FC2ブログ

【ポケカ旧裏】デッキ紹介「スライ」 

181229_Sligh.jpg

12/8の関東旧裏オフで使ったデッキです。
スライを使った経緯や当日の様子はレポートをご覧ください。

※1/19スライの生まれた経緯について追記&修正。


昔話


時は2001年。
neo最終弾であるneo4が発売し旧裏最終環境とも言えるカードプール。
夏の大型大会を前にあるデッキが猛威を振るっていました。

そのデッキとは無水ノーウォーター
キングドラ(neo3)をアタッカーとしエネルギーを徹底的に絞り、開いたスロットに回復カードを山積みする極端な耐久系デッキです。
190119_001.png


エネ総数4枚という当時としては前代未聞の構築から一躍有名になります。
今となっては夜の行進も過去のデッキだね。


エネ4枚構築なんてできるの?と思うかもしれません。夜の行進は忘れろ!!
旧裏にはとんでもないカードが存在するのです。


リサイクルエネルギー
190119_003.png

場からトラッシュされると手札に戻せるエネルギー。
剥がされたり逃がしたりすれば手札に戻る。当然気絶しても手札に戻ります。
特定の色限定あたりの制約付きでリメイク来るんじゃないかな~って何年も前から思ってるけど中々来ないね。


この無色1エネで満足に戦えるポケモンがキングドラ。
進化前のワザを使うことができるワザ「りゅうのいでんし」を使いシードラの「だくりゅう」を連打します。
190119_001.png190119_002.png

いくら旧裏でも30ダメージは物足りないように見えますが、山積みの回復カードにより中途半端なダメージを与えてもゾンビの如く復活し最後には押し負かすことが可能。
ちなみに1エネ30はこの時代ではトップクラスに効率的。

今の感覚からするとHP90で耐久なんてできるの?と思うかもしれませんが、HP90+弱点無し当時としては十分な耐久です。
今でこそポケモンGXを一撃で倒せるようなダメージがポンポン飛び交うようになりましたが、この時代は相手を一撃で倒すことが難しい環境。何か倒そうとすると大抵2発かかっていました。
もちろん90ダメージ以上を出せるカードは存在するものの、殿堂ランクにより制限されていたり強烈なデメリットを持っていたり水弱点の炎ポケモンだったりとどれもキングドラに対して有利というわけではありませんでした。

ちなみに無水ノーウォーターという呼び方は水デッキにもかかわらず水エネを1枚も採用しないことから来ています。
実はこの呼び名には更に元ネタがあり、マジックのノーファイアーというデッキ名から来ています。
当時のマジックの影響の大きさを伺えますね。



そんな中、打倒無水として開発されたのがこの「スライ」。
ライチュウ(neo3)をメインとした雷の速攻デッキです。
181223_003.jpg

タッツー・シードラの弱点を突くことで進化する前に高速で刈り取り、進化されてもプラパ+全トラッシュ「らいげき」の90打点により回復を許しません。
キングドラはシードラのワザを使うためポケモン育て屋さん(今で言うふしぎなアメ)を使うことはできないため、確実に進化する前に刈り取ることが可能。

「らいげき」で全エネトラッシュした後に生まれる隙を埋めるためにマルマイン(第一弾)を採用。相手に育てる隙を与えません。
181223_004.jpg


この「スライ」という名前にも元ネタがあり、「ノーウォーター」同様マジックのデッキから付けられています。

MTG Wikiより
スライ(Sligh)は、赤を中心とした、マナカーブとダメージ効率を重視した超速攻ウィニーデッキ。または、赤を中心としたビートダウン系デッキの総称。デッキ名はPaul Sligh(ポール・スライ)のラストネームに由来する。


ライチュウデッキはその速攻っぷりと逃げ切る動きが似ているから「スライ」と付けられたのでしょう。
また、″スーサイド・ライチュウの略だから「スライ」″とも言われていたらしいです。
この略は後付け臭いですがエネエネを多用するところはまさにスーサイド。
どうでもいいけどスーサイドって言い回しも古のマジックっぽいですよね。



やりたいこと


ピカチュウ(プロモ/QSG)の「じゅうでん」→ライチュウに進化し「らいげき」でサイドをリードしたら、以降エネエネ+らいげきで80ダメージ連打。
逆指名やまきベトで相手のやりたいことをさせないようにしつつ盤面の優位を維持しながらサイドを取り続け、そのまま相手に追いつかせず逃げ切ります。

最大打点が80なのでリザバクのような大型のポケモンをずらずらと並べるデッキは苦手。
また、「エネエネ」を多用するので序盤にサイド差つけられると巻き返しにくいです。



デッキレシピ


殿堂ランク:関東オフ用殿堂ランク2018
4 ピカチュウ(プロモ/QSG、「じゅうでん」持ち)
4 ライチュウ(neo3)
3 ビリリダマ(拡張シート)
1 ビリリダマ(ロケット団)
2 マルマイン(第一弾)…☆☆×2
2 ドードー(第一弾)
1 ドードリオ(ジャングル)
ポケモン:17枚

10 雷エネルギー
エネルギー:10枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 マサキ
3 クルミ
1 ナツメの眼
3 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
3 夜の廃品回収
4 ポケモンぎゃくしめい…☆×4
4 プラスパワー
2 まきちらせ!ベトベトガス
トレーナー:33枚



個別解説


ピカチュウ(プロモ/QSG、「じゅうでん」持ち)
181229_003.jpg

初手に来てほしいカードなので4枚。
「10まんボルト」は非効率極まりないので基本的に使いません。
50ダメージが欲しいならプラパ付けて「らいげき」を使いましょう。


ライチュウ(neo3)
181229_002.jpg

何が何でも2ターン目に出したいので4枚。
「らいげき」は相手の展開が遅いようであれば無理にエネトラッシュせずに40ダメージ2発で倒しつつ後続を育てた方がいいことも多いです。
「でんきショック」も地味に優秀で反撃を貰わずに「らいげき」圏内に押し込むことができます。


ビリリダマ(拡張シート×3、ロケット団×1)
181229_012.jpg181229_001.jpg

突風から倒されやすいため2匹並べられるようにするため4枚。早ければ3ターン目からエネエネするデッキでもありますし。
3枚入っている拡張シートのものはにげ0なんでドードリオなしでも逆指名を使いやすいです。

1枚だけ入っているロケット団のものは対悪クロ意識。
HP40あり「とつぜんかみつく」2回必要なため倒されにくいです。
関東オフは殿堂ランクの都合悪クロ減っているので素直に拡張シート×4でよかったかも。


マルマイン(第一弾)
181229_004.jpg

雷二個エネルギー。
雷エネルギーが入っているので一応攻撃もできますがほぼほぼエネルギーになります。


ドードー(第一弾)
181229_018.jpg

ドードリオの進化前。にげ0かつHP50で最低限攻撃できるワザ持ちと本当に優秀。
初手に来たらとりあえず出しましょう。
本命のピカチュウが余計なダメージを受けずにすみます。


ドードリオ(ジャングル)
181229_005.jpg

「ポケモンぎゃくしめい」とのコンボが強力なので2枚入れていましたがドードリオへの依存度が高くないので1枚削減。
にげ0とアタッカー(ライチュウライン)と自分からバトル場を離れられるマインで構成されているのである程度はプレイングで対応可能です。
もちろん出せれば強力です。


雷エネルギー

10枚だと1ターン目のピカチュウの「じゅうでん」後、残りの8枚から1枚引き当てないと2ターン目にライチュウの「らいげき」が使えないので結構シビア。
ドロソ使って無理やり引きにいくくらいなら元のエネ枚数増やした方が強いのでは?と考え12~3枚にしていたものの、ドロソが足りず序盤出遅れて負けることが多かったので少しずつ減ってこの枚数。
エネ消費の激しいデッキでもあるので減らした分は夜の廃品回収を増やしてエネ総数をごまかす形に。


オーキドはかせ・ウツギはかせ
181229_008.jpg181229_016.jpg

手札を増やせるメインのドローカード。


マサキ
181229_017.jpg

オーキド・ウツギにたどり着くためのカード。マサキだけで必要なカードを探すのは難しいので博士への繋ぎのカードという認識。
元々は3枚でしたが序盤の動きを安定させるために4枚に。


クルミ
181229_014.jpg

ドローソースというよりもオーキドで後に必要となるカードを山に戻すためのカード。
オーキドとクルミという組み合わせはフレーバー的にも噛み合っていますね。(ラジオ「ポケモン講座」)

どーでもいいことですが海外版でもイラストは日本版と同じ。
2018-12-29_114242.png2018-12-29_114258.png


なので、海外版にもかかわらずメジロの50円切手がイラストに使われています。
2018-12-23_135222.png


ラジオ番組=ハガキのイメージなあたり旧裏感ありますね。


ナツメの眼
181229_013.jpg

大振りなクルミ。
ダブついている廃品プラパ逆指名を一気に戻すために使うカード。
元はクルミ×4でしたが大量にトレーナーを戻したい状況が多かったので1枚クルミから変更。


ポケモン交換おじさん×3・礼儀作法×1
181229_010.jpg181229_011.jpg

1枚だけ入っている礼儀作法は元々交換おじさんだった枠。
1進化メインのデッキなので手札で不要な進化カードが腐ることが少なく、戻す弾がない状況が目立ったので1枚作法に変えました。


夜の廃品回収
181229_009.jpg

消費が激しい割に少ないエネ枚数を補うためのカード。
エネ3枚orエネ2枚+マルマインみたいな戻し方が多いです。


ポケモンぎゃくしめい
181229_015.jpg

ベンチ呼び出し。
相手が育つ前に刈り取るデッキなので殿堂ランクの都合2枚しか積めない突風よりも4枚積める逆指名の方が強いです。
アタッカーorにげ0以外のポケモン(ピカチュウ、HP40ビリリダマ)を迂闊に出すと逃げるコストを要求されて自分の首を絞めることになるのでポケモンの出し方は気を付けましょう。


プラスパワー
181229_006.jpg

相手が展開する前にたねポケモンを狩りたいデッキなのでエネトラッシュなしにHP50のポケモンを倒すために採用。
鋼付きのポケモンを相手するときにも有用。


まきちらせ!ベトベトガス
181229_007.jpg

メガニウム(neo1)「おいしげる」など止めて反撃を貰わずに攻撃できる状況を作ったり、ベトベトン(化石)の「かがくへんかガス」を消して「エネエネ」を使ったりと使い道は色々。
もちろんバリヤード(ジャングル)対策でもあります。



新殿堂で組むなら


新殿堂対応。
1枚ポケセンを入れると相手にサイドを追い付かれにくくなります。削るならプラパでしょうか?
また、ドンファンやヌオーなどの雷抵抗持ちをどうしても見たいのであればドードーかビリリダマを1枚R団のストライクに変えると良いと思います。



おわりに


というわけでスライでした。
初めて聞くと何だかわからないデッキ名は本当にこの時代らしいですね。

せっかく旧裏のこと書くならかつての個人サイト時代の「☆」(※スターミーのこと。ゲーム用語)とか「ゲソ」(※ゲンガーのこと)とかもう失われたあの空気を面白半分に復活させたいですね。
現代風にアレンジするなら絵文字を使うとそれっぽいかもしれない。「スピアーに💀💀💀さんばいどくされて負け」みたいな感じでw

……デッキとは一ミリも関係ない話題に脱線してきたのでこの辺でやめましょう。
それでは!



【お知らせ】
①:KGさん主催の旧裏対戦会
日時:1/19(土)12:00~
場所:バトロコ(高田馬場)
2019年の旧裏始め! ご都合の良い方、興味のある方は奮ってご参加ください。
貸出デッキ有り。 希望あれば新殿堂デッキも持参します。

②:おかしょーさん主催「アサギのとうだいオフ」
日時:2019年2月17日(日) 10:00~19:00
場所:板橋グリーンカレッジホール3F 教室1A
VC金銀&旧裏ポケカの複合オフ。僕もスタッフとして参加します。
詳細は下記サイトをご覧ください。
【手ぶらでOK!】アサギのとうだいオフ【体験型金銀世代オフ】
スポンサーサイト

Comment

Add your comment