしげる」を使って攻撃を続けることができます。
「エナジートランス」でまきベトのケアができるのはアタッカーとしてフシギバナを採用するメリットだと思います。

基本的にエネルギーは分散して貼ります。
「エナジートランス」で移動できるので突風で呼ばれても痛くないポケモンに付けておくのが基本。
もちろん手札が悪く「エナジートランス」が使えそうにない状況なら普通に後続アタッカーに集中して貼ることになります。

2回攻撃して相手を倒すデッキなのでどのワザの組み合わせで倒せるかを意識すると不要な展開をしなくて済みます。(このデッキに限った話ではありませんが)
特にフシギダネの「どくのたね」は見た目以上にダメージの入るワザなので使う機会が多いと思います。



個別解説



※メガバナについて基本的な解説はサンプルレシピ参照。

フシギバナ(GBプロモ)
190521_megabana003.png

ベトベトン対策として採用しましたが相手次第では十分アタッカー運用できるポケモンです。
「メガドレイン」は4エネ40+20回復。カブトプスやバタフリーと同じ性能のワザですがこのポケモンはHP100。
20回復のおかげで確定数がずれやすく、殴り合い性能は見た目以上に高いです。
このデッキは全体的にエネコストが重いポケモンが多く、べトンを出された後の特殊能力なしの殴り合いに持ち込まれると後続を育てる時間を確保できず押されがちですが、このフシギバナ(とおうごんのみ)のおかげで押し負けずに時間を稼ぐことができるので後続を育てることが可能。
状態異常を回復できる「ソーラーパワー」も地味ながら有用な能力でベロリンガ(ジャングル)やわるいベトベトン相手に強くなります。


ヤンヤンマ(neo2)
190521_megabana002.png

逃げ0兼バリヤード対策。
「しょうげきは」+「スピードスター」で「きのみ」を許さずバリヤードを刈り取れます。
ピクシーなどのHP70の相手にも10与えておくとフシギバナの「ソーラービーム」圏内に入ります。


メガニウム(neo1)×2枚
190521_megabana001.png

サンプルレシピを組んだ段階では「まきちらせ!ベトベトガス」を使われた返しに進化させて「おいしげる」状態を維持するため、メガニウムの枚数多い方が良いと思っていましたがフシギバナの「エナジートランス」でもかなりケアできると判明。
にげるコストが多くアロマスリープの40ダメージでは3発かかることが多く後続を用意されてしまうためアタッカー性能はあまり高くなく、4-3-3のようなラインだと手札でダブつきまくるので減らしました。明らかに使いやすくなったので正解だったと思います。


礼儀作法
190521_megabana007.png

たねポケモンを並べないと話にならないので追加のおじさんとして入れています。


廃品回収×3枚
190521_megabana006.png

2進化アタッカーのデッキなので倒された時の消耗が激しく2枚では不足しがちだったので3枚に増やしました。


パソコン通信
190521_megabana004.png

2進化2種かつ早い段階からガンガン展開して殴るデッキなので安定性を上げるために採用。


ポケモン育て屋さん×2枚
190521_megabana005.png

フシギソウともベイリーフとも扱えるカード。2進化ポケモンを出しやすいよう入っています。
2枚なので無理に速攻を狙うわけではありませんが、やはり2ターン目にメガニウムを出せれば強いです。


おうごんのみ×2枚
190521_megabana008.png

元々「ポケモンセンター」が入っていた枠。
「エナジートランス」+「ポケモンセンター」はものすごく強いもののオーバーキル感があり、そのくせ苦手なベトベトン相手には腐ってしまうため殿堂ランクを使った割に勝てる相手を増やせていないと感じていました。
深いこと考えず「ポケモンセンター」をそのまま「おうごんのみ」に入れ替えただけなのですが、使っているうちにこのデッキには延命カードが必要と考えるようになりました。

フシギバナは2進化アタッカーなので後続を用意するのにどうしても時間がかかってしまいます。
HP100と耐久値が高いため後続を用意するのは簡単そうに見えますが、HP100というのは50ダメージの攻撃を2回受けたら倒されてしまうHP。特別硬いというわけではありません。ちょうねんりきミュウツーと殴り合うことだけを考えるならカイロス(ジャングル)の方がたねな分ずっと優秀です。
後続の確保がしんどい割にアタッカーを使い捨てていくため回復による時間稼ぎがないと攻撃できない状況を作ってしまいやすいのです。
そこで「おうごんのみ」が噛み合ってきます。
「おうごんのみ」は高いHPと相性が良く、HP100のフシギバナであれば60ダメージまでのワザの確定数をずらすことができます。これがHP80だと60ダメージのワザ2発で倒されてしまいます。HPの高さは「おうごんのみ」を腐らせないことにも繋がります。「おうごんのみ」が発動しないギリギリの30ダメージ与えても残り70も与える必要があります。
後続を用意する時間を作れるということはエネに余裕が生まれるということでもあり、「エナジートランス」によるまきベトのケアもしやすくなります。地味ですがメガバナ的に重要な要素です。

余談ですが、「ポケモンセンター」2枚入れるとオーバーキル気味になる理由も納得しました。1枚目は比較的序盤にフシギバナを1匹回復させて後続育成の時間を稼ぐだけなのに対し、2枚目は中盤以降に複数匹のフシギバナをまとめて回復させることができるのでオーバーキル展開になりやすいのです。
更に余談ですが、この「おうごんのみ」が「いいきずぐすり」ではダメな理由も見えてきます。「いいきずぐすり」はエネを1枚トラッシュしてしまうので後続の用意のための延命という意味で微妙に噛み合わないのです。


おわりに


以上、大会で使ったメガバナでした。
一からデッキを組むのも面白いですが、既存デッキを洗練するのも面白いですね。

それでは!
スポンサーサイト



Comment

Add your comment