FC2ブログ

【ポケモンカード旧裏】デッキ紹介「化けるキレイハナ」 

2018-03-22_231832.png

デッキの成り立ち



2011年頃 (こいつ7年もやってるのかよ……)


ナゾノクサを使うデッキが組みたい!


→ サザンラフレシアを使おう

171016_rahuresia.png


旧裏当時すごく好きだったカード。
イラスト可愛くてラフレシアにしては攻撃性能が高くて何よりサザンアイランド特有の光り方がすごく綺麗。


でもこいつ強いのか……?

当時は強そうに見えましたが、イマイチどう使えばわからずもっと詳しくなってから組もうと保留しました。




もっと強い動きのできる(加えてププリン出された瞬間投了にならない)ナゾノクサ系といえば……



キレイハナ!!

171016_kireihana.png


当時買ったneoスターターから出てきたカードということもあり思い入れのあるカード。
背景の緑とキラ加工が最高にマッチしていて美しいし何よりキレイハナが可愛すぎる!!

デッキが完成。確かこんな感じだった。
4 ピィ(neo1)
4 ナゾノクサ(ジャングル)
3 クサイハナ(ジャングル)
4 キレイハナ(neo1)
2 チコリータ(イントロneo)
1 ベイリーフ(PF1)
2 メガニウム(neo1)
2 ミニリュウ(第一弾)
2 わるいハクリュー(ロケット団)
ポケモン:24枚

4 オーキドはかせ
2 ウツギはかせ
4 マサキ
3 ポケモン育て屋さん
2 エリカ
2 ナツメの眼
1 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
2 パソ通
1 きあいのハチマキ
1 ワープポイント
1 突風
1 夜の廃品回収
1 タイムカプセル
トレーナー:26枚

10 草エネルギー
エネルギー:10枚

新殿堂ランクで★23点分も使ってるのに弱そうなのがすごい。

PCG中期のノコッチ(ADVex)+ケッキング(ADV1)+メガニウムex+ピジョット(PCG1)みたいな感じにしたかったんだと思います。
序盤の壁兼展開役+アタッカー+加速要員+置物展開要員の構成。

リザバクに勝てないのは仕方ないものの、エレブーやエビワラーの入っているプクリンに対しても芳しくない勝率。
この時は強くないという結果で終わりました。



時は流れ2013年

旧裏オフと殿堂ランク最終版の存在を知り、オフに参加するようになる。
もちろんキレイハナデッキにも再挑戦。

確かんこんな感じだったはず。
殿堂ランク:旧裏面殿堂ランク全プロモカード対応Ver
4 ナゾノクサ(ジャングル)
2 クサイハナ(ジャングル)
4 キレイハナ(neo1)
2 チコリータ(イントロneo)
1 ベイリーフ(PF1)
2 メガニウム(neo1)
2 ミニリュウ(第一弾)
2 わるいハクリュー(ロケット団)
1 ププリン(neo2)
ポケモン:20枚

4 オーキドはかせ
3 ウツギはかせ
4 マサキ
1 エリカ
2 クルミ
1 ナツメの眼
1 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
4 ポケモン育て屋さん
3 きあいのハチマキ ★★★
1 突風★
1 ワープポイント
1 エネルギースタジアム
1 学習装置
1 夜の廃品回収
1 タイムカプセル
トレーナー:30枚

10 草エネルギー
エネルギー:10枚

展開が遅い上、並べるのも一苦労。
並べる前に攻め込まれると負けてしまうので、キレイハナと違い単体で強いメガニウムで戦うことがすごく多かったです。
キレイハナデッキとしては失敗でした。
その後新殿堂ランクに対応させるもあまりの微妙さにフリーでも使うことなくキャリングケースで眠ることに。



そして2015年末

ベトベトン(化石)ブーム到来。

171016_089_MUK_IS_GOD.png

「微妙スペックのポケモンでもベトンと組み合えわせればデッキになる」という教えのもと、得体の知れないデッキを量産していました。(最近似たような理屈どっかで聞いたな……)
ベトベトン教の教えに従いキレイハナデッキにリベンジすることに。

たしかこんな感じ。
殿堂ランク:旧裏面殿堂ランク全カード対応Verβ
4 ナゾノクサ(ジャングル)
4 クサイハナ(ジャングル)
4 キレイハナ(neo1)
3 ベトベター(化石)
1 ベトベトン(化石) ★★
1 コラッタ(ロケット団)
1 ブビィ(イントロneo)
ポケモン:18枚

4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
2 マサキ
3 ナツメの眼
3 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
3 夜の廃品回収
2 突風 ★★
1 ワープポイント
1 エネルギースタジアム
2 学習装置
2 ロケット団参上!
トレーナー:32枚

10 草エネルギー
エネルギー:10枚

→ 弱かった

ベトン出してもHP低過ぎで適当な1進化ポケモン相手にやられてしまう。
肝心の攻撃面は60ダメージ与えるので精一杯。最悪なことに30ダメージフラワーダンスをせざるを得ない時が目立ちました。
90くらい安定して出せればベトン系デッキ最強の座を手に入れられたのに……。


遅くしてもダメっぽいので開き直って徹底的に速さを追求しよう。

→そこそこ強かった。

こうしてこのデッキが生まれました。


やりたいこと


1ターン目

yaritaikoto1.jpg

タケシのロコンとビリリダマを並べる。



2ターン目

yaritaikoto2.jpg

タケシのキュウコンに進化、キレイハナに化けてエネエネから化けて舞う!


デッキリスト


殿堂ランク:旧裏面殿堂ランク全カード対応Verβ ※関東殿堂18にも対応
2 ナゾノクサ(ロケット団)
2 クサイハナ(ジャングル)
4 キレイハナ(neo1)
4 タケシのロコン(ジム拡張1)
4 タケシのキュウコン(ジム拡張1)
3 ビリリダマ(拡張シート)
2 マルマイン(第一弾) ★★★★
1 ジュゴン(第一弾)
ポケモン:22枚

トレーナー:
4 オーキドはかせ
4 ウツギはかせ
4 クルミ
2 マサキ
3 ナツメの眼
4 ポケモン交換おじさん
2 礼儀作法
3 夜の廃品回収
2 突風 ★★★★
1 ロケット団参上!
トレーナー:29枚

9 草エネルギー
エネルギー:9枚


個別解説


ナゾノクサ(ロケット団)
171016_043_pmcg4.png

かわいい。ポケモンってたくさんいるけどナゾノクサが一番かわいいと思う。
隣でじっとしてるかえるくん(非ポケモン)もかわいい。

★ナゾノクサ豆知識
別名アルキメンデス。
アルキメンデスとは大塚食品が製造していたカップ麺の名前。
歩きながら食べられるから「アルキメンデス」。もちろんアルキメデスをもじってます。
残念ながらあまりおいしくはなかったそうです。

ナゾノクサ語りはさておきデッキ解説の方に戻りましょう。
ワザはどちらも無難に優秀。
「どくのこな」は抵抗力持ちのハガネールを強行突破する時に特に有効です。


クサイハナ(ジャングル)
171016_kusaihana.png

こちらもワザはどちらも優秀。
「くさいにおい」は貴重な確定混乱にできるワザ。
時間稼ぎやバリヤード(ジャングル)突破に役立ちます。


キレイハナ(neo1)
171016_kireihana.png

このデッキの主力。
見た目以上に並べやすいのでフラワーダンスがバカみたいなダメージを叩き出します。
「あまいみつ」はすることがない時に表が出れば得するのでたまに使います。
表が出る前提で試合展開を組み立てると5割で悲しみを背負うので全く期待しないで使うのが基本。


タケシのロコン
171016_037_gym1_mitsumeru.png

めっちゃみつめてくる狐。
時間稼ぎができるので進化前にしては優秀。


タケシのキュウコン
171016_038_gym1.png

進化ポケモンを重ねることでそのポケモンになることができるキュウコン。旧裏にしか存在しない変わった能力。
その昔、わるラフやプテラに化けて完封するロックデッキが横行したせいで化けた先の特殊能力が使えなくなるエラッタがかかりました。
ですが元々特殊能力を使わないキレイハナ的には何の問題もない。2ターン目に2匹くらい並べたいので4投。


この「ばける」を使えば進化前を入れなくてもあらゆるポケモンを出すことができます。MサチコEXも理屈の上では出せてしまいます。

じゃあ特殊能力を使わないデッキなら進化なんかさせずにタケシのキュウコンを使った方が強いんじゃないの?と思うかもしれないが、そういうわけではありません。

特殊能力で化けているため、「まきちらせ!ベトベトガス」を使われたり、マヒやねむり状態になったりするだけで解除されてしまいます。
まきベトを使われたらそのターン化け直すことはできないため事実上の1回休み。

それでも優先させる理由は速さ
1進化させて「ばける」で重ねればいいので、ナゾノクサを普通にキレイハナまで進化させるより1ターン早く動くことが可能。

育て屋使えばいいんじゃんと思うかもしれませんが、手札に育て屋とキレイハナが揃わないと機能しないため安定性が低く事故要因になってしまいがちです。

具体的には「手札に育て屋はあるけど進化先がない」みたいなかみ合わない手札。
そういう手札でオーキドを使えばリソース切れに陥ってしまいますし、ウツギを使ってもそのターン育て屋は使用不能で展開が遅れてしまいます。

リザバクのように並べば制圧できるデッキならともかく1ターンも無駄にしたくない速攻デッキで手札事故のリスクは取りたくない。
サーチ可能で手札の組み合わせの要らないタケキュウを採用することで安定して速攻を狙えるようになりました。


ジュゴン(第一弾)
171106_IMG_20171106_0001 5

このデッキにはあらゆる進化ポケモンになれるタケキュウに加え、あらゆる色のエネルギーになれるマルマインも入っています。
せっかくなので進化前なしで化ける専用の面白進化ポケモンとして投入。

2ターン目に安定して50ダメージを出せるため、炎相手限らず序盤のアタッカーとして使うことも多いです。

海外版はイラストは日本版では途切れている部分まで見ることができます。こっちのが好き。



ビリリダマ(拡張シート)
171016_100biriridama.png

逃げるがないやつ。ビリリダマなのにイラストはそんなに丸くない。
どうせエネ化するし逆指名が入っていないので悪クロにほんのり強い第一弾に何枚か差し替えるのもアリ。
※HP30だとこっそりかみつく+とつぜんかみつくで気絶しますが、40だととつぜんかみつく×2orこっそりかみつく×2+とつぜんかみつくを要求できるため悪クロに倒されにくくなります。ものすごく地味ですが悪クロ側からすると大きな違い。


マルマイン(第一弾)
171016_101_pmcg1_small.png

速攻デッキのすごいお供。こちらはすごく丸い。
サイド献上するものの2ターン目に3エネ揃います。「フラワーダンス」の3エネという重さをカバーしつつ後続の育成まで始められる。

1ターン目、2ターン目ともにエネを貼れれば合計4エネ揃うので初手ナゾノクサでも2ターン目から動けてしまう。これはメガニウムにはできない芸当。

※こういうこと

1ターン目:ナゾノクサに草エネ貼る。適当に「どくのこな」あたりで攻撃。

kouiukoto1.jpg


2ターン目:タケシのキュウコンに進化。ナゾノクサを逃してタケキュウに草エネ貼ってエネエネ(計3エネ)

kouiukoto2.jpg


あとはキレイハナに化けて踊ろう。

kouiukoto3.jpg



展開用カード
(オーキドはかせ×4、ウツギはかせ×4、クルミ×4、マサキ×2、ナツメの眼×2、
ポケモン交換おじさん×4、礼儀作法×2、夜の廃品回収×3)

ポケモン交換おじさん×4、礼儀作法×2
171016_t_qsg_pokemonkoukanojisan.png171016_t_gym1_reigisahou.png

今まで組んできたキレイハナデッキとの最大の違い。
死ぬほどドローできるゲームだからといってサーチカードが弱いわけではない。このデッキのようにパーツを多数要求するデッキなら他のカードよりも優先度は高い。安定感が全然違う。

ナツメの眼
パーツを切りたくないけど動きたい時に無理矢理動くためのカード。
5枚目、6枚目のウツギとしての採用。正直あまり強いカードではないのでオーキドでよくトラッシュ送りされる。

夜の廃品回収×3
171016_t_pmcg4_yorunohaihinkaishuu.png

場にキレイハナが並んでいなとダメージが出ない。回収しやすくするため多めの3積み。


突風×2
171016_t_qsg_toppuu.png

速攻を仕掛けるので育て途中のポケモンを狩れるとおいしい。
適当に入れても強いカード。


ロケット団参上!
171016_t_pmcg4_rokettodansanjou.png

キレイハナがサイド落ちすると並べにくくなるので確認用。進化ラインや突風がサイド落ちしていた時に使う。
ロケット団参上!⇒エネエネは相手に好きなカードを引かれてしまうので必要なければ使わないようにする。



使ってみて


とにかく楽しかった。
90~120ダメージを当然のように叩き出せて本当にもう最高でした(語彙)。
今まで回らないと諦めていたものが回るんだもん。そりゃ興奮するって!

向こうがHP70を一撃で倒せないのもあってメガバナは割と勝てます。
2ターン目にメガニウム+フシギバナみたいな動きをされるとされるとキツイですが。

ハガネールは相手が低速なのとこちらが超火力だったのもあって意外にも詰みませんでした。(それでも抵抗は辛い)



おわりに


特殊能力潰しに弱すぎるので一線級とは言い難いですがフラワーダンスの爆発力を楽しめる形にできました。

デッキ紹介を書いているときに思ったのですが、タケシのキュウコンの「育て屋よりも安定して2進化ポケモンを1ターン早く出すことができる」という点はあまり研究されていないので、色々面白い組み合わせができるのではないかと思いました。


今回はこの辺で。
それでは!
スポンサーサイト

Comment

Add your comment