FC2ブログ

【ポケカ旧裏・杉並殿堂2019】デッキ紹介「バクカル」 

2019-03-26_225248.png

はじめに


219Magcargo_GS.png

マグカルゴ。


孵化作業のお供として昔お世話になった人も多いのではないでしょうか。
Spr_4d_219.png




僕は戦闘もこなせるブーバーン派だったので特にこれといった思い出はありません。
Spr_4d_467.png


あー話終わっちゃったよー




改めていきましょう。

カードでは「ようがんりゅう」というワザを使っている印象があるかと思います。

190326_bakukaru001.png

190326_bakukaru002.png

190326_bakukaru003.png


その元祖は旧裏のこのマグカルゴ。
190326_bakukaru005.png

キラカードでもなくパッと見地味な雰囲気ですが、中々高性能で当時はエネ加速のできるバクフーン(neo1)やエンテイ(neo3)と組み合わせて使われていました。

今回はこのマグカルゴを主力に据えたデッキです。


このデッキのコンセプト


凄くシンプルな動きのデッキです。

ブーバーで時間を稼ぎ
190326_bakukaru009.png

マグカルゴとバクフーンを育てて、ファイヤーリチャージで加速し「ようがんりゅう」連打
190326_bakukaru005.png190326_bakukaru008.png

以上!


デッキレシピ


殿堂ランク:旧裏杉並殿堂2019
3 マグマッグ(neo3)
3 マグカルゴ(neo3)
4 ヒノアラシ(イントロ推奨、プレミアムファイル1以外なら他のものでも可)
4 マグマラシ(neo1)
4 バクフーン(neo1)……☆×4枚
3 ブーバー(化石)
1 バリヤード(拡張シート)……☆☆
ポケモン:22枚

12 炎エネルギー
エネルギー:12枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 マサキ
3 クルミ
4 ポケモン交換おじさん
3 夜の廃品回収
1 突風……☆☆
1 ワープポイント
1 まきちらせ!ベトベトガス
1 エネルギースタジアム
トレーナー:26枚

※新殿堂、高槻殿堂(2019/03版)では殿堂ランクオーバー。次の変更をお勧めします。
in
2 ベロリンガ(ジャングル)
1 ププリン(プロモ)
2 ワープポイント

out
3 ブーバー(化石)
1 バリヤード(拡張シート)
1 突風

簡単な解説:ベロリンガとププリンはブーバーの代わりの時間稼ぎ要員です。ベロリンガはにげるコストが重いので入れ替えやすいよう「ワープポイント」を入れています。



個別解説


マグマッグ(neo3)
190326_bakukaru004.png

旧裏のマグマッグは2種類いますがこちらは1エネで攻撃できる無難な性能。
「マグマでかこむ」は貴重なにげる封じワザ。状況によっては「突風」から使ってもよさそうです。

マグカルゴ(neo3)
190326_bakukaru005.png

このデッキの主力。マグカルゴGXのリメイク元ですね。
「ようがんりゅう」はエネ消費枚数だけ見ればリザードンの「ほのおのうず」やカツラのウインディの「ほのおのあらし」よりも効率が悪いワザですが、低HP相手に無駄にエネをトラッシュせずに倒すことができるのがポイント。
追加ダメージに上限がないので鋼で固めたラッキー(第一弾)も6枚トラッシュすれば倒すことができます。
「やけのこり」は基本的にデメリット能力と思ってよいでしょう。


ヒノアラシ(イントロネオ)
190326_bakukaru006.png

バクフーンの進化前。他のヒノアラシと比べて癖のない性能をしています。
イントロネオのヒノアラシは入手が難しく、持っていなければ正直プロキシ推奨のカードです。
どうしてもプロキシを使えない場合はneo1やneo4で代用すると良いでしょう。


マグマラシ(neo1)
190326_bakukaru007.png

バクフーンの進化前。HP70かつ時間稼ぎのできる「えんまく」持ちということで序盤の時間稼ぎをすることが多いのですが、このデッキにはたねポケモンでありながらほぼ同性能のブーバーが入っているためワザを使うことはあまりありません。


バクフーン(neo1)
190326_bakukaru008.png

エネ加速要員。複数匹出てくると本当に手が付けられなくなります。
アタッカーとしても十分な性能をしていますが倒されてしまうとエネ加速が難しくなるので極力戦わせたくないポケモンです。


ブーバー(化石)
190326_bakukaru009.png

このデッキを支える優秀なサポート要員。
マグカルゴは攻撃するまでに3エネかかる上、HPがそれほど高いわけでもないので、なるべくベンチで育ててから戦わせたいポケモンです。
このブーバーはHP70で1エネの「えんまく」持ち。育つまでの時間を稼ぐためにはぴったりです。
「えんまく」の10ダメージが地味ながら強く、複数回使えると「ようがんりゅう」でトラッシュするエネを減らすことができます。
にげるコストも1しかないので育ったマグカルゴにすぐ繋げることができます。


バリヤード(拡張シート)
190326_bakukaru010.png

水弱点のポケモンばかり入っており、何も対策をしないとカメックスやオーダイル相手に何もできずに負けてしまうので採用。
特殊能力を封じるベトベトン(化石)入りのキングドラデッキは正直厳しいです。


夜の廃品回収
190326_bakukaru011.png

いくらバクフーンがいるとはいえエネ消費が激しく2枚では不安だったので3枚目を入れました。
エネルギースタジアムも入っていますが割られる可能性があるためどうしても信用しきれません。


突風
190326_bakukaru012.png

ベンチ呼び出しカード。
攻めているときに相手がベンチで育てているポケモンを倒しても強いですし、攻められているときに相手のベンチにいるエネの付いていないにげるコストの重いポケモンを呼びつけて時間を稼いでも強いです。


ワープポイント
190326_bakukaru013.png

入れ替えたり相手のバトルポケモンを退かしたりと便利なトレーナーカードです。
マグカルゴをベンチに下げると自動的に「やけのこり」が発動してしまうため注意。


まきちらせ!ベトベトガス
190326_bakukaru014.png

特殊能力封じ。使うタイミングは様々。
ベトベトン(化石)を出されると「かがくへんかガス」により他の特殊能力が使えなくなってしまいますが、このカードで「かがくへんかガス」を封じてから出したポケモンはその番の間だけは特殊能力を使えます。ベトベトンを相手するときに覚えておくと得するテクニックです。
正直あまりない状況だと思いますが、マグカルゴの「やけのこり」を封じてワープポイントを使うなんて使い方も一応可能です。


エネルギースタジアム
190326_bakukaru015.png

エネルギー回収兼スタジアム破壊。
他のスタジアムを出されて壊される可能性があるのであまり信用できませんが、スタジアム破壊用のスタジアムとして見た場合最もデッキとかみ合っていたので採用しました。

おわりに


以上、「バクカル」でした。


それでは!
スポンサーサイト



Comment

Add your comment