ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。

企画「ポケモンカード・バトルファクトリー」

ポケモンを借りて鬼畜ファクトリーヘッドに悶絶するバトルする施設、バトルファクトリー。
それをポケモンカードでやってしまおうという企画!
オモシロすぎて工場丸ごと買ってしまった感じで。

要するにレンタルデッキでの大会です。
大昔の公式大会予選がこれに近いと思います。
全デッキ同内容ではなく、配られるデッキはランダム、一人2つのデッキを配布しようと考えています。
2つのデッキを持てばどちらのデッキを使うかや、どのタイミングで2つ目デッキを使うかの戦略がとても面白そうです。バトルファクトリー同様勝ったら相手のデッキとデッキを交換してもいいルールも欲しいところ。

この遊びならば【リムーブハンデス錯乱ウツボット様】みたいなバランスを保ちつつ(?)普段の殿堂環境では絶対にできないデッキでの対戦ができて面白いんじゃないかと睨んでいます。
他にもサイドボード的な調整用カードを用意したり、完全オリカでバシャレックを旧裏用に調整して出してみたり、複数対戦することが前提のオリカ(強い代わりに勝ち点が減るとか、次の試合の初手が増えるとか)をぶっこんだりできて楽しそうです。

関東旧裏オフの参加者が増えてきたら細かいルールを練ってやってみたいなーと思っていますがとにかく準備が大変そう。
殿堂ランクデッキなら10個以上あるのでなんとかなりそうですが、オリカ入りのデッキや殿堂ランクガン無視(でも性能は普通)のデッキのバランス調整が難しそうです。
それでもファクトリーヘッドとしてやりたい放題できるので、需要があるか別として個人的にはやりたくてしょうがない企画です。
スポンサーサイト
[ 2014年09月27日 20:00 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)

《__のラッキー》考察

_sChancy.jpg

《__のラッキー》とは
《__のピカチュウ》に続く自分の名前を書くカードである《__のラッキー》。
変わったテキストに低い性能と、いかにもシークレット枠らしいカードです。
また、ポケカ史を通じて2種類しか存在しない白アンコモンのレアリティを持つカードでもあります。(ちなみにもう1枚のカードはDPsの復刻版リザード)

このカードの面白いところはプレイヤーの名前に加え、プレイヤーの誕生日を記入する欄があることです。
カード名は対戦に影響しますが、図鑑説明欄は対戦に影響しません。
同じ図鑑説明欄を持つ《__のピカチュウ》は誕生日を示すために役立ちますが、こちらは誕生日に影響する効果はありません。
自分の誕生日をメモする意味はまったくないので、誕生日欄は交換した時の面白さを狙ったのでしょう。


開発の狙い
旧裏のバイブル、『ポケモンカードオフィシャルブック2000』にはこう説明されています。
◆拡張パックを開けて、「__のラッキー」が出たら、「おおあたり!ラッキー」と言って、すかさず自分の名前を書き込みましょう。いろんな人と対戦が終わったら、おたがいの名前を書き込んだ「__のラッキー」を交換し合うというのはどうかな。貴重なコレクションになると思います。たくさん集まったら、何十匹も「__のラッキー」を入れたデッキを作ってみるなんてのも楽しいかもしれませんね。

やはり、名前を書いた《_のラッキー》を交換し、ともだちのわを広げて欲しいと開発は意図したのでしょう。
残念ながら、誕生日欄は《__のピカチュウ》のテンプレートを流用で残っているだけのか、それとも意図があって残したのかはわかりません。ゲームのIDのように同名のトレーナーを判別するためにあるのでしょうか?
《__のラッキー》経由で誕生日を知ってプレゼントを用意したりしてほしい、なんて考えていたのでしょうか。

しかし、名前を入れる遊びは全く実現せずに終わります。
《__のラッキー》はレアリティが高く「おおあたり!ラッキー」なんて言いながら名前を入れるよりも、そのままの状態でトレードに出した方がよっぽど価値があったからです。
旧裏を集めているとわかりますが、《__のラッキー》は開発の意図に反して、名前を書かれることが稀な(そして書くことが非常に損な)カードとなってしまいました。


どうすればよかったのか
狙い通りに機能しなかった原因はプレイヤーに名前を書くことを躊躇させてしまったレアリティの高さにあります。
単純にコモンにして封入率を上げればよかったのです。

ダブりやすいコモンであれば名前を書いて交換することに躊躇はありません。
コモン枠に対戦で使えないカードが入っていても怒る人は少ないでしょうし。
進化先のない《カツラのマンキー》や《カツラのサイホーン》なんかが当たるよりはずっとマシ。

珍しくないカードであれば、名刺のようにトレードされたり、《やさしいわるいタケシのカスミのマチスのエリカのナツメのキョウのカツラのサカキのラッキー》として超絶サポートを受けることができたのでしょう。

もしもそうであったら、ただの変なシークレット枠のカードとしてではなく、プレイヤー含めたポケモンカードのコミュニティを意識したカードとして歴史に名を刻めていたのかもしれません。


余談
後にプレイヤーズ継続特典でも《__のミュウ》など、名前を書くタイプのカードが配布されました。

_sPCG.jpg


これらのカードは《__のラッキー》とは大きく趣が異なります。
これらは効果にポケモン名を記入するため、特定の組み合わせでしか機能しないようになっています。

そう、自分専用のカードとしてデザインされているのです!
《__のラッキー》とは対照的に交換をしないことが前提とされているのです。

それなりに有用な効果な上、公式大会使用可なので、珍しいカードでも名前を書いてもらえると開発は考えたのしれません。
ですが、やはり珍しいカードの宿命からは逃れられなかったようで、名前を書かれることはほぼ無かったと思われます。

今まで散々ストレージ漁りやオリパ購入をしてきましたが、PCGの__のポケモンで名前を書かれているものは見たことすらありません。
名前入り《__のラッキー》なら何枚か持っているんですけどね。
[ 2014年09月26日 20:00 ] カテゴリ:カード個別記事 | TB(0) | CM(3)

旧裏デッキ【怒りの炎】

オフ会前にてぃらさんからトヨタウインディの貸し出しデッキは持っていないかと訊かれたのをきっかけに組んでみました。
トヨタウインディは今までノーマークで手探り状態でしたが大枠は掴めたと思います。

ikarinohonoo.jpg


殿堂ランク:旧裏面殿堂ランク全カード対応Verβ(レインボージム)
4 ガーディ
3 ウインディ(トヨタ)
4 ヒノアラシ
2 バクフーン(neo1)☆☆
2 バクフーン(PF1)
/15

3 オーキド
4 マサキ
4 エリカ
4 マサキの転送装置
3 ナツメの眼
1 スパイ作戦
1 にせオーキドはかせ
2 ポケモン交換おじさん
2 夜の廃品回収
4 ポケモン育て屋さん
2 きあいのハチマキ☆☆☆☆☆☆
2 ワープポイント
2 ロケット団の爆発ジム
1 エネルギー回収
/35

3 虹
7 炎
/10

概要
旧裏屈指優秀ないかり系のワザ「いかりのほのお」。
基礎ダメージ40に怒りのダメージが追加されるのでかなりのダメージが期待できるワザです。
中途半端な攻撃を加えると強烈な反撃をもらうことになるので、相手は下手に攻撃できなくなるのですが……
もう一つのワザ「でんこうせっか」が異様に弱いため「いかりのほのお」にビビらせながら攻撃する戦略は成立しません。
結局、ロケット団の爆発ジムやレインボーエネルギーで自分のウインディを傷つけまくる不思議なデッキになりました。


個別説明
ウインディ
このデッキのメインアタッカー。
爆発ジム+かえんぐるま+虹エネでダメカンを乗せまくって怒らせます。
気合のハチマキが決まると強い。

ヒノアラシ
イントロneoを使いたいものの、枚数が足りないため他のもので代用。
PF使うくらいならneo4の方がよっぽど強いです。

バクフーン(neo1)
いかりのほのお連射に必要。正直3積みしたかったですがハチマキの殿堂ランクとの兼ね合いで2枚。
今思うとハチマキが成功してもリチャージに失敗しては意味がないので素直にハチマキを減らして3枚入れるべきですね。

バクフーン(PF1)
ダメージばら撒き屋。
「かえんぐるま」が1回決まれば「いかりのほのお」の攻撃力は+20、相手ポケモンはHP-20なのでHP80までのポケモンがウインディの射程圏内に。
早いターンに出した時の制圧力は高いものの、序盤は相手のベンチが少ないのでベンチダメージのうまみが減ってしまいます。それでも2発目の「かえんぐるま」を狙えるので早く出す価値は高いです。

ロケット団の爆発ジム
相手のポケモンを削れる上、自分のウインディの打点を上げることができるスタジアム。「かえんぐるま」との相性も良好。
エネルギースタジアムやロケット団のアジトを壊せるのでこれらのカードに依存したデッキに対して妨害にもなります。

レインボーエネルギー
まさかこいつを単色デッキに投入する時が来るとはw
投入理由はもちろん怒りのボルテージを上げるためです!
バクフーンの特殊能力との相性は悪いものの、ポケモンチェックダメージ無しの悪エネルギー効果と見れば強力なカードに見えます。

ワープポイント
何かと便利なカード。
「かえんぐるま」を撃ったあと棒立ちになりがちなバクフーンを下げるときが多いです。

エネルギー回収
エネルギースタジアムを入れられないのでエネルギー回収用のカードとして採用。
初めて使いましたが使い勝手は上々です。


動かし方・使用感
大量ドローで手札を増やし、爆発ジムを出しガーディを並べてからバクフーンの「ファイヤーブースト」を使います。
成功した場合はかえんぐるまでガーディを傷つけつつ攻撃、失敗した場合は地道にエネを貼って攻撃。
2ターン目に育て屋からバクフーンを出したいので手札枚数を増やせるドロソを中心に入れています。
炎エネルギーを削ってレインボーエネルギーを入れているため、たまにファイヤーブースト用の山札の炎エネルギーが足りない事態に陥ります。夜の廃品回収を使ってからファイヤーブーストのコイントスを行う羽目になることも。
それ以降はファイヤーリチャージのバクフーンで炎エネルギーを供給しながら怒りの炎を連射していきます。

このデッキの欠点として安定性の無さが挙げられます。ファイヤーブースト、気合のハチマキ、ファイヤーリチャージと重要な効果がどれもコイン判定で安定した動きがなかなかできません。「いかりのほのお」は炎エネルギーを2枚トラッシュ都合、ファイヤーリチャージが失敗すると攻撃が途切れてしまうことが多いです。
気絶した時の損失が比較的小さいウインディで相手のアタッカーを倒し続け息切れにさせるのが勝ち筋っぽいのでハチマキとブーストバクフーンを減らしてリチャージバクフーンを3枚にした方が強いと思いました。

ウインディの攻撃力を上げるために自分のポケモンを傷つけるカードを多用してみましたが、自分のポケモンにダメカンをばらまく動きは旧裏以外の環境でも応用できそうです。ただ、新裏は「じばく」のような自分のポケモンにダメージを与えるデメリットを持つポケモンが少ないのでうまく作れるかは微妙ですが。



久しぶりのマイナーデッキ紹介でした。
試してみたいカードやドロソ配分はまだまだあるのでもっと煮詰めていこうと思います!
歴史に埋もれたり、前提となる環境自体が存在しない有象無象のマイナーデッキを紹介したくて作ったブログなのでこの手のデッキ紹介は増やしていきたいです。
[ 2014年09月25日 00:36 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(2)

【関東旧裏オフ】イベントレポート!

関東旧裏オフ、無事開催出来ました!
関東での旧裏オフは初めての試みで、正直なところ参加者が集まるか心配でしたがそんなこともなくて本当に良かったです。

自分除いた参加者は、関西旧裏オフでお世話になっているほえらさん、
ほえらさんの友人の四条さん、関西のオフにも興味があるてぃらさん、
そしてチェルモのチラシを見て当日参加でお越しいただいたコレクターのタケさんの4人!
さらにチェルモの大会では、現行のプレイヤーの方々にも参加していただき、とても盛り上がることができました。
現行のプレイヤーには旧裏を集められている方も多いようなので、今後の盛り上がりに期待です。

それでは当日のレポートです!

普段通らない道に迷いながら会場に着くと既にほえらさん、四条さん、てぃらさんのお三方がすでに待機している状態でした。主催なのに申し訳ない……;
受付を済ませ会場を開けます。こじんまりとした和室が会場です。
机と座布団を出した後、簡単に自己紹介をして、フリー対戦。

VS 四条さん(ライチュウ(neo3)+マルマイン)
こちらはウインディ(トヨタ)+バクフーンのデッキを使用。
序盤、充電ピカチュウの速攻に押されるものの相手のドロソがストップ。
ファイヤーブーストは失敗するもエネエネからのかえんぐるまで攻め、
そのまま押し切って勝利。

VS 四条さん(メガバナ)
使用デッキはこちらもメガバナ、ミラーマッチになってしまいました。
エリカのウツボットとソーラーパワーフシギバナ入り。
初手バリヤード(シート)な上に展開しづらい手札という散々なスタート。
オーキドを引いてから大量展開に成功し、相手を追い詰めていきます。
終盤、エリカのウツボットの妨害が入るものの、こちらの場を崩すことはできず、こちらの勝利。

ここでタケさんが登場します。チェルモのチラシを見てここを知ったとのこと。
もう少しで市販品をコンプリートというかなりのコレクターで、旧裏~新裏までの物量が圧倒的でした。
コレクター歴の長い方で、スタンプラリーの英語ミュウツーのイラストはMTGのマナシンボルをデザインした人のものだとか、
第一弾の◆は2種類のサイズがあるだとか、e5弾の遺跡ハンターの名前はユリカだとか、マニアックな話題で盛り上がりつつ、
こちらの大量の旧裏プロモ・イントロ・イントロneo・クイックスターターギフトのカードとADV~PCGのプロモカードを中心にトレードしていただきました。

914kantooff2.jpg

これで夢(?)のイマクニ?デッキが完成に向けて大きく前進です!
イマクニ?のバクオングex系は「口を1㎝以上開けてしゃべっちゃダメ」や「大声で話さなければイカン!」といった声の大きさに関するポケボディーを持っているのですが、これらのカード、恐ろしいことに公式大会で使えるのですw
ネタカードとして使えるだけで使い道が皆無かというと、そういうわけでもありません。
最低な使い方になってしまいますが、遅延耐久系のデッキに入れると制限時間を消費させるのに使えそうなんです。
当時誰も使わなかったので制限時間を稼ぐのに本当に有効なのかはわかりませんが、使われなくて本当に良かった。せっかくだしいつか試してみようかな
ところで、イマクニ?のバクオングexで告白をした人はいるのでしょうか?

914kantooff.jpg
↑こちらが濃厚なトーク&トレードに夢中になっている間、隣の席ではキレイハナがマタドガス相手に120ダメージを叩き出していたようです。


あっという間に時間は流れ、チェルモに移動の時間になりました。
旧裏専用のストレージやファイルが作られるなど以前よりも力を入れられている様子。
新裏大会が長引いたようで旧裏大会の開催が遅れるとのこと。
待っている間、店員さんに何が需要あるのか尋ねられたので本気で旧裏を扱うんだなと感じましたw
無制限ルールで出るかどうか話しているうちに無制限ルールを実際に回してみようという流れに。

VS ほえらさん(シートゴース悪クロゴースト)
こちらの使用デッキはヤソッキーことウソッキー単。レインボージム開発の狂気の1キルデッキですw
実際に使ったものは記事のレシピからディフェエンダー2枚をエフェクトガードと錯乱ジムを1枚ずつに入れ替えただけのほぼコピーデッキ。
何戦かじゃんけん対戦をしましたが、ぶん回しからのじたばた1キルか、こわがらせるロックからの超打点ポルターガイストで終了のどちらかでした。やっぱりこの環境はポケモンカードというよりもじゃんけんです。
ガチでやったら病みそうですが、ネタでやる分には楽しいです。
バカみたいなドローにバカみたいなハンデス、バカみたいな制圧力……すべてが異次元のカードゲームすぎて笑っちゃいます。


新裏大会が終わり、新裏大会参加者の方々も参加し旧裏大会が開催されました。
開始前にやっぱりじゃんけん大会はつまらないという結論に落ち着き、デッキはこちらから貸し出して対戦になりました。

VS 新裏大会に参加された方(ハガネールカブトプス)
こちらの使用デッキはバクフーン速攻。
相手の方は自分が貸し出したハガネールカブトプスデッキ。化石に展開されるとカブトプスが出てきて厄介なので化石を展開させないことを意識しました。
化石を倒せるタイミングに火炎車を使ったり、爆発ジムで牽制したりしつつ、かえんぐるまでサイドを取っていきます。
優秀な化石対策スタジアムである爆発ジムをエコロジムに割られ、ついに化石が登場。さらに2ターン後にカブトプスが出てきてしまいます。
ハイドロカッターを撃たれてしまいますが鋼エネルギーの効果でダメージが足りず返しのターンにベンチごと倒してなんとか勝利。
鋼エネルギーの現行と旧裏での効果の違いの勘違いに助けられたものの厳しい戦いでした。

VS ほえらさん(ベトン入り無水)
1ターン目からコダックタッツーベトベターが並び頭痛によって展開がロックされます。
何もできないまま3ターンが経ち、ほえらさんの場にベトベトン・キングドラが揃い絶望的な状況に。
どうにもならない中、ベロリンガの超音波で必死に応戦。
にげるの混乱判定のコインが荒れてエネ切れになるものの、逆転の機会を掴むことなく負け。

VS 四条さん(メガバナ)
色の都合上こちらが圧倒的に有利。ドロー事故に陥ることもなく勝利。
メガバナに強い点も炎の魅力ですね。


優勝はほえらさんでした。
貸し出しデッキという狭すぎる環境ながら水という色とベトベトンの特殊能力が刺さった印象です。

その後は、新裏プレイヤー方と新裏←→旧裏のトレードをしたり、旧裏デッキを見せていただいたりしました。
これは関東でも旧裏ブームの流れ来そうです!


レポートは以上です。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
ブログ等で宣伝してくださった皆さん、ありがとうございました。


追記:全体的に訂正、写真掲載(9/19)、HN訂正(9/23)
[ 2014年09月17日 08:36 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(2)

【関東旧裏オフ】参加受付延長のお知らせ!!

当初のお知らせでは参加受付を9日24時としていましたが、前日の24時(9/13(土)24時)まで延長します!!
9月10日0時現在参加者は自分除いて3名です。

対戦だけ、トレードだけの参加も大歓迎です!
貸し出しデッキを用意しているのでデッキを持っていなくても参加できます。
興味のある方はコメントorメール(oddish_043@yahoo.co.jp)お願いします。
[ 2014年09月10日 00:49 ] カテゴリ:お知らせなど | TB(0) | CM(0)

【関東旧裏オフ】予定変更&参加賞紹介

関東旧裏オフまであと2週間を切りました。
今日は予定変更のお知らせと参加賞についてです!

オフ会開催の9/14ですが、な、なんと、秋葉原にあるチェルモの旧裏大会とブッキングしてしまいました。
そしてチェルモでは数人予約が入っているとのこと。
せっかくの機会です、旧裏の友達の輪を広げるために挑戦状を叩きつけようではありませんか!!(別にうまくない)
大会を開くとスケジュールがカツカツになるのでオフ会での新殿堂ランク大会は次回持越しです。

チェルモの大会では殿堂ランクが設定されてないのですが、その理由は、現行から集め始めた方が多いらしく、当時の情報を持っていないためレギュレーションを設定するのは難しいからとのこと。
チェルモの店員さんのお話を聞く限り、ハンデスリムーブ溢れる魔境じゃんけん環境ではないと予想されます。
下手をすれば新殿堂ランクデッキでも一方的な試合になるかもしれません。


当日のスケジュール
9時~13時半 フリー対戦&トレード
13時半~14時半 秋葉原のチェルモへ移動
15時 チェルモの旧裏大会
大会が終わった時点で一旦解散。
その後はチェルモに残ってフリー対戦&ストレージ漁り?
一応21時まで会場は押さえてあります。

参加賞
イベルタル・ゼルネアスストレージ(おまけカード無し)
KantoOff_Keihin1.jpg

お土産がないのもさみしいので参加賞を用意しました!
前にオークションで景品用に買ったものです。売った人はカード目当てだったのでしょう。
XYのストレージから旧裏のカードが取り出されると裏面の変わらなかった未来を見ている感じがしますw

今のところ参加希望者は2名です。
まだまだ受け付けているので興味のある方はコメントorメール((oddish_043@yahoo.co.jp)下さい!
オフ会の詳細はこちらの記事をご覧ください。
※チェルモの大会は別途参加費がかかるので注意してください。チェルモの大会の予約はこちらで行います。
[ 2014年09月03日 00:58 ] カテゴリ:お知らせなど | TB(0) | CM(7)
プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR