FC2ブログ

【殿堂ランク】旧裏杉並殿堂2019 

杉並旧裏杯用の殿堂ランクとローカルルールです。
※2018年版との変更点は赤字にしてあります。

旧裏杉並殿堂2019


★8つ
・わるいラフレシア(ロケット団)
・GR団のミュウツー(プロモ)

★7つ
・ニューラ(neo1)

★6つ
・エリカのプリン(ジム拡張1)
・プテラ(化石)
・オムナイト(拡張シート・かせきのみちびき)
・超エネルギーリムーブ

★4つ
・ベトベトン(化石)
・_のピカチュウ
・ピクシー(ジャングル)
・ラッキー(第一弾)
・カビゴン(拡張シート)
・カスミ
・ロケット団のワナ
・錯乱ジム

★3つ
・カメックス(第一弾)
・オーダイル(PF1)

・R団のサンダー(ジム拡張2)
・バリヤード(ジャングル)
・プクリン(ジャングル)
・ポリゴン(プロモ)
・ダウジングマシーン
・ミニスカート
・にせオーキドの逆襲
・きあいのハチマキ

★2つ
・ひかるライチュウ
・マルマイン(第一弾)
・ピチュー(neo1)
・エレキッド(neo1)
・ゴース(拡張シート)
・アンノーンQ(neo4)
・バリヤード(拡張シート)
・バルキー(neo2)
・ピィ(neo1)
・パソコン通信
・エネルギー・リムーブ
・突風
・ロケット団のおねーさん
・カスミのいかり

★1つ
・ストライク(ジャングル)
・メガニウム(neo1)
・わるいクロバット(neo4)
・バクフーン(neo1)
・ブビィ(neo1)
・コダック(化石/プロモ)
・ムチュール(プロモ)
・イマクニ?のドードー
・くいしんぼカビゴン
・ププリン(プロモ)
・ハピナス(neo3)
・ルギア(プロモ)
・ホウオウ(PF3)
・ヤミカラス(neo1)
・ハガネール(neo1)
・ポケモンセンター
・ポケモンぎゃくしめい
・おうごんのみ
・たまごの化石
・無色2個エネルギー
・鋼エネルギー
・リサイクルエネルギー

(★0つ)
・ドガース(拡張シート)
・ブーバー(化石)
・マグカルゴ(neo3)
・カスミのヒトデマン
・エレブー(第一弾)
・フーディン(第一弾)
・エビワラー(第一弾)
・ピィ(プロモ)
・ププリン(neo2)


杉並旧裏杯用ローカルルール
・先攻はドローなし。
・たねポケモン無しの時に相手が引くカードの枚数は1枚。
・_のポケモンはジムリーダーの名前を一人まで記入してもよい。
・_のピカチュウは誕生日でなくてもコインを投げられる。
(・たね1マリガンは廃止)



解説



上昇

超エネルギーリムーブ ☆☆☆☆→☆☆☆☆☆☆
ダウジングマシーンの殿堂緩和を機に研究され、リサイクルで使いまわすのが極悪と再確認されました。
リサイクル自体の制限も考えましたが、超リムを使いまわす前提の殿堂ランクにすることで性能を抑えることにします。

オーダイル(PF1) ☆☆→☆☆☆
昨年は制限緩和によりダウジングマシーン+ワニ2枚+αに殿堂ランクを割く構築が可能となり大暴れしました。
デッキの安定性を落とすため1点上昇させます。

カメックス(第一弾) ☆☆→☆☆☆
凶悪極まりないオーダイル相手に十分戦えていた高性能ポケモン。
オーダイルに制限をかけることを踏まえ1点上昇。

ダウジングマシーン ☆☆→☆☆☆
リサイクルが0点ならこっちも下げていいのでは?と思い、殿堂ランクを下げてみましたが便利すぎました。
状況に合わせてオーキドや突風を増やせるのはただただ強力。
また、リサイクルと合わせて殿堂ランクの重い超エネルギーリムーブを何度も使う動きは犯罪的。
昨年は4点から2点に下げましたが、結果を踏まえて1点上昇させます。

カスミのいかり ☆→☆☆
ワニ専用の追加のオーキド的なカード。
デッキの安定性を落とす目的で1点上昇。


下降

プクリン(ジャングル) ☆☆☆☆→☆☆☆
デッキパワー底上げのため1点分強力なカードを採用できるようにします。
プクリン2点も考えましたが、プクリン2枚+ニコタマ4枚は流石にオーバーパワー。

ブビィ(neo1) ☆☆→☆
一時的な特殊能力封じは強力なものの使用率を踏まえると殿堂ランク2点使ってまで入れるほどのスペックはないと思われます。
バクフーンやメガニウムといった制圧力の高い2進化デッキへの対抗策という側面もあります。

マグカルゴ(neo3) ☆→(☆なし)
実際に使ってみるとカツラの使えないカツラのウインディといった側面が強く、高性能ではあるものの殿堂ランクをかけるほどではないと判断しました。
古のエンカルやバクカルの復権なるか?

ププリン(neo2) ☆→(☆なし)
ピィ(プロモ)が無制限でありながら使用率が高くないことを踏まえ殿堂ランク解除して問題ないと判断。
基本的に他の無制限ベイビィの下位互換になりがちなので環境を踏まえて使うカードだと思います。

フーディン(第一弾) ☆→(☆なし)
相方であるバリヤード(ジャングル)・ヤミカラス(neo1)の制限を強化したため、デッキパワー不足となり使い辛くなっていました。
旧裏を象徴するカードなので使いやすいよう0点に緩和します。


変更なし

リサイクル
ダウジングマシーン同様オーキドにもなるし突風にもなるし夜の廃品回収にもなれる超優秀なカード。
殿堂ランク付きのトレーナーカード(特に超リム!)を戻す動きは強力。
いくらコイン判定&枠を使うとはいえ、殿堂ランクカードであるダウジングマシーン並みの働きをしており入れ得感の強いカードになっています。
制限も考えましたが、環境への影響の大きさを考えて今回は見送り。
具体的にはわるいヘルガーやR団サンダーといったデッキスペースを食わないアタッカーで攻めるデッキがオーダイルやメガバナといったデッキスペースを食うものの制圧力の高い2進化デッキに対しより厳しくなってしまい、環境の多様性が損なわれるのではないかと懸念したためです。




以上です。
今後環境がどう動くのか楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment