FC2ブログ

【遊び】闇鍋ドラフトで遊ぼう! 

2019-05-01_023523.png

要するに不要カードを持ち寄って遊ぶドラフト。

闇鍋ドラフトとは


闇鍋のごとく参加者が怪しいカードを持ち寄り、その怪しい束からパックを作りドラフトする遊びです。
ブースタードラフトについて知らない方はこの記事を読みましょう。

下の写真のように普段見かけないカードが大活躍したりするのが面白いです。
190502_yaminabe002.png


遊び方


推奨人数:4~8人
必要なもの
  不要カード30枚×人数分
  基本エネルギー各色10枚×人数分
  (お好みで)ドローカードなど×人数分

1.ブースターパックを作る
昔のポケモンカードパックと同じ10枚、もしくはマジックと同じ15枚の束を作ります。
5人までなら10枚、それ以上なら15枚がオススメです。
予め作ってくると時間短縮になります。
その場合意図的にキラカード(強いカードとは言っていない)のみのパックを作ったりするのも面白いです。別に競技じゃないですし。
開封済みのパックの袋や箱を使うと雰囲気が出て楽しいです。
190502_yaminabe001.png

2.基本エネルギー(とドローカード)を配布
デッキを組む上で必須の基本エネルギーを配ります。
準備を短くする都合各色10枚で遊ぶことが多いです。
基本エネ以外にも進化させやすくするためのドローカードや中間進化が入っていないときの救済策として「ポケモン育て屋さん」を配布するのもあり。
個人的にはドロソのある方が色をタッチしやすくなり戦略の幅が増えるので好きです。

3.パックを配布
参加者にパックを配ります。10枚入りのパックで3~4パックで遊ぶことが多いです。

4.ドラフト
パックからカードをドラフトしていきます。
1枚取ったら次の人に回し、パックのカードが無くなるまで繰り返します。
1パック目は右回り、2パック目は左回り、3パック目は右回りでドラフトします。
(4パック目や5パック目を使う場合は左、右と続けます。)

5.デッキ構築
ドラフトしたカードと基本エネと配布ドローカードで40枚デッキを構築します。
エネルギーの枚数は15枚程度が多いです。(もちろん使えるドロソの質と量によりますが。)
時間短縮のためスリーブなしで遊んでいますが珍しいカードを使うのであれば使いましょう。

6.対戦
組んだデッキで対戦しましょう。
サイドカードは4枚がオススメです。

7.返却
基本エネやドローカード以外のカードの扱いはその場の空気で。欲しい人に譲るといいんじゃないでしょうか。
もちろん珍しいカードは持ち主に返しましょう。


楽しく遊ぶコツ


ポケモンの性能を調整する
いくら「闇鍋」とはいえ旧裏のカードの中にポケモンGXが入っていると対戦前から結果が見えてしまっているので興ざめです。
「アズマオウ(ジャングル)が環境上位になるくらいのスペック」のようにある程度の基準を設けると性能が拮抗するので面白くなります。

ドローカードを入れる
進化カードは単品では意味をなさないカードです。
ドローソースなしでは意図的に進化させやすいようにしない限り進化ポケモンを使う理由は薄くなってしまいます。
進化カードを無駄なカードにしないためにドローカードを基本エネ扱いである程度配ると良いでしょう。
現行は旧裏と違い進化前と無進化たねや進化後の性能差が凄まじいので進化しやすくするための「タイマーボール」や「ウツギはかせのレクチャー」などのトレーナーズは旧裏以上に重要になるでしょう。

使えるポケモンを制限する(現行)
現行で遊ぶ場合は図鑑番号やエキスパンションで使えるポケモンを制限した方が良いでしょう。
700種類以上もいると進化ラインが揃いません。

ニコタマ解禁(現行)
ダブル無色エネルギー前提でデザインされているカードが多いので基本エネ枠に2枚程度入れてもいいと思います。


おわりに


以上、闇鍋ドラフトの遊び方でした。
一生使うことのないマイナーカードが大活躍する遊びです。
人数さえ集まれば割と簡単に遊べるのでぜひ遊んでみてください。
それでは!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment