FC2ブログ

【ポケカ旧裏・杉並殿堂2019】デッキ紹介「メガバナ」 

2019-03-23_215049.jpg

はじめに


草御三家同士の組み合わせデッキ「メガバナ」を紹介します。
メガフシギバナデッキではありませんよ。

190323_megabana019.png


このデッキのコンセプト


190323_megabana010.png190323_megabana006.png

メガニウムの持つ「おいしげる」の効果で草エネを倍加させて2エネソーラービーム&アロマスリープを連打するデッキ。
この時代では破格の性能。シンプルかつ超強い。

フシギバナを採用しているので「エナジートランス」+ポケモンセンターコンボも採用しています。
HP100のポケモンが全回復を挟みながら低コストで次々と湧いてくるのは恐ろしいの一言。


デッキレシピ


殿堂ランク:旧裏杉並殿堂2019
※新殿堂、高槻殿堂(2019/03版)では殿堂ランクがオーバーします。バリヤード、ピィを外して突風とヤンヤンマ(neo2)などの逃げるコスト0のポケモンを入れると良いでしょう。
4 チコリータ(イントロneo/PF1)
3 ベイリーフ(PF1)
3 メガニウム(neo1)……☆×3枚
3 フシギダネ(拡張シート)
1 フシギダネ(イントロ・HP40)
2 フシギソウ(イントロ)
1 フシギソウ(サザン)
2 フシギバナ(第一弾)
1 わるいフシギバナ
1 バリヤード(拡張シート)……☆☆
1 ピィ(プロモ)
ポケモン:22枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 マサキ
4 クルミ
4 ポケモン交換おじさん
2 夜の廃品回収
3 ポケモン育て屋さん
1 突風……☆☆
1 ポケモンセンター……☆
トレーナー:27枚

11 草エネルギー
エネルギー:11枚


個別解説


チコリータ(イントロネオ)
190323_megabana008.png

HP40のneo1のものは色々信用ならないのでHP50のものの方が良いです。
弱点やプラパによる1キルも怖いですが相手先行1ターン目10→2ターン目30の流れで倒されてしまいますし。(一応neo1チコリータには「リフレクターがありますがあまり積極的に使いたいワザではない)
入手が難しいためプロキシなしで使いたい場合はPF1で代用しても良いでしょう。
先行1ターン目に10出せないことで困ることもありますが十分許容範囲だと思います。
※1ターン目に「たいあたり」で10与え、2ターン目に育て屋からメガニウムに進化し「アロマスリープ」を使うことで合計50ダメージで大半のたねポケモンを倒すことが可能。1エネ攻撃ワザを持たないPF1チコリータではこの動きができなくなる。


ベイリーフ(PF1)
190323_megabana009.png

ベイリーフは2ターン目に欲しい2エネ攻撃ワザが他のより強いPF1がオススメ。
(neo1は3エネ貼らないと攻撃できず、イントロネオは追加効果なしの20ダメ)
3エネワザの「しんぴのこな」は次の番特殊状態にならなくなるというもの。普段はあまり使わないワザですが、追加効果のおかげでわるいベトベトンを封殺できたりします。


メガニウム(neo1)
190323_megabana010.png

草エネルギーを倍加させる「おいしげる」は封じられさえしなければ本当にぶっ壊れの加速能力。
ひたすら「アロマスリープ」を連打してるだけでも強いです。


フシギダネ(拡張シート)
190323_megabana001.png

HPが全体的に低く、ゲームスピードの遅い旧裏環境では毒は単純に強力。放置していると1エネとは思えないダメージになります。
また、抵抗力に影響なくダメージを与えられることも重要で、抵抗力+鋼エネルギーでダメージを減らしてくる鋼ポケモンを突破するのに役立ちます。

余談ですが、このフシギダネはなぜか再録が多く、拡張シート、クイックスターターギフト、イントロパックの3種類が無駄に存在します。


フシギダネ(イントロ・HP40)
190323_megabana002.png

進化を封じてくるプテラ(化石)を「はっぱカッター」でサクッと倒せる点を評価。
メガニウムがいれば1エネ30ダメージを出せるため状況によっては気絶覚悟で攻撃に行くことも。


フシギソウ(イントロ/サザン)
190323_megabana003.png190323_megabana004.png

HPが高く3エネワザの強いイントロか2エネワザの強いサザンの2択。流石に第一弾は性能的に苦しいですね……。
単純に性能が高く1進化ながらそれなりに戦えるイントロの方が無難です。
どちらも普通のパック収録のカードでないため集めにくいのが難点です。


フシギバナ(第一弾など)
190323_megabana005.png190323_megabana006.png

「おいしげる」が機能していれば2エネ60のソーラービームが使えます。
エナジートランス+ポケモンセンターコンボもシンプルながら強力。
地味ににげるコストが2なので「おいしげる」下では1エネ捨てるだけで逃げられるのも優秀。
ポケセンはまとめて回復できるので、1匹を回復させるよりも、ダメージの溜まったポケモンを逃し続けながら戦い一気に回復する方が効果的。
ただし、突風やベンチ攻撃でフシギバナが倒されるとエナジートランスが使えなくなってしまい回復のタイミングを失うので欲張りすぎには注意。

プロモ/イントロ版のイラストはメガニウムと並べた時に統一感があって好きです。


わるいフシギバナ
190323_megabana020.png

毒+マヒor眠りor混乱にできる「めいわくかふん」が強力なポケモン。

基礎ダメージは低いものの毒ダメージの蓄積が入るので見た目より攻撃力があります。
わるいフシギソウが入っていないので育て屋経由で出すことになります。
当たり前の話ですが、進化前されると状態異常を解除されてしまうので極力進化前相手には戦わせないようにしましょう。


完全に余談ですが、「めいわくかふん」と似た効果を持つワザにラフレシア(サザン)の持つ「さいあくかふん」があります。

190323_megabana018.png

3エネ30+コイン判定で状態異常と効果も似てるのですが、ワザ名も「めいわく」と「さいあく」で音を合わせて同系統感を出しています。当時の開発らしいセンスです。


バリヤード(拡張シート)
190323_megabana007.png

ベンチにいると弱点抵抗力の影響を受けなくなる能力持ち。
弱点で苦手な炎ポケモンと抵抗力で苦手な鋼ポケモンを1枚で対処できるようになるカードです。


ピィ(プロモ)
190323_megabana011.png

事故防止のベイビィポケモン。
ベイビィポケモンとは旧裏(とカードe)にのみ存在するポケモンの種類。バトル場にいると相手のワザを1/2で失敗させるエルフーンGXの能力に近いルールを持っているのが特徴です。あと一応ピッピに進化できます。
旧裏のベイビィポケモンはHP30、弱点・抵抗力なし、にげるコスト0で統一されており、大半は異様に便利なワザや能力を持っています。
その上進化させるメリットが皆無なので進化後抜きに単品採用されることがほとんど。
″バルキーから進化していれば攻撃力が上がるなどのボーナスを貰えるカポエラー″みたいなカードがあれば少しは真面目に進化させられていたかもしれませせん。

金銀の新要素がひたすら便利なだけのポケモンになってしまった残念話はさておきピィの性能について説明しましょう。

2ドローできる「ピッピッ」という発音しづらいワザを持っています。
ワザを使って2ドローはそれほど強くはありませんが、事故ってしまった時に交換おじさんから探し出して「ピッピッ」を使うことで事故からの脱出を狙えます。
ベイビィポケモンルールのおかげで攻撃を受けにくので単純に壁として使うことも多いです。にげるコストがないのでベンチで邪魔になりにくいです。


ポケモンセンター
190323_megabana013.png

ダメージを受けているポケモンを全快できるが同時に付いているエネルギーも全てトラッシュしてしまう大ぶりなカード。もちろんエナジートランスと組み合わせて使います。
ポケモンセンターで回復しなければエネルギーもトラッシュされないため、ポケセンを使う直前にダメージを受けてないポケモンにエナジートランスで草エネを集中させればノーコストで全快できます。


突風
190323_megabana012.png

控え呼び出しカード。
攻めてるときに使っても良し押されているときにエネの付いていないポケモンをバトル場に呼び出して時間を稼ぐも良しな便利な効果です。


草エネルギー×11
190323_megabana014.png

4エネのアタッカー2種類のデッキですが、メガニウムがいれば倍加するのでこの枚数で問題ありません。
いくら倍加するとはいえあまり減らしたくないですね。


苦手なカード・デッキ


「おいしげる」や「エナジートランス」に依存しているデッキなので特殊能力を封じられると途端に苦しくなります。

まきちらせ!ベトベトガス
190323_megabana016.png

一時的な特殊能力封じ。
使われると「おいしげる」や「エナジートランス」が封じられてしまいます。

使われたらエネが足りずに自動的に1回休みになるかというとそういうわけでもありません。
まきちらせ!ベトベトガスの効果はXYの「オカルトマニア」と違い、使った時に場に出ていたポケモンにかかるものです。
ポケモンにかかる効果なので進化・退化させたポケモンはベトベトガスの効果が解除されます。
同じ理由で後から出したたねポケモンにはベトベトガスの効果はかかっていません。
ベトベトガスを使われてもベンチのベイリーフやチコリータをメガニウムに進化させれば「おいしげる」を継続させることが可能です。


ブビィ(neo1)
190323_megabana017.png

まきちらせ!ベトベトガス効果を持った「モクモク」というワザを使うことができるベイビィポケモン。
ベトベトガス同様ポケモンにかかる効果なのでこちらも進化で解除可能。
うまいことおいしげるを継続させてもベイビィ判定が待ち構えているのが厄介です。
ブビィは「おいしげる」を止めつつダメージを与えるので有効な対策ですが、攻撃力が低く地道に4エネ付ける隙も与えてしまうので1匹で勝てるというわけではありません。
対策する側はブビィに頼り切るのではなく他のアタッカーと合わせて倒せるようにすると良いと思います。


ベトベトン(化石)
190323_megabana015.png

いるだけで全員が特殊能力が使えなくなるポケモン。
出されるとメガニウムが完全に機能停止してしまいます。
突風で呼びつけても逃げられては意味ないのでわるいフシギバナやメガニウムの状態異常付きの攻撃で逃さずに倒すのがベスト。
頑張って1匹倒しても夜の廃品回収から蘇らせてくるのでどうしても厳しい相手です。


おわりに


以上、メガバナについてでした。
前の記事で複数のデッキをまとめて一記事にするみたいなことを書きましたがスマホのメモ帳を整理していたら下書きが残っていたので再利用することにしました。
こんな感じで下書きを作るだけ作って上げていないパターンが結構あるので消化していきたいですね。
(e3クサイハナの記事も下書きだけ残っていたパターン)

それでは!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment