ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。

4/25関東旧裏オフ 貸出可能デッキ一覧

間近に迫った関東旧裏オフ!(オフ会の詳細はこちらの記事をご覧ください。)
デッキの数が少ない・持っていない方でも対戦できるよう貸出用デッキを準備しています。
全部解説するのは大変なので簡単に概要だけ。

メガニウム・フシギバナデッキ

ハガネール・カブトプスデッキ

悪いマタドガスデッキ

オーダイルデッキ
オーダイルで100ダメージ超えの「ぎゃくりゅう」を連打する豪快なデッキ
トラッシュ交換という旧裏にしか存在しない独自の効果を持つ不思議なカードを多様するところがまた魅力

リザードン・バクフーンデッキ
バクフーンの「ファイヤーリチャージ」を使いリザードンの「ほのおのうず」を連射する豪快なデッキ
エネルギーを加速して大ワザを打つタイプのデッキ

わるいゲンガーデッキ
眠り判定のコイントスが2回になる特殊能力「ふかいねむり」を使いじわじわと追い詰めるデッキ

ドンファン・ベトベトンデッキ
ベトベトンで特殊能力を封じ、攻撃後にベンチに戻るワザ「こうそくスピン」を使い、
相手の攻撃を回避できるルール持ちのベイビィポケモンを盾にするデッキ

悪いラフレシア・ゴーストデッキ
トレーナーカードを封じる「アレルギーかふん」+「ポルターガイスト」の恐怖のコンボデッキ
ハマると本当に一方的な展開になります

ライチュウ・マルマインデッキ
マルマインを使ってエネ加速し、相手が展開する前に逃げ切るデッキ

キングドラ・ベトベトンデッキ
ベトベトンで特殊能力を封じ、キングドラと大量のポケモンセンターで粘り勝つデッキ

バクフーン・マルマインデッキ
バクフーンの特殊能力「ファイヤーブースト」やマルマインの「エネエネ」でエネルギーを集め
自滅しない「じばく」とも言える高性能なワザ、「かえんぐるま」を使うデッキ

キレイハナ・メガニウムデッキ
キレイハナの数だけダメージが大きくなる「フラワーダンス」を使うデッキ
ナゾノクサ系好きにオススメ

ウインディ・バクフーンデッキ
プロモのウインディの「いかりのほのお」を使うデッキ
スポンサーサイト
[ 2015年04月20日 00:52 ] カテゴリ:お知らせなど | TB(0) | CM(0)

貸出デッキ紹介③『悪いマタドガス』

0419_matadogasu.jpg

4 わるいマタドガス
2 ドガース(イントロ)
1 ドガース(第一弾)
1 ドガース(拡張シート)☆
3 タケシのキュウコン
4 タケシのロコン(みつめる)
1 スピアー(neo2)

3 鋼エネルギー☆☆☆
6 草エネルギー

4 オーキドはかせ
2 ウツギはかせ
4 マサキ
4 マサキの転送装置
2 クルミ
3 ナツメの眼
2 礼儀作法
3 エリカの親切
2 ディフェンダー
2 ロケット団のアジト
1 学習装置
2 突風☆☆☆☆
3 夜の廃品回収

概要
ドガース・マタドガス・悪いマタドガスの数×20ダメージを与えるワザ「みんなでばくはつ」で攻めるデッキです。
4匹までしか入れられないので80ダメージのように思えるかもしれません。(それでも2エネ80ダメージは十分強力ですが)

重ねた進化カードになれる特殊能力「ばける」を持つタケシのキュウコンと組み合わせることで場をドガース系で埋め尽くすことが可能となります。
6匹並べられれば一撃必殺の120ダメージまで叩き出せるのです!

こんな方にオススメ
・マタドガスが好きな方
・旧裏にしか存在しない不思議な特殊能力「ばける」を使ってみたい方
・並べて大ダメージを出すデッキやカードが好きな方
・ロケット団に憧れている方


カード個別解説
悪いマタドガス
主力のポケモン。
前述のとおり、エネルギーが少なく強力な「みんなでばくはつ」が強力です。

鋼エネルギー
「みんなでばくはつ」のダメージを軽減するエネルギー。
鋼ポケモン以外につける自身の使うワザのダメージが-10されるデメリットがありますが、この効果、自分へのダメージも適応されます。
自分から自分に与えるダメージが-10され、さらに自分のワザから受けるダメージが-10されるので自分へのダメージ無しでワザを使えるのです!

そう言われても中々ピンと来ないと思うので実例を見てみましょう。

たとえば4匹の悪いマタドガスが場にいる状態で「みんなでばくはつ」を使ったとします。

4匹なので20×4で、基本のダメージは80です。
鋼エネルギーの効果で相手へのダメージ → 80 - 10 = 70
自分へのダメージ20 - 10(与えるダメージ減少) - 10(受けるダメージ減少) = 0
自分のベンチへのダメージ 20 - 10 = 10

草鋼の2枚で相手のポケモンに70ダメージ、自分へのダメージ無し、ベンチの悪いマタドガスには10ダメージ。
恐ろしく効率的なワザです。
鋼をコストに要求する感じがδ種みたい。

タケシのキュウコン
特殊能力「ばける」によりドガース系のかさ増しができます。
特殊能力を無効化されると解除されてしまうため、ププリンの特殊能力「じっとみる」や
まきちらせ!ベトベトガスを使われそうな状況(相手の手札が多い時など)では不要に化けさせないようにする必要があります。
化けるためだけにカードを入れることでデッキの柔軟性を上げることができるいいカードです。

スピアー(neo2)
化けるためだけのカード。
草抵抗を持つ鋼ポケモンを三倍毒で強引に突破したするのが主な役目。
逃げるコストが0なのでバトルポケモン気絶後に一時的にバトル場に出すカードとしても役立ちます。

ドガース(拡張シート)
ダメージを受けるとデッキからドガースを探して場に出せるカード。
自分のポケモンからのダメージでも分裂するので、ベンチに置いてドガース供給要員として使っていくことになります。

ディフェンダー
タケシのキュウコンがいるとはいえ、やはり6匹ドガース系で埋めるのは簡単ではありません。
ドガース系が5匹の時、HP100のポケモンを一撃で倒すため、あえて鋼エネルギーを貼らない事があります。その時はディフェンダーでフォローします。
もちろん、単純に相手の攻撃からマタドガスを守るために使うことも多々あります。

エリカの親切
お互いの場のポケモン全員からダメージカウンターを2個ずつ取り除くカード。
普通のデッキではまず使わないカードでしょう。
傷ついた控えのドガース系のポケモンの気絶を防ぐことができます。

ロケット団のアジト
悪いポケモンのHPを20上昇させるカード。
このカードのお陰でマタドガスは見た目以上の硬さになります。
HP60しかない悪いマタドガスですが、このカードと鋼エネルギーを併用することで90ダメージまでの攻撃を耐えることが可能になります。
ディフェンダーを追加すればリザードンの「ほのおのうず」さえ耐えてしまいます。

最後に
悪いマタドガスデッキ、いかがでしたでしょうか。
主力こそロケット団収録のカードですが、ジム拡張でタケシのキュウコンとエリカの親切、拡張シートで「ぶんれつ」持ちドガース、
neo1で鋼エネルギー、そしてneo3でロケット団のアジト、このようにじわじわと強化された結果生まれたデッキなのです。

このへんで貸出デッキ紹介③は終わります。
それでは。
[ 2015年04月19日 16:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

貸出デッキ紹介②『ハガネールカブトプス』

貸出デッキ紹介②『ハガネールカブトプス』

貸出デッキその②です。
どうでもいいですが、イワークとカブトプスは金銀のタケシの手持ちポケモン。
個人的にポケモンカードneo版タケシデッキだと思ってますw

0419_haganeru.jpg


概要
基本的にHP110もある巨大なポケモンをぶつけるだけ。
シンプルかつ強力なデッキです。

こんな方におすすめ
・攻めよりも守りが好きな方
・ハガネールが好きな方
・カブトプスが好きな方
・キラエネルギーが好きな方
・3年前(※1996年)は上半身裸で過ごしていた細めの方

個別解説
ハガネール(neo1)
HPが異様に高いものの技は平凡、カードの作り方を理解していなかった初期特有のバニラカードといった趣ですが、
旧裏環境では強力なカードの1つです。

鋼エネルギー
ダメージを-10する効果を持つ特殊エネルギー。
この時代の鋼エネルギーは特殊エネルギーのみ。その上キラレア。光沢具合や枠の色との
HP110のハガネールに付けた場合、一撃で倒すには120ダメージを与える必要があります。
2発で倒そうと思うと70ダメージ、3発で倒そうと思うと50ダメージ・・・と攻撃回数が増えれば増えるほど-10の差がでてきます。

鋼エネルギーが2枚、3枚と付いてしまうと攻撃力の低いデッキは太刀打ち出来なくなってしまいます。
悪いゲンガーやドンファン(neo1)などの低速デッキには無類の強さを持ちます。

イワーク(neo1)・プテラ(neo3)
イワークは自身に乗っているダメカン*10ダメージを追加できるワザ「いかり」を持っています。
そして、プテラの特殊能力「げんしのきおく」は進化前のワザを使えるようになるもの。
高いHPを持つハガネールならば「いかり」を存分に生かせます。

カブトプス(neo2)
ハガネールは強力です。
しかし、弱点な上に大ダメージを与えてくる炎ポケモン相手では自慢の耐久力は全く役に立ちません。
そこで必要になるのが相性補完のサブアタッカー。
カブトプスは闘エネルギーで攻撃でき、その攻撃力も十分。
その上、プテラと進化前(なにかの化石)を共有できる完璧なサブアタッカーです。
進化前のカブトは一度場に出せれば特殊能力で増えてくれるので戦線を維持しやすく
ひたすらカブトプスを出し続けるデッキとして機能します。

R団のエビワラー・グライガー
たねポケモンのかさ増し。イワーク4枚だけでは引き直しが増え、かなりの枚数を相手に引かせてしまいます。
HP60なので1キルされにくいのも重要。

学習装置
相手が炎デッキでカブトプスデッキとして運用する際に欲しくなるカード。
展開を許してしまい、相手の場にバクフーンが溢れても息切れしなくなります。

エコロジム
エネルギー・リムーブ対策・・・ではなくスタジアム破壊用。
他のスタジアムでもいいですが、エコロジムならリムーブにも多少対策になるので採用。

ポケモン入れ替え
交代カード兼状態異常対策。
このデッキは攻撃力が低いため、ワープポイントでは手負いの相手をベンチに返してしまうことが多いのでこちらを採用。


最後に
鋼エネルギーを貼るととにかく硬い!2枚、3枚貼るともっと硬い!!
圧倒的な硬さで耐えて耐えて耐え切ってやりましょう。
でも、オーダイルだけは勘弁な。

こんなところで貸出デッキ紹介②は終わります。
それでは。
[ 2015年04月19日 16:31 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(0)

関東旧裏オフ 貸出デッキ紹介①『メガバナ』

ここしばらく忙しく、中々更新できない状況でしたがようやく落ち着きました。
今回は4/25開催の関東旧裏オフ用の貸出デッキを紹介します!

megabana_kashidashi.jpg


メガバナ
ポケモン
4 フシギダネ(拡張シート)
2 フシギソウ(イントロ)
3 フシギバナ(第1弾)
1 わるいフシギバナ
4 チコリータ(イントロneo 3枚、PF1 1枚)
2 ベイリーフ(PF1 1枚、neo1 1枚)
3 メガニウム(neo1)☆☆☆
1 ストライク(拡張シート)
1 ププリン(neo2)☆

トレーナー
4 オーキドはかせ
3 ウツギはかせ
4 マサキ
3 クルミ
2 ナツメの眼
2 ポケモン交換おじさん
1 礼儀作法
4 ポケモン育て屋さん
1 パソコン通信☆☆
1 突風☆☆
2 ポケモンセンター
2 夜の廃品回収
1 エネルギースタジアム

エネルギー
9 草エネルギー

概要
メガニウムで草エネルギーを倍加させ、フシギバナのソーラービームを撃ちまくるデッキです。

草エネルギーを倍加させるメガニウムを出し、フシギバナやメガニウムでひたすら攻め続けます。
お馴染みの「エナジートランス」+ポケモンセンターのコンボも搭載しており攻守共に強力です。
わずか2エネで攻撃できるため、気絶してもエネルギーの損失が少なく、雑草の如く次のメガニウムやフシギバナが出てきます。


こんな方にオススメ
・メガニウムが好きな方
・フシギバナが好きな方
・2進化ポケモンを大量に並べて興奮したい方
・緑色が好きな方


カード個別解説
メガニウム(neo1)
「アロマスリープ」は一見とても重いワザですが、特殊能力「おいしげる」のおかげで実質2エネ40+眠りと非常に高性能。
ダメージは40とやや低めですが、眠りの追加効果のおかげで反撃を貰わずに相手を倒せる可能性があるのが魅力です。

フシギバナ(第一弾)
逃げるコストが2なので、ダメージを受けたら控えに戻り、特殊能力「エナジートランス」+ポケモンセンターは言うまでもなく強力。

チコリータ(イントロneo)
HPが50あり、1エネでダメージを与えられるだけですが、旧裏のチコリータはこれ一択というレベルに重要なカード。
進化前のたねポケモンのHPの多くは50以下。
1ターン目にたいあたりで10ダメージ、2ターン目に育て屋さんでメガニウムに進化しアロマスリープで40ダメージ与えてきぜつという流れが可能になります。
また、HP50あるため、ヒノアラシの「ひばな」やヒトカゲの「ほのおのしっぽ」による1キルを防ぐことができます。

チコリータ(プレミアムファイル1)
イントロneo版を4枚持ってないので妥協。

ベイリーフ(neo1)
最大80ダメージを出せる「ダブルはっぱカッター」はこのデッキの最高打点。どうにもならないシーンで役立つかもしれません。
メガニウムがいない限り2ターン目に進化させても攻撃できないので注意。

わるいフシギバナ
毒+眠り麻痺混乱のいずれかにできるため反撃を受けにくく、苦手な相手を強引に倒すことができます。

ププリン(neo2)
わるいラフレシアやプテラ、タケシのキュウコンの特殊能力を無効化するのが主な役割。
刺さらない相手には壁として使います。

ストライク(拡張シート)
露骨なドンファン+ベトベトン対策。
「おいしげる」発動時、このデッキで唯一1エネである程度のダメージを出せるので何かと役立ちます。


弱点
メガニウムとフシギバナは強力な反面、特殊能力に頼りきっているので特殊能力を封じられると途端に苦戦してしまいます。
永続的に特殊能力を封じられるベトベトンは天敵です。
幸い、このデッキの進化前ポケモンは割と戦える性能をしているので相手のデッキと回り次第ではチャンスがあるかもしれません。

炎弱点のポケモンで構成されているので炎系のデッキも当然厳しい相手です。
特殊能力を満足に使うことができるものの、相手のサイドを取る速さに追いつけずに負けてしまいます。
フシギバナは使わず、メガニウムの眠りでワンチャン狙っていく形になります。
学習装置を入れれば多少改善できるかもしれません。あとは開き直ってバリヤード(拡張シート)を入れてみたりですかね。


最後に
「エネ加速して重いポケモンで攻撃」という王道といえるコンセプトで組まれており、これといったクセもなく強力なデッキです。
いくつかの苦手なデッキ以外のデッキにはほとんど有利に戦えるほどの強さです。

デッキ紹介①はこのへんで。
[ 2015年04月19日 15:07 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR