ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新殿堂仕様デッキ『悪ラフポルター』

新殿堂仕様『悪ラフポルター』
3 ナゾノクサ(ロケット団)
1 わるいラフレシア☆×8
4 ゴース(化石)
3 ゴースト(拡張シート)
1 コラッタ(ロケット団)
2 ミュウツー(コロコロ)

3 オーキドはかせ
4 マサキ
4 マサキの転送装置
4 ナツメの眼
4 クルミ
4 エリカ
2 礼儀作法
3 ポケモン交換おじさん
2 ロケット団の暗躍
1 ロケット団参上!
4 ポケモン育て屋さん
1 ポケモン再転送
1 抵抗力低下ジム
1 学習装置

8 超エネルギー


殿堂ランク改訂によりコダックを入れることができなったため消えたと思われつつある悪ラフポルターです。
ププリンは完全に切っているのでププリンの多い環境では全く勝てないでしょう。

作成の経緯
Legendオンリー環境で、ファンデッキとしてラフレシアムウマージを組んでいました。
ラフレシアは場にいるだけでグッズを封じられるポケボディーを持ち、ムウマージはゴースト同様ポルターガイストを使えます。
しかし、この環境で使われるグッズに旧裏のリムーブや突風のような強力なカードがないため、
ラフレシア自体があまり強いカードではありません。(グッズの強いDPやBWと混ぜられる環境であれば劇的に強くなります。)
展開されると性能差で負ける上、展開にグッズを使われると打点がみるみる落ちてゆくので、
展開できるポケパワーを持つドーブルを4積みし、ラフレシアを可能な限り早く出せるようにしていました。

その後、去年の夏の関西オフでソラさんからトレードして頂いたPCG版の勝利のメダルの使い道を検討する中、
どさくさに紛れて上げるタイミングを失ったレポを上げるプレイング
Legendのラフレシアデッキに倣い、速攻でラフレシアexを出して完封を狙うデッキを思いつきます。

この環境は汎用性の高いサポーターサーチのトレーナーが蔓延っているため序盤のトレーナーロックはかなり効くのではないかと考えました。
また、このPCG環境特有のロック性能の高い強力なスタジアムを相手のスタジアムやスタジアム破壊のトレーナーカードから守ることもできます。
そんなこんなで組んだところ意味不明な展開をするデッキが完成。
普段使わないカードを大量に積み、異様な速さでラフレシアを出すデッキになりました。
結果はそれなりに強い程度といったところ。
ラフレシアの基本性能の低さが逆転を許させてしまいます。

以上のLegend・PCGで培った相手の展開前に無理矢理ラフレシアを出す戦略を旧裏に転用したのがこのデッキ。
ひたすらぶん回せる旧裏ではコダックが無くとも十分に動きます。
コダックと両立できたのが異常だったと言えるほどです。

基本的な動き

1ターン目
交換おじさんや礼儀作法を使いゴースとナゾノクサを出します。

2ターン目
大量のドロソでぶん回し、ラフレシアとゴーストを出します。
相手がエリカのドローに乗らないようならミュウツーも用意。

3ターン目以降
トレーナーの使えない相手に対し、ミュウツーやゴーストで攻撃。


カード個別説明

ドロソ
速攻でロックを決めて完封というのが狙いなので、安定して速攻で出せるよう過剰なまでに積んでみました。
一度にまとまった枚数の手札を握りたいのでオーキドは抑えて他のカードを優先。
ラフレシアや再転送やゴーストなど捨てたくないカードが多いのでクルミは4枚。

わるいラフレシア
場にいると互いにトレーナーカードが使えなくなります。
ラフレシアは出るたび出るたび何かしらのトレーナーロックをしていますが、
完全に封じるのはこのカードのみ。
ゲームをわかっていなかった黎明期だからこそ生まれた凶悪カードです。
エリカのラフレシアよりもエリカとマッチしたカード。

ゴースト
相手手札のトレーナーカードの数を参照するワザ「ポルターガイスト」の元祖。
むしろ、こいつが強かったからリメイクされていると言った方がいいでしょう。

ロケット団の暗躍
ロケット団のおねーさんの調整版で、ドマイナーカードの1つ。キーカードやドロソを戻させても2枚もドローさせてしまうため、
ドロソや戻したカードを引かれる可能性があり、妨害カードとしては力不足。そのため、使われることはほぼありません。
しかし、ドロソが死に札になるこのデッキではコスト踏み倒しでキーカードを抜きつつ打点増強を狙える超強力カードに大変身。
打つタイミングは2ターン目、ラフレシアを出す直前です。
エリカでドローした悪いハクリューやベトベトン、ベイビィポケモンを戻せると理想的。
そういえばロケット団の女幹部もラフレシアの使い手ですね。

ミュウツー(コロコロ)
相手がエリカでドローしない時の序盤のアタッカー。
オーキド博士からのエネルギー吸収の流れは美しい。

抵抗力低下ジム
超抵抗対策。
ドローできない状況のエネ切れを救ってくれるエネスタを潰す役目もあります。

ポケモン再転送
夜の廃品回収+交換おじさんよりもスマートにトラッシュの進化カードを回収できるスグレモノ。
聖なる炎でラフレシアが狙撃される→再転送+マサキ等で即回収という流れが定番。
汎用性がイマイチでマイナーなカードですが、回収コストの低さは評価できます。
マルマインを延々と再利用するデッキを組むなら廃品よりもこちらの方が強いのではないでしょうか。


入れようとしたカード
ピッピ(拡張シート)
対ベトベトン用の秘密兵器。こちらのラフレシアよりも早く出された場合、「このゆびとまれ」で引きずり出します。
普通、ベトベトン系のデッキは夜の廃品回収やポケモン再転送が積まれており、1回倒せる程度では十分な対策になりません。
しかし、このデッキは別。ベトベトンを倒した瞬間から再び花粉が飛び散り、ベトベトンはトラッシュから戻ってこれなくなるのです。

きのみ
ベンチ狙撃に対してちょっぴり強くなります。
単にバトルロードきのみがダブったので使いたかっただけだったり。


対処法
ププリンを出せればだいたい勝てます。ベトベトンやブビィ(neo1)もかなり有効。
ププリン・ブビィ・ベトベトンがない場合は、ラフレシアが出る前にトレーナーを掃けるだけ掃いて一進化で殴り勝つのが基本。
エリカのドローはスルーした方がいいです。
長期戦になればなるほどとゴーストの性能が凶悪になるので素早く倒すことを意識しましょう。


12月の関東旧裏オフで使用したところ、全試合で2ターン目にラフレシアを出すことが出来ました。
その試合は負けだったものの、ほえらさんのベトベトン入り無水に暗躍でベトンを戻すという狙った動きができて満足です。
決まってしまうとあまりに一方的なゲームになるのでフリー向きではありませんが、
トレーナー全ロックという荒削りな旧裏らしい効果を味わえるデッキです。
それでは。
スポンサーサイト
[ 2015年02月08日 20:53 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(0)

第2回関東旧裏オフレポート

大分遅くなりましたが、昨年12月の旧裏大会のレポートです。


昨年12月21日、秋葉原チェルモさんのデュエルスペースをお借りして旧裏大会を開きました。

参加者は、
neo1ヤミカラス無限回収家としてお馴染みのほえらさん
初参加でなんと宮城からお越しのHALさん、
関東在住で初参加のチャイさん
そして自分の4人。

前回は現行のプレイヤーに多数参加していただき中々の盛況ぶりでしたが、その日はジャンプフェスタと被ったようで小規模な大会となりました。
人数が少ないので大会は総当たり戦で行いました。

使用デッキは悪ラフポルター

vsチャイさん(プテラドンファン)

1ターン目にナゾノクサゴースを並べ2ターン目に悪ラフ降臨。そのままポルターガイスト連打で勝ち。
悪ラフは動きの都合上かなり一方的な展開にならざるを得ません。
この対戦では出されなかったものの、チャイさんのデッキにはプテラ(化石)が入っていました。
ラフレシアより先に出されていたら抵抗力で足掻くくらいしかできないところでした。

vsほえらさん
ほえらさんの使用デッキは前回同様無水ベトン。
特殊能力を封じるベトベトンを出されたら手も足も出なくなるため、相手がベトベトンを引き当てる前にサイドを取り切らねばなりません。

1ターン目にコダックを出されるものの超エネルギーを握れず頭痛を回避、こちらはナゾノクサとゴースを並べて終了。

2ターン目、エリカマサ転含む大量のドロソを使用し山札を掘っていく。
エリカを使うのでほえらさんの手札も増えていきます。

悪ラフ育て屋を握ったところで秘密兵器「ロケット団の暗躍」を使用!
こちらのエリカで引き当てたベトベトンには山札に戻ってもらいました。
万全の態勢から悪いラフレシアさんにご登場頂きポルターガイスト開始。
壁ポケモンを2匹ほど倒したところで豊富な手札からキングドラが出てきます。

ポルターガイストで倒すものの、キングドラを倒すのに10ダメージ足りず、
時間を稼がれた上、2匹ほどゴーストを倒されてしまいます。

こちらの残りサイドわずかまで追い詰めたところでベトベトンが登場。
ミュウツー(コロコロ)で応戦するも、倒すのに3発のサイコバーンでは打点不足。

さらにポケセンの回復も組み合わさり、そのまま押し返されて負け。
拡張シートピッピを入れていたら巻き返しを防げたかもしれません。


3戦目
vs HALさん(わるいクロバット)
高速展開から暗躍で悪いハクリューを弾き、ベロリンガ(ジャングル)に対し抵抗低下ジムを出してからポルターガイスト開始。
悪いハクリューを握らせないまま逃げ切って勝ち。
ベンチ攻撃もラフレシアの弱点ですが、悪いハクリューを出される前に強引に逃げ切りました。


4人中3人がロックデッキという結果でした。
景品は自分除く3人で山分け。


その後はフリー対戦とトレード。
ほえらさんに前々から約束していたトレーナーズ版悪エネルギーをトレード。

関西オフの景品に懐かしい攻略本を託しました。
田尻さんへのインタビューが興味深く、今読んでも面白い記事の当時ならでは攻略本です。

HALさんとフリー対戦。
HALさんは先ほど同様悪クロデッキ、対するこちらはタケシのキュウコンで色々なポケモンに化けて弱点を突くデッキ。
フーディンを握れずうまく弱点を突けなかったり、ベロリンガの巻き付くベロに化けるが解除されてしまい負け。
ばけるデッキは落ちた進化カードの回収が難しい。やはりポケモン再転送を積むべきなのか。

そんなところでイベントは終了。
午後からのイベントでしたが濃厚な1日でした。

次回は4月、区民会館の部屋を借りて朝から晩まで丸一日のイベントにする予定です。
[ 2015年02月08日 20:14 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)

今更ながらこっそり上げる関西旧裏オフレポート

だいぶ遅く……といいますか、次のオフが終わってしまいましたが、2014年7月の関西旧裏オフのレポートです。

出発前
今回は完全に準備不足。
1週間前から調整するするはずが色々時間を取られ、荷造りさえままならないまま出発の時間を迎えてしまいました。

1時間ちょっとで必死に荷物をまとめ、いざ出発。
駅に着いたところでだだちよさんに交換する予定のR団のファイヤーを忘れていることに気付く。
しかし、戻ると確実に詰む時間。
会場は日本一旧裏の集結する場所だし普通のキラレア程度なら誰かしら持ってるでしょと必死に言い聞かせながらバス乗り場へ。だだちよさんには本当に申し訳ない。

そして夜行で出発。
バス代をケチったせいで足元が狭い。

眠れたような眠れなかったような寝心地で千里ニュータウンに到着。3回目なんで慣れっこです。

IMG_4428.jpg



朝食&荷物の確認のためロッテリアへ。コアラのマーチがかわいい。

IMG_4431.jpg



正直ここでガッツリポケカを広げたくありませんが何を持ってるか確認しないとダメなのも事実。
なんせ自分でも何を持って来ているかわからないのだから。

荷物の発掘をしていると………

本戦用のデッキ&調整用のカードをストレージごと忘れていることが発覚

最後の最後に詰め忘れたらしい。


λ.......トボトボ・・・とガックリしながら2000年代初頭のノリで千里中央へ向かいます。

(´・ω・`)ショボーンとしながらモノレールに乗り、太陽の塔を過ぎ、気付くと南摂津。これで3回目の関西です。
モノレールに乗るのがかつての公式大会へと向かう感じを彷彿させます。

汗くs身を清めるために銭湯に。
お風呂身に浸かり旅の疲れと大会用デッキの件を水に流して身を清め、旧裏のメッカへと向かいます。

着いた時には持参の賞品の受付をしており、懐かしいグッズの数々が並び始めてしました。

IMG_4432.jpg



さて、これから栄光の盾を目指す戦いが始まるわけですが、肝心のデッキがありません。
予選開始までの1時間でデッキを組まなくてはなりません。
なんのデッキを組もうか、どうカードを集めようか途方に暮れていると、
なんと白音紅さんからデッキを貸していただけることに!
ありがとうございます!!

そして予選開始時刻に。
今回はガチャポンのシリーズの番号ごとにグループ分けがされるのです。


運命のガチャポンの中身は……


クリスタルタイプクリスタルイワークキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(死語)
妙に古い顔文字まで変換してくれるグーグル先生の高性能っぷりに感動です

懐かしのクリスタルイワークに興奮するものの、大事なのはガチャポンのシリーズ。
このシリーズで予選グループが決まります…!
シリーズは第2弾

なんと、デッキを借していただく白音紅さんと同ブロックになってしまいました。

白音紅さんは複数デッキを持っているとのことで借りるデッキを選ばせてくれました。
選択肢はカツブー単とレインボージム開発の山切れ狙い耐久デッキ。
速攻と耐久のどちらか。白音紅さん曰く耐久デッキはエリカやパソコン大暴走!などが大量に積まれており、
初見の相手にはかなり刺さるとのこと。当然、作者相手に初見殺し色の強いデッキは間違いなく機能しません。
だったら露骨にワンチャン狙っていけるカツブーを選択。
カツラや錯乱ジムを少しでも握れるよう露骨なワンチャン狙いカードことロケット団の実験をガン積みし、
いざ、勝負!

VS 白音紅さん(関西電力デッキ)
初手種なしで8枚ほど引かせてしまうもののカツラ&カツブー&後続のカツブー&礼儀作法を握るという鬼の引き。
これは圧倒的な速度と超火力で押し切れるのでは…!?

じゃんけんは負けで後攻。
白音紅さんの初手はパックの方のマチスのエレブー。

カツラのギャンブルなどでブン回し雷を2枚落とし充電。エネルギーが3枚。
次のターンエネを貼ると放電の期待値は60。
速攻をかけるつもりが一手遅くなってしまう。前に貼る意味が薄いので前のカツブーは諦め控えにエネ貼ってエンド。
また、ロケット団参上!により錯乱がサイド落ちしていることが判明。

IMG_4436.jpg


次のターンエレブーはもう一度加速。
前のカツブーを放置されて場が完成されてるのはもっとダメなので前のカツブーにエネ張ってとりあえず火を吹く。

次のターン白音紅さんはカツラ関係のドロソやスパイ作戦、エリカを大量に使い大量ドローしていきます。
エリカで引いても手札が赤くなるばかりなので少し引いた後はスルー
今思うと何枚まで引いても大丈夫かを考えて引けるだけ引くのが正しいプレイングでしたね。正直甘かった。

ここで白音紅さんはとんでもないカードを出してきます。

カスミの勝負

こちらが勝つとにせオーキドの逆襲的なカードに、負けても相手がオーキド博士の研究になってしまうのです!!
せっかく握れたカツラを戻されたら敗色濃厚、やめてくれ!!

幸いじゃんけんには負けたものの放電でダウン。このじゃんけんがこの日一番ヒヤヒヤした瞬間でした。

次のターン、控えのカツブーにカツラを使いマグマ噴出で当然の如くオーバーキル。サイドから錯乱を確保。

その後は控えから出てきた悪いライチュウが大暴れ。錯乱をR団のアジトで割られ、HPを底上げしてマグマ噴出を耐えたり、
圧倒的な運命力により現行シリーズ並の性能になったびっくりサンダーが炸裂し2匹まとめて気絶。
ラストのブーバーもエネ不足で殴れず負け。ブーバーを全てに錯乱カツラまで握れて負けてしまいました。

IMG_4439.jpg


初戦ということもあってかなり印象的な試合でした。カスミの勝負がここまで強いカードになるとは驚きです。


アンドリューさん(マジシャンズグリーン)
アンドリューさんの悪いベトベトンをメインにした毒系のデッキ。
逃げることを諦めているので毒状態にされて適当に粘られるだけでも負けかねません。
毒状態に苦しむことはなかったものの一進一退の攻防の末、こちらのポケモン切れで負け。

IMG_4445.jpg

速攻をかけれないと遅く後続が不足しがちなデッキなので初手に左右されます。


予選が終わってからはフリー対戦。

VS だだちよさん(グロスカイリュー)
もはや恒例行事となったPCG環境での対戦!
こちらは例の「虹色化石」を使用。
初手に恵まれHolon Fossilからオムナイトが登場し、よんでくるの大量展開。

IMG_4446.jpg


その後オムスターのひきずりだすで場を荒らし、カブトプスに封結を持たせて殴りかかります。
中盤、ワーポで封印が解け、デルタコントロールからメタグロス2匹とカイリューが並びました。さらにクリスタルビーチが登場。
再び封印の結晶で展開を封じ、クリスタルビーチを祠で割ります。呪われた祠のダメージでグロス2匹ダウン。

IMG_4447.jpg


ただちよさんはワープポイントで封印を解くも呪われた祠を割れず投了。

IMG_4448.jpg
やはり封結と祠の組み合わせは害悪極まりないです。


「グロスカイリュー」は聞いたことはありましたが戦うのは初めてでした。
こちらは低打点のデッキなのでメタグロスの軽さと鋼エネルギーによる耐久上昇が厄介です。
そして、メタグロスの展開能力は思ってる以上に高いです。
化石デッキ的には主力のオムスターを前に出しにくくなるのが辛いですね。


VS アンドリューさん(無水)
こちらはハガネールギャラドスデッキを使用。
回復カード山積みでジワジワと追い詰めるデッキにとって鋼エネルギーによるダメージ低減は猛烈に刺さります。
複数枚鋼が貼られて要塞と化したハガネールで勝ち。

IMG_4461.jpg


VS ソラさん(Here Comes Lugia!)
こちらはキレイハナデッキを使用。
こちらは順調に育つも、ソラさんはあまり動けず。
さらに頼みの綱の壁ベイビィをこちらがことごとく判定を突破しそのまま勝ち。

IMG_4462.jpg


VS スイカさん
ついにメガシンカカードを実践投入!これが幻のneo5弾環境だ!!
スイカさんはメガリザードンYの特殊能力で、アンノーンYが加速した超エネルギーを炎エネルギーに変え、メガシンカ元の特殊能力のファイヤーレイズで付け替え、炎の渦連射を目指すデッキ。
サブポケモンのミュウツーがメガミュウツーYもメガシンカできるY尽くしのメガデッキ!
こちらは鋼エネルギーと癒しの野原でメガリザードンXを強化するデッキを使用。

IMG_4467.jpg

メガシンカしたのはミュウツー。
メガミュウツーYはコインの結果によってたねポケモンか進化ポケモンのどちらかからワザを受けなくなる能力を持っています。
不運なことに何ターンも進化ポケモンから技を受けなくなる効果を引けず、こちらのメガリザXが暴れて勝ち。


オリカデッキ対決でもう1戦。
こちらは貸していただいたやさしいラッタデッキを使用。
やさしいラッタはラッタの数×20ダメージを追加し、わるいラッタの数×2枚カードを引ける技を持っています。
やさしいラッタが速攻をかけ、ワザ「ごえつどうしゅう」の高打点+ドローで順調な滑り出しに見えました。
そんなラッタさんタイムも束の間。
優しいラッタが気絶すると貧弱極まりない通常ラッタと例のクソマスリーグですら底辺の一角になってしまった悪いラッタさん、
そしてにげ0なことくらいしか取り柄のないサザンラッタさんが取り残され、結果は負け。
強すぎず弱すぎずのいいバランスです。
ぱっと見はマタドガスなどよりも強く見えますが、やさしいラッタ自身を並べても打点が上がらないため見た目以上に複雑なデッキです。

IMG_4470.jpg


VS sataku009さん(サカキのカイリキー)
光るポケモンをはじめとして圧倒的な旧裏面コレクションを誇るsataku009さんとの対戦。
キレイハナデッキを使用。こちらは順調に展開できたことに加えて「いかりのスーパーパンチ」を外すなど運も味方し勝ち。
「いかりのスーパーパンチ」や「いちかばちか」は本当にヒヤヒヤします。

IMG_4473.jpg


トレード
恒例のトレード。
今回は新裏の有用カードをメインにトレードしてきました。

今回一番変なトレードがこちら。

IMG_4435.jpg
基本土地:基本エネルギーのピントレ!
レート的にも丁度同じくらいだそうでまさかの成立。


日本語版SandstormことADVギフトボックスのカード色々をトレードしていただきました。

IMG_4498.jpg
まとめ売りで入手されたそうですが、エレキッドが抜かれているあたりこの束を売った人はわかっています。
エレキッドは雷1エネでデッキから基本エネルギーを場のポケモンに付けられる技を持つ地味に優秀な加速技持ちのポケモンです。
何かに使えそうなニオイはありましたが、結局、有効な活用方法を見つける前にポケカ自体を離れてしまいました。
結局陽の目を浴びる日は来たのでしょうか?


PCGのレアカード!
但し当時の基準で。マスボが最も輝いていた時代です。

IMG_4497.jpg
告知無しに配られたため最初はとんでもない高額カードになっていた勝利のメダル。
最終的にはバトラーのキルリア同様二束三文になったと思われます。PCG環境では貴重な非サポーターのデッキ圧縮カードです。
neo1ルギアコレクターのソラさんですが、元勝利のメダルコレクターだったそうで、まとめてトレードしていただきました。



PCGの有用カードたくさん!!
これだけあれば今後しばらくは幹部に困らなさそうです。

IMG_4499.jpg




一体なんのオフだかわからないカード群。

IMG_4501.jpg
街のボランティアは重要なカードの割りに枚数が足りないので助かります。
サイキッカーと大好きクラブはたくさんあるのに。



その他珍しいのカード

IMG_4502.jpg
フリーザー入手でようやくクイックスターターギフトをコンプリート。
勝利のメダルカッコいい。
悪くない効果ですがこの時代はドロアー+という上位互換的なカードとやたら優秀なポケモン図鑑が存在するので、
それらを積んだ上でさらに圧縮したいデッキ向きでしょうか?
古代ミュウはこれで27枚目。古代ミュウや勝利のメダルでもひかるポケモンと並べるとレアに見えてくるトリック。
neoDestiny版ひかるライチュウはsataku009さんからトレードしていただきました。
ただでさえ希少なひかるポケモンな上に海外版とはすごすぎる!



そして、参加賞とソラさんから頂いた全面イラスト仕様のオリカ!!

IMG_4503.jpg
こんな豪華なものを頂いてしまった以上、次回はこちらも何かしらオリカを用意せねば・・・




翌日はコウタロウさんとスイカさんのお二方と日本橋のカードショップ巡り。
どの店も旧裏は少なく新裏が中心でした。

買ったもの

Legendのリバースホロ
枚数の少ないところと有用どころだけ。

IMG_4504.jpg


アルフの石板と色違いカード

IMG_4505.jpg
フォーマットを無視してアンノーン文字のテキストの特別感がたまりません!
石版はこっそりと無限回収しているカードです。


プロモ色々

IMG_4506.jpg
レックウザのイラストはギフトボックスの缶に使われたものです。
同じイラストに描かれたデオキシスはex(スピードフォルム)のイラスト違いとしてカード化したのに、
レックウザは旧裏に混ぜても全く問題のない悲惨なスペックをしています。

有用

IMG_4507.jpg
キド論が安かったのでゴッソリ購入!
これでLegend環境のデッキが激増できそうです。



有象無象(テラキオンを除く)

IMG_4508.jpg
イールドじゃないアンノーンYやハピナスex使うなら一択のPCG1ラッキー、ギフトボックス関係のマイナーなカード。



その後はホビーステーションのデュエルスペースで対戦。
普通の大会に来た人にとって終わったはずのカードゲームが対戦されている光景はなんとも異様に映ったことでしょう。
隣のテーブルにはカードの箱を開ける方がいましたが、もう旧裏にはできないことなんだなぁと改めて思いました。
仮にボックスで手に入っても勿体無くて開ける気は起きないでしょうし。


IMG_4485.jpg
コウタロウさん VS スイカさんの対戦


VS スイカさん(カメレアコロロ)
こちらは封印サーナイトを使用。
互いに初手に恵まれずグダグダと数ターンを過ごす。
先に動けたのはこちら。
カメックスを出されるもそのままサーナイトとハッサムで殴り切って勝ち。
お互いに事故気味で狙った動きができなかったため、単体スペックの高いハッサムがとにかく強い!
地味に一人回し以外でハッサムexとサーナイトδexを使うのは初めてだったりします。
やっぱりといいますか、こいつらどうかしている性能です。


VS スイカさん(やさしいラッタ)
序盤、うまく回らず優しいラッタに猛烈に攻め込まれます。
このままでは負けてしまう状況でオーキドをトップドロー!
ここから怒涛の展開に成功し流れが変わります。
鋼の付いたリザードンとバクフーンが並び炎の渦で優しいラッタが気絶。
さらにリザードンがメガシンカしそのままラッタの群れを圧倒。
ラッタデッキは後続が確保できるかどうかがカギのようです。
どっきり!タイムマシーンがあれば強そう。旧裏にはないけど。

IMG_4488.jpg


VS スイカさん(ドンファン)
序盤はこちらが押していたものの、ベトベトンとドンファンが並んでからは完全に逆転。
30打点のポケモンがキレイハナしかおらず、3エネも貼っていては向こうのペースに追いつけません。
クサイハナであがくものの、為す術無く負け。

IMG_4489.jpg


コウタロウさんが帰られてからは「ハイランダー・ドラフト戦」をシミュレーションしてみたりオリパ構想を語ったりしていました。
「ハイランダー・ドラフト戦」は強いカードが無くなる2戦目以降がアツいと思われます。
ドロソがなくなるとどうしてもたねポケモンの性能で勝負が付きそうなので、
ウツギマサキあたりのドロソを基本エネルギーのように無条件で使えるようにすると良いかもしれないと思いました。


開催から半年。とんでもなく遅くなってしまいましたがこれでレポートは終わりです。
次回はタイミングを逃さずに上げなければ。
[ 2015年02月08日 20:07 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。