ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。

ポケモンカードe劇場限定VSパック全カードスキャンリスト

需要があるのかわかりませんが、
ポケモンカードe劇場限定VSパック全カードスキャンリストを作りました!!
『劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス』のときに劇場限定で販売されたものです。
試験的にコインやパッケージ、さらにはパッケージの裏までまで取り込んでみました。

水の都パックは全体的にイラストが好きなので使ってみたいと思うものの、パッとしない性能のため特に使う理由がないのが悲しい。
黄枠環境で好きなカード限定戦なら使えそうですが、あまりにマニアックなシリーズかつ誰得極まりないルールのため参加者が自分だけになりそうですw
それでは!
スポンサーサイト
[ 2014年02月27日 00:39 ] カテゴリ:スキャンリスト | TB(0) | CM(2)

ADV・PCGデッキ【封印サーナイト】

組もう組もう思いつつ組んでいなかったサーナイトδexをようやく組みました。

一人で回していて思うのは、やっぱりサーナイトδexって頭おかしい!!ということ。
ベトベトガスのような効果でも化学変化ガスのような特殊能力でもなく、マーカーという取り除きにくい要素で特殊能力封じをしかけてくるのが非常に厄介です。ルンパカルゴのマグカルゴやエイパムがその試合中ベンチを圧迫するだけの置物になるのはたまったものではありません。
そして、火炎玉も地味に超優秀。任意でベンチにエネルギーを付け替えられる効果を持つトルネロスやイベルタルEXの効果の祖と言えるワザです。打点は平凡なものの、気絶際にエネルギーを付け替えることで後続の確保が恐ろしく容易になります。
封印で相手の展開を止めてエネルギー損失を減らしつつ後続を確保していれば相手は息切れ必至。対策を怠った相手には一方的な試合になってしまうほど高性能です。間違いなくPCG末期環境の一角と言えるでしょう。

★レシピ
huuinsaanaito.jpg

4-3-2,2,1 サーナイト(ADVex-封印-封印,PCG6,プロモ)
2-1-2 ピジョット
2-2 ハッサムex(PCG1-PCG4)
3 ノコッチ
1 ケンタロス(PCG7)
/25

4 鋼
4 δ虹
2 ワープ
1 サイク
2 ホロンのレアコイル
/13

3 ダイゴ
3 幹部
3 ウツギ
3 TVレポーター
3 アメ
4 暴風
1 ワーポ
1 クリスタルビーチ
1 ポケモン回収装置
/22

※レギュレーション:第三世代のカード全て(ADV1~WCP)


★個別カード解説

サーナイトex(封印!サーナイトデッキ)
pcg_saanaitodelta.jpg

このデッキのメインポケモン。特殊能力封じはずるいしワザも強力。


サーナイト(PCG6)
pcg6_saanaitodelta.jpg

アタッカーであり、ベンチ狙撃要因でもあり、エネルギーをぐるぐる回す動きをする要のポケモンでもあります。とにかく便利で強い!


サーナイト(明治プロモ)
pcg_saanaito_promo.jpg

ヒーリングダンス持ち。サーナイトやハッサムが長持ちするので単純に強いです。ワープエネルギーとエネスイッチを絡めて控えに戻った間に複数回ダンスを使う動きが強力。


ラルトス(ADVex)
advex_rarutosu.jpg

1エネで1ドローできるラルトスもいますが、それよりも展開補助するよりも催眠術で相手の展開を遅くした方が優位に立てると思われるためこちらを採用。


キルリア(封印!サーナイトデッキ)


pcg_kiruriadelta.jpg

どうにもならない状況でワンチャン持てるライフダウンは魅力的ですが超エネルギーを積まない都合上こちらを採用。本当は3積みしたいですが持ってないので他のもので代用です。


ハッサムex
pcg4_hassamuex.jpg

調整相手デッキとして用意した化石デッキのオムスターδが重いので復讐の牙を耐えるアタッカーとして採用。
身内(?)メタ色が強いものの、サーナイトとの相性は非常に良好。エネスイッチのおかげで鋼エネルギーを3枚4枚貼れる上、プロモサーナイトのヒーリングダンスにより凄まじい耐久になります。相手次第ではこちらがメインポケモンとなります。基本的に鋼を複数貼って鋼の翼連打で相手のHPを削っていくポケモンです。
それにしても、パワーカードとパワーカードを足せば強いだろ感が半端ないです。


ストライク(PCG1)
pcg1_sutoraiku.jpg

エネルギーを貼ると逃げるコストがなくなる地味に便利なポケボディー持ち。ベンチにストライクを呼べるストライクもいるのですが、このデッキはハッサムを並べる必要がないのでこちらを採用。


クリスタルビーチ
クリスタルビーチ

単純にスタジアムを割ったり、幹部と合わせて相手の反撃の芽を摘んだりできます。特殊能力と2個エネが使えない状況は中々にエグいです。ホロンのレアコイルに依存している状況では自分の首を絞めてしまうので注意。


ピジョット
pcg1_pijotto.jpg

毎ターンパソ通が使えるポケパワー「マッハサーチ」が強いのですが、それだけの鳩ではありません。このデッキならではの動きとして、エネスイッチからの「わしづかみ」が強力です。相手を逃がさずに一撃圏内に追い込むことでメインのアタッカーの負担を減らせるのです。


暴風
pcg8_bouhuu.jpg

封印の結晶や呪われた祠を割るためのカード。ポケパワー持ちがほとんどなので呪われた祠は要注意カードです。鋼4枚貼った無敵状態のハッサムが立っていても他が気絶して負けてしまうことさえあります。
PCG最終環境では多くのデッキで必須となるであろう重要なカードですがさっぱり集まりません。


ノコッチ(ADVex)
advex_nokotti.jpg

呼んで逃げるへび。3匹も呼べるだけでなくスネークフラッシュで足止めまでできる便利なポケモン。


ケンタロス
pcg8_kentarosu.jpg

実を言うとノコッチ不足から代用として投入したカードです。暴風を封印の結晶に使いすぎてもスタジアムを割れるので思いの外役立ちました。


ホロンのレアコイル
pcg6_holonnoreakoiru.jpg

特殊エネルギーを使いまわすために必要なカード。気絶際の火炎球で控えに付け替えれば2エネ分損失を減らせます。

サイクロンエネルギー
pcg_cyclonenergy.jpg

使いどころは様々ですが、主に封結持ちをベンチに戻せるエネルギーカード。ホロンレアコで使いまわします。


ワープエネルギー
pcg_warpenergy.jpg

エネスイッチと絡めて入れ替えとして使えるエネルギー。これもホロンレアコで使いまわします。


★入れようとしたカード

レジスチルex(プレイヤーズプロモ)
promo_legisteelex.jpg

サーナイトδexのやや低い打点を補えるポケモン。こちらの攻撃を確実に耐え、こちらのポケモンを一撃で倒してくるポケモンことオムスターδに対して場のアドバンテージを取らせないのが目的。エネスイッチによって鋼エネルギーを集められるシーンが多く、ホロンのレアコイルによってワープエネルギーの再利用が簡単なので鋼エネルギー複数+ヒーリングダンスで2回ほどレーザーを撃ってベンチに戻す動きをできれば強そうだと化石デッキを相手していて本気で思いました。
しかし、ハッサムで事足りそうな気がしてしまったので没。サーナイトのサポート無しでは機能せず、初手に来てしまわないようお祓いをしたり祈りを捧げたりする必要が出てくるのも評価を下げます。ただ、どうしようもない性能のプロモとして認識されているカードなので刺さった時のインパクトは抜群でしょう。イラストが好みなのでファンデッキを組んで使ってみたいカードです。


グラエナex(ギフトボックスミュウルカリオver.)
pcggift2_guraeneex.jpg

超抵抗持ちの一進化の中では比較的大型のポケモン。逃げるコストもなく、サイクロンエネルギー効果の特殊能力も何かしら役立つタイミングはあるでしょう。これから組むフライゴンδexデッキが辛ければ対策として採用するかもしれません。


★動き
序盤はノコッチやケンタロスを壁に展開。中盤以降特殊能力を封じつつ殴ります。ワープエネルギーによる交代でアタッカーを切らさないようにして、特殊能力を封じられた相手を息切れに追い込みます。特殊能力を使わないデッキにはハッサムのスペックによるゴリ押し。ヒーリングダンスで回復したり反撃をもらわないようにサーナイトで止めを刺したりでハッサムを守り切ります。


★手持ちのルンパカルゴと4色化石デッキ相手に一人回しをした感想

VS 4色化石
オムスターδはこちらの攻撃を耐えてくるのに向こうはサーナイトを一撃で倒してくるので非常に厄介なポケモンです。そのため、オムスターδに唯一倒されないピジョットが戦うことがとても多かったです。
pcg7_omusutaadekta.jpg

対策としてハッサムを投入してからはサーナイト側が圧倒。最終的に化石側が対策としてミュウδを積むほどでした。

ミュウδ
promo_mugendelta.jpg

たねポケモンでありながらハッサムに対し2エネで致命傷を与えられ、3エネで確定で倒せるポケモン。プロモで集めにくいのが本当に最悪。開発はどうでもいい効果と思ってプロモにしたのでしょう。心からヘラクロスδと性能を入れ替えて欲しいと思っています。


VS ルンパカルゴ
封印と妖術がぶっ刺さりで楽勝。あまりにルンパカルゴが勝てないのでジュカインδexを積んでみましたが、1-0-1ラインで積んだため安定しませんでした。
妨害札を減らしてジュカインδexを厚くしてハッサム対策にルンパッパを入れれば優位に立てそうですが、他のデッキに対して辛くなりそうです。ルンパッパδとの兼ね合いも含めてどっきり!タイムマシーンの投入が良さそうな感じです。
メタカードを自由自在に積めるデッキなのでMTGや遊戯王のようなサイド入れ替えのあるマッチ戦であれば強かったでしょう。


★対策を考える
封印ピンポイントな対策としてトロピウスδとタイムマシーンが存在します。トロピウスδはポケパワーにより、タイムマシーンは退化進化をすることで封印マーカーを外せるのです。特にタイムマシーンはポケパワーを使いつつ進化後を使い分けるデッキであれば候補に上がるのではないでしょうか。

サーナイトは初動が遅くポケパワー依存のデッキです。速く、超で封結を無理なく入れられるデッキは刺さると思われます。
また、このデッキに勝ててもうちの環境には化石デッキという2番手が存在するのでそれにもある程度勝てなくてはなりません。


悪いヤドキング+PCG4ヤドキングはこれに完全に当てはまります。
初動の遅いこのデッキに対して2ターン目に動け、サーナイトを1撃で倒すことができ、通常ヤドキングのサーチ能力により封結を安定して握れるためかなり有利に試合を運べそうです。サーナイト側ははハッサムがどこまで頑張れるかにかかっています。
化石に対しては2キル狙いができるのでヤドキング側が有利と思われます。この狭い環境にかなり刺さっている印象です。


フライゴンδexは耐久打点ともに刺さっていますが、ハッサムが重そうです。
「ねんどうは」とのコンボ目的でサンダースexを入れることになるのでついでにハッサムを焼けるブースターや展開を妨害できるブラッキーを入れると良いかもしれません。重いデッキですが、ブイズのおかげで何かと対応力は高そうです。ただ、ポケモンexメインかつポケパワー多用デッキのため化石が辛そうです。


ポケパワー依存で超弱点ならサーナイトが刺さるじゃん!というわけでサーナイトミラーですが、何も考えないで戦うとサーナイトδが最強のポケモンと化すゲームになります。
いかに相手のサーナイトδを消費させられるかにかかっているので、控えの数による打点調整と封印サーナイトを使うタイミング、ワープエネルギーの数、気絶のエネ消費を計算した熾烈な戦いになるでしょう。状況を打開しやすいリバースを積んでいる側がかなり有利に動けるはずです。

また、マイナー極まりないカードですが、ミラー対決に限ってはアイリーンのマネネが刺さってしまいそうです。
pcg_airiinnomanene.jpg

妖術サーナイトを立てずとも「まねる」で相手のサーナイトを倒せるのでアタッカー育成に余裕を持てるかもしれません。サーナイトδが足りないのでミラーマッチをやったことすらないですけど!
関西旧裏オフでneo2のドーブルにときめいて以来この手のワザを見ると何に使えるか考えてしまいます。


充実したwikiが存在せず、過去の情報を投げ捨てる公式でお馴染みのポケカなので、どうしても手探りになってしまいましたが、それなりに練り込めたと思っています。
愚痴っぽくなってしまったので切り上げます。
それでは!
[ 2014年02月26日 01:25 ] カテゴリ:デッキ(ADV・PCG) | TB(0) | CM(0)

ひかるポケモンのキレイな画像の作り方

ひかるポケモンのキレイな画像の作り方

ポケモンカード屈指の鬼畜封入率を誇るひかるポケモン。
その封入率は数箱に1枚と噂されていました。
旧裏は集めているけどミュウ以外のひかるポケモンは持っていないという方も少なくないかと思います。

旧裏のイラストを知るには各弾のハンディガイドやオフィシャルブックがありますが、それを持っていないと海外の大手ポケモン情報サイトのスキャン画像を頼る事になるでしょう。
しかし、neo4のひかるポケモンはその特殊な加工により、スキャンしたイラストが潰れてしまっています。
neo4のひかるポケモンに限っては現物を手に入れない限り、本来のイラストを拝むことができない状況にあるでしょう。

そんなneo4のひかるポケモンのキレイな画像を作る方法を考えたので紹介します。

その方法を試す前に、確認のため普通にスキャンしてみましょう。

are.jpg


うーん。あれですね。あれだとわかりませんね。
MOTHERシリーズに登場する「あれ」を思い出しますね。
IMG_3833.jpg
完全に脇道ですが、Dr.オーヤマこと大山功一氏はMOTHER2のアートディレクターなんですよ。

ストレートに言いましょう。


汚い!!


ポケモンの部分が輝く特殊な加工のせいでうまくスキャンできません。


neo4のひかるポケモンの加工について知っておきましょう。ひかるポケモンの加工はポケモンの部分が鏡のようになっています。光を直接当てると跳ね返しますし、目の前に何かあると、それを映し込みます。

IMG_3835.jpg

鏡のようになっているとはいえ、写真では中々キレイに撮ることができます。
特殊な加工によってスキャンができないneo4のひかるポケモンは、この写真を使ってスキャン風の画像を作るしかないのです。

先ほど見たように、neo4のひかるポケモンは鏡のようになっているため、普通に写真を撮ると他の色が映りこんでしまいます。それを防ぐためにカメラとカードの間に白い紙を置いて他の色が映りこまないようにする必要があります。


それを踏まえて写真を撮ってみました。ちょっとうまくいってませんが。

hikarupokemonshashin.jpg

そう!これがひかるカブトプスの真の姿なのです!
ちっとも緑色じゃない……

その写真のイラスト部分を切り取り、色調を整えて、ちょっと加工※を加え、
※片方の鎌の部分に余計な色が写り込んでしまったので消すために別の写真から鎌を拝借。サイズ色調を調整して貼り付けています。



そして、スキャンしたカード枠と合成すると……



hikarukabutopusu.png

こうなるのです。

原始的なやり方なのでどうしても完璧にはなりません。
このカブトプスはスキャンした枠がわずかに斜めになっているせいでイラストの上下2~3ピクセルずつがカード枠に潰されています。

この方法を使うと、光に当てた時のキラキラ感は伝わりませんが、スキャン画像よりもはるかにイラストがハッキリと見えるようになります。
neo4のひかるポケモン以外にもBWのウルトラレアのキレイな画像を作るのに使えそうです。
それでは!
[ 2014年02月25日 06:00 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(2)

ひかるカブトプスの真の姿

これが!ひかるカブトプスの真の姿!
普通のスキャン画像や写真からはわからない全貌!!

hikarukabutopusu.png

ちっとも緑色じゃない!!
ひかるポケモンとは一体


詳細は後ほど。眠いです。
[ 2014年02月22日 04:22 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(0)

旧裏デッキ【大雨火の海デッキ】

今でこそ公式が画像付きでカードリストを公開していますが、これが始まったのはPCG中期くらいだったと思います。始まったときは公式が詳細なテキストや画像まで公開するなんて思ってもいなかったのでとても驚きました。それまでは有志の作ったカードリストを頼りにしていたのです。

まだ自分がインターネットを使えなかった頃、収録カードの情報源は友達の持っていたガイドブックとコロコロ付録のカード画像付きリストだけでした。ガイドブック持っていなかったのでマイナーなプロモや初版、クイックスターターギフト版のキラカードは完全に謎のカードでした。しかし、それらの謎のカードの存在から無限の広がりを感じていました。まだ知らないカードがある、なんのカードなのか、どんなカードなのか、ありもしないカードに思い馳せていたのを覚えています。

このひかるギャラドスもそんな神秘のヴェールに包まれていたカードの1枚です。
あ、ポケモンexからの攻撃はモロに受けますよ。

ひかるギャラドスはとにかく異様なカードです。
ギャラドスは進化しているポケモンなのにたねポケモン、苦悶に満ちた表情、全面がキラ加工されている光り方、三ツ星のレアリティマーク、更には「ひかるギャラドスというカードが存在するらしい」という当時の噂までもが、このカードに異様さを与えます。

思い出話はこれくらいにして対戦の話をしましょうか。
ひかるギャラドスはたねポケモンにもかかわらずHPが100もあり、更に「やきつくす」という強烈な技を持っています。
この技のダメージは50とやや低いものの、ベンチ全員に10ダメージを与え、コインが表なら相手のポケモン全員のエネルギーを1枚ずつトラッシュ、とコストさえ読まなければかなり狂気に満ちた技です。そう、コストさえ読まなければ。

この強力な技で相手の場を焼き尽くしてしまいたいと思っても、焼き尽くすためのエネルギー確保は困難を極めます。なぜなら、水ポケモンでありながら炎エネルギーを要求してくるからです。炎エネルギーをトラッシュするので水エネ加速の最高峰であるカメックスは当然使えません。

炎エネルギーをトラッシュする技と相性の良いカードにバクフーン(neo1)がありますが……
neo1_bakuhun.jpg
バクフーンの特殊能力の対象は炎ポケモンに限られます。これも使えません。


となれば、マルマインやミラクルエネルギーを使って強引に使うことになります。
1_marumain.jpgneo4_miracleenergy.jpg


しかし、ひかるギャラドスのテキストはこう書かれています。
yakitsukusu.png
2……2個ではなく、2枚です。
旧裏特有の個数ではなく枚数を要求するテキストです。よって、マルマイン+ミラクルエネルギーで使った場合はすべてのエネルギーを失います。これではとても戦えません。


では、どうすれば?
水エネルギーしか加速できない。

ならばポリゴン2で色を変えれば良いのです。
neo3_polygon2.jpg
炎エネルギーを手札から貼り、更に雨乞いで水を加速して色を変えれば簡単にやきつくすが使えるようになります。


それを目指したのがこのデッキ。デッキ名はGB2に登場するデッキのもじりです。

【大雨火の海デッキ】
4-1-2,1 カメール-カメックス,わるいカメックス☆☆☆☆
1 ひかるギャラドス
2-2 ポリゴン2
1 ヤミカラス(neo1)
/14

2 炎
8 水
/10

3 オーキドはかせ
4 マサキの転送装置
4 マサキ
4 エリカ
4 クルミ
2 ナツメの眼
3 ポケモン交換おじさん
/24

4 育て屋さん
2 超エネ回収
1 ワーポ
2 エネスタ
2 廃品
1 にせオーキド
/12

ひかるギャラドスデッキというよりもギャラドスパーツを積んだ亀速攻と言うべきでしょう。
ポリゴン2のおかげで色拘束が緩くなるので多色でもカメックスは機能します。

理想的な動き
1.ゼニガメスタートが多いので最初にカメックスで攻めることが多いです。まずは大量ドローによりカメックス、育て屋、4~5枚の水エネルギーを握ります。できればポリゴン2とひかるギャラドスも揃えたいところ。
2.カメックスに進化しハイドロポンプで攻めていきます。
3.状況にもよりますが、相手の場が揃ってくるとカメックスを下げてひかるギャラドスで戦うことが多いです。焼き尽くすによってベンチにある程度ダメージが入ればやや打点不足のカメックスは大幅に戦いやすくなります。

デッキについて
ドロソはカメと育て屋を同時に握る必要があるので、手札を増やすことを重視しています。オーキドを使うと狙ったカードを一度に握ることが難しくなるので3枚に抑え、他のカードを優先。
にせオーキドはエリカで相手を大量ドローさせてしまったときのフォロー用のカードです。

カメックスは思っている以上に使い勝手が良くありません。カメックス自体の速さとHPは良いのですが、60ダメージというやや低い打点とその割に重いエネコストが問題です。
雨乞いがあるため、エネコストは気にならないように思えますが、デッキに入っているエネルギーの半数ほどをつけるため、ダメージの割にカードを引かなくてはなりません。
また、一度気絶すると8枚の水エネルギーのうち4~5枚のエネルギーがトラッシュに送られてしまうので、超エネルギー回収を使えないとあっという間にエネルギー不足に陥ります。
加えて、殿堂ポイントによりカメックスは2枚しか積めないため、控えを用意できないときやサイドに落ちた場合はアタッカー不在の状況になることがあります。
カメックスを主力に据えるならいい傷薬や打点不足を補うプラスパワーを多めに積み、速攻で出した1匹を守りながら戦うと強いかもしれません。サブアタッカーはやはり悪いカメックスと化石のフリーザーになるでしょう。

キーカード
ひかるギャラドス
焼き尽くすがとにかく強力です。ベンチダメージのおかげでカメックスの打点不足を補ますし、エネルギートラッシュ効果が決まれば相手の計算を大きく狂わせることができます。超エネ回収やエネスタを使えれば連発も可能。そしてなによりカッコイイ!!
neo3_hikaru_gyaradosu.png

わるいカメックス
普通のカメックスよりエネコストが少ない上に火力(水力?)までもあるカード。コイン次第であるものの相手の技を回避できる可能性のあるロケットタックルも重要な技です。HPが低いのが玉にキズ。ロケットタックルの回避効果は「ダメージを受けない」というテキストなのでわるいクロバットやエレキッドによる特殊能力ダメージも受けません。
rocket_waruikamekkusu.jpg

ヤミカラス(neo1)
ポリゴン2がいるなら変なカードを使わないと損!と思い投入。ワーポを使った時に壁として出てくるベイビィへの強烈な牽制として役立ちます。
攻撃能力の無いカードに黒い眼差しが決まってしまうと突風や入れ替え系のカードを引けるまで相手は一方的に攻撃を受け続けることになります。にげるコストと弱点が無いので初手に来て困るということもありません。
非常に地味なカードですが、たった1枚積むだけでデッキの動きや勝ち筋を増やせる良いカードだと思います。ポリ2軸のデッキ(滅多にないと思いますが)なら入れてみてはいかがでしょうか。
neo1_yamikarasu.jpg

ポリゴン
テクスチャーが強力。弱点を水にすればHPを半分奪ったようなものです。鋼エネルギーでガチガチに固めたハガネールには特に有効。このカードがなければ突破は難しいでしょう。
rocket_polygon.jpg



ひかるギャラドスは1積みしかできない都合どうしても安定しないので大会での使用は難しいものの、ひかるギャラドスのインパクト、ポリゴンやヤミカラスなどのマイナーなカードによる過剰なまでにテクニカルな動き、焼き尽くすの凶悪効果のコイントス、と盛り上がる要素が満載なので単純に楽しいデッキとして気に入っています。
そして何より、お気に入りのひかるギャラドスとneo3のポリゴン2を有効活用できているのが最高に嬉しいです!
それでは!
[ 2014年02月21日 00:06 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(0)

関西旧裏オフ「アルティメットメガバトル」使用デッキ【化学変化クロバット】

先週中に更新する予定でしたが、スマホのメモを間違って消してしまい遅くなってしまいました。
旬を逃した感がありますが載せようと思います。

ADVexのエネルギー、マイナー再録のADV3ふうせんのみ、BWキラ仕様の学習にパソ通、LegendミラーのマサキにBill(米版マサキ)、そしてイラスト差し替えプロキシのクルミのせいで非常にカオスです。
crobeto.jpg

【化学変化クロバット】
3,1-1,2 ベトベトン(ロケット団,拡張シート-化石,ロケット団)★★★
4-2,1-2 クロバット(neo3-neo3,ロケット団-neo3)
2 ドーブル(neo2)
1 R団のストライク
1 コラッタ(ロケット団)
/20

8 草
/8

4 オーキド
3 ウツギ
4 クルミ
4 マサキ
4 交換おじさん
1 パソ通★
4 学習装置
3 エネルギースタジアム
2 夜の廃品回収
2 ふうせんのみ
1 ロケット団参上!
/32

草炎水無色限定戦の主要デッキを考えると、メガバナ、リザバク、カメ、ドガス、そしてカビゴン単と特殊能力メインのデッキばかり、ということはベトベトンが刺さると踏んで使用。
試しに回してみると、キュウコンを封じた程度ではマタドガスには勝てないことが判明。ならば徹底的にメタってやろうと試行錯誤を重ねた結果今の形に落ち着きました。

大まかな動き

ベトンを立てて殴る。以上。
しかし、そんな甘い戦略では勝たせてもらえないのがマタドガス。マタドガス相手は相手が攻めても時間を稼いでも辛い布陣を整えて戦います。
バトル場に悪いベトベトンかR団のストライクを出し、控えにクロバットと学習装置貼ったドーブルを置いておきます。ドーブルが2匹並べられると理想的。悪いベトベトンやR団のストライクを一撃で倒すと返しに大量に積んだエネスタでアジトを割ってからの皆爆が決まり、返しに怯えて倒さないと控えのクロバットが育ってしまいます。クロバットは一定の運命力があれば、アジトがなく、化学変化ガス下のマタドガスに殴り勝てる(運が良ければ反撃を貰わないことすらある)ポケモンです。クロスアタックのためにコイン代用のダイスを4つ揃えました。

個別解説
ベトベトン
このデッキの要。ふうせんのみを貼って放置。

クロバット
特殊能力に頼らずそれなりの性能を持つアタッカー。仕込み毒が別の技なら強かったのに。マタドガスに殴り勝つのが主な役割。

悪いベトベトン
アタッカーその2。毒による打点増強が強く、マタドガスにフル展開(アジト張り替え+スケッチで返せる打点)を要求する耐久がポイント。

ベトベター(シート)
壁に出てきたベイビィの逃げるコストを増やしたら強そうだなーと思って入れてみたものの使う機会はありませんでした。
ロケット団の方のベトベターはたねの割に殴る性能が高く好きなのですが、コダックを考えると化石の方を採用した方がよさそうです。小さくなればマタドガスにフル展開を要求できますし。

R団のストライク
壁。皆爆をかわせればドガス側はかなり消耗します。後攻かつ相手の初手がドガースで2ターン目から殴られる展開が辛いので投入。
マタドガスにフル展開(アジト張り替え+スケッチで返せる打点)を要求する耐久がポイント。(コピペ)

ドーブル
コスト踏み倒しで大技を撃てる有能な犬。悪いマタドガスやリザードンへの返しの札。
地味にリザードンもスケッチしないと辛い相手です。打点不足のこのデッキではリザードンマタドガスに関係無く頼れるアタッカーとなることが多々あります。

悪いゴルバット
毒を嫌って逃げたり、皆爆によって弱ったベンチを叩くために採用。化石のサワムラーの評価が上がってしまうほど痒いところに手が届く使い勝手の良いカードでした。
地味に鋼貼ったドガース相手に先行2キルを決められるポケモンです。

コラッタ・パソ通・ロケット団参上!・ポケモン交換おじさん×4
1積みのベトベトンを引くために必要なカード。何が何でも2ターン目に立てたいところです。

学習装置×4
殴っても引いても辛い布陣を作るのに必須のカード。道具破壊の無い旧裏では単純に強いカードですが、ここまで積むのは初めてです。

ふうせんのみ
突風によってベトベトンがバトル場に出されることへの対策。見えているので相手の突風を無駄にさせることはできませんが、安定するのが特徴。

エネルギースタジアム×3
(エネスタが2枚落ちている もうスタジアムは絶対にない・・・! ドーブルに返されない・・・!今度こそ・・・!)

この男の思考
旧裏ポケカでは こういう考えが一番危ない
まさに地獄に直結する道

エネスタ エネスタと来たから
もうスタジアムがない などという読みは
まさに泥沼
                       _
                   /)/ノ,>    す  嵌
                   | lン.)っ   で   っ
                   |/ .〈/    に.  て
                      l   )    泥.  い
                   |iii||||||    中  る
                     |iii||||||        :
                    |ii||||||||      首.  :
                ┌|ii|||||||||      ま   :
       、~"イイ__   /iiii|||||||||||     で   :
      ゝ:::::::::::レヘ .|__「iii|||||||||||||      :   :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ::::::::</(ン ,_,<||||||||||||l'';;;;;;;,,,,,   :
;;:;:::;;;;;:::,,,;;;ム;/);;;モヽ u (ニ'ヘ||||||||l;;;::;;;;;;;..''':;;;,
::::;;;;;;:;;;;;..,,,,;;;;/フ;;;;;/);;;;:'''''::::;;;;;;;:::::'';;:;;;;;;,,::::;;;;;,,,,
;;;;;:::;;;;;;;::::::'''',,尸;;;;;';;''::::::;;;;;;;;'';;;::::;;;;;;;;::;;;:;;;;::::::''';;;;;;;
::;;;;;;;;:::;;;;;;;;;'';;;つ;;::::;;;''';;;;;;,,,'':::::::;;'';;;;;;::::;;::;;;''::::;;;;;;;

※最初は4積みしてました。自ターンにスタジアム割ってサイド取れるって素敵。


かなり尖らせていますが普通の環境でも特殊能力依存の強力なデッキは多いのでそれなりに機能すると思います。
悪いゲンガーにあたったら目も当てられませんが。
次回はフリーで使ったデッキを紹介しようと思います。それでは!!
[ 2014年02月19日 19:55 ] カテゴリ:デッキ(旧裏) | TB(0) | CM(2)

関西旧裏オフ「アルティメットメガバトル」参加してきました

kansaioff00.jpg

南摂津駅。
大阪モノレール線の駅であり、大阪府摂津市東一津屋に位置するこの駅は1日に約8000人ほどの乗降があります。
そして、全国各地から旧裏面の猛者の集う魔境の最寄り駅でもあるのです……!
※写真は2013年7月に撮影されたものです。圧倒的使い回し。

遅くなりましたが、その魔境こと関西旧裏オフのレポートです。
写真を撮ったつもりが保存されていなかったので残念ながら写真は少なめです。

メインイベント「アルティメットメガバトル」は午後からということで午前はトレードに明け暮れました。

スイカさんからは大量に仕入れたオーダイルと新裏の諸々と交換してもらいました。ポケセン限定ファイル付属のイーブイ系カードを交換してもらったのですが、 それがなぜポケセンの無い石川県のオリパに入っていたのか不思議でなりません。

ソラさんとは 海外クリスタルルギアと海外ひかるバンギラス+レジェンダリー版交換おじさん+キラエネとのトレード。海外版かつ希少カード同士の交換です。このオフが一体なんのオフだかわからなくなります。アメリカでもこんなトレードを見かけることはできないでしょう。他にも通貨ことneo1ルギアやギャラドス☆と新裏プロモやキラエネを交換してもらいました。

しーせんさんからお誕生日ピカチュウをブイズ☆2種+ユニクロ版ポケモン図鑑と交換してもらいました。魔境ならではのトレードです。
IMG_3648.jpg


もう少し普通のカード同士のトレードもしつつ(それでも白星レアとトレーナーズプロモと第一弾初版が絡みますが)そんなこんなで昼食の時間に。ソラさんの「貴重品を持って出てください」とのアナウンスに対し、「カードも貴重品なんだよなあ」と思ってしまうほどの魔境っぷりです。

昼食後。旧裏面日本一を決める大会、アルティメットメガバトルの開始です。
オリジナルの拡張パックは参加賞でもあり、予選グループ分けのくじでもあります。
IMG_3652.jpg


引いたカードはメガカメックス。カイリューさんとソラさんと自分のグループです。

使用デッキはベトベトン+クロバット+ドーブルのメガバナを徹底的にメタりつつマタドガス対策を入念にしたデッキ。地味にドーブルで炎の渦を返せるのでリザバク相手でも十分戦えます。ベトベトンがいるので普通のデッキが恐れるカビゴン単も敵ではありません。草弱点のポケモンが辛いルールの都合上水は強いデッキがカメックスとカスミ1キルくらいしかありませんが、殿堂の制約により突風を積めず、ベトンを出されては加速のできないカメックスに負ける要素はありません。カスミ1キルは1キルされにくい構築にするのと、祈る以外の対策はありません。たねポケモンはなるべく多く入れたのである程度は大丈夫と思いたいところ。お守りを身に付けたり、神社にお参りに行ったりすればより良いのでしょうwところでTCGの神様っているんですかね・・・?

初戦のカイリューさんのデッキはトレカロック。前回のオフでソラさんを優勝に導いたコダックとわるいラフレシアを使ったデッキです。先攻を取られコダックに封じられます。こちらはズバットで毒を入れて攻めるも最速でわるいラフレシアを立たれてしまい苦しい展開へ突入。カイリューさんはエネルギーを引けず壁で粘る間にR団のストライクで攻めに行きます。まさか「こうそくカマ」で攻撃することがあるとは構築時には思いもしませんでした。
カイリューさんがエネを引けず攻められない状態が続く中、ラフレシアを壁にせざるを得ない状況に。
チャンスかと思ったら、控えのわるいクサイハナの臭い匂いによってトレカロックが解除されました。ここでカイリューさんはナツメの眼を使います。このナツメの眼によってベトベトンを握れたものの、再びナツメの眼を使われ山札に戻ってしまいました。そしてドードリオを出され、逃げるの混乱判定を突破されてしまいます。再びトレカロック状態に突入です。
その後はわるいゴルバットとR団のストライクで地道に攻め続け、最後は相手のエネルギー切れで苦しくも勝利。エネルギースタジアムと夜の廃品回収によってトラッシュからエネルギーを回収できないため、エネ切れ寸前で本当に状況でした。アタッカーがわるいゴルダックではなく、化石ゴルダックだったら間違いなく完敗していたでしょう。
IMG_3653.jpg


カイリューさんとソラさんの対戦の間はお休みなので観戦&フリー対戦。
IMG_3654.jpg
オムナイトの特殊能力によって蘇る化石を壁にひたすら高速スピンをするデッキ。しかしベトベトンによって化石の復活を封じられる。

2戦目のソラさんはリザバクホウオウ。特殊能力を封じられれば十分いける相手です。ベトベトンでファイアーリチャージを封じ、リザードンを返すためのドーブルを複数待機させれば、間違いなくホウオウでベトベトン倒そうとしてくるのでベトベトンを的にしつつ、復活させるための廃品とおじさんを手札に揃えて戦えば十分勝機はあります。
先攻を取るもののドロソ皆無の初手を引いてしまいます。
べトベターの高性能さでホウオウを倒しサイドを引くものの展開できないまま1匹のリザードに焼かれていきました。
可能な限りドロソを増やしても運命力は上がらないということを認識した戦いでした。

なにもできない!!
IMG_3656.jpg


その後はフリー対戦や決勝戦の観戦をしていました。

決勝ブロックの対戦が終わったところで表彰式。白音紅さんの2連覇です。
参加賞として中国のアヤシゲなコインと中国の謎のカード色々、そしてバトエンのラフレシアラインを頂きました。

中国関連のアヤシゲな諸々は突っ込みどころが多すぎます!
まずコイン。「POCKETM ONSTERS」の区切り方を筆頭にツッコミどころ満載のクッソ適当なコインの割にギャラドスのイラストだけは龍の本場(?)だけあってむちゃくちゃカッコイイ!!日本でもこんなタッチのギャラドスグッズを出して欲しいくらいです。
IMG_3695.jpg
IMG_3698.jpg


そして謎のカード。まず見る角度によって絵柄の変わるカード。
IMG_3703.jpg

クリムガン
IMG_3706.jpg

バンギラス
IMG_3707.jpg

エンテイ
IMG_3708.jpg

リーシャン!?
IMG_3709.jpg
周りのポケモンに対し浮きすぎです。なぜこんなチョイスをしたのか不思議でなりません。

こちらはどう見てもパチモンカード。HPやワザダメージが億単位という凄まじい性能を誇る超水晶シリーズのサイホーンが存在感を放ちます。
IMG_3702.jpg


全イベント終了後に白音紅さんと大量トレード。未開封エリカデッキや過去の拡張パック、地味に入手の難しい後期トレーナーズプロモや夏道2001のキモブースト、無限回収中の「とりプリ」をまとめて4枚などのカードを大量のナツメ関連と海外版カードeと交換。トレードに次ぐトレードで明らかに互いに弾が尽きつつあります。次回に向けて本気でトレードの弾を回収する必要がありそうです。
IMG_3657.jpg


その後はフリー対戦と雑談。残念ながら写真がありませんが、ひかるギャラドスデッキ対ソラさんのフル米版ルギアはエースポケモンが華やかかつアツい試合だったので印象深いです。わるいカメックスの「ロケットタックル」のダメージを受けない効果は、ワザ以外のダメージ(エレキッドやわるいクロバットの特殊能力ダメージ)も受けないということを初めて知りました。
そんなこんなで気づくと会場の利用時間終了の21時になっていました。片付けて撤収します。
それから最後まで残った組で遅い食事に向かったのですが、なんでしょうか、この懐かしい感じ。
ポケカ雑談をしながら帰ることがかつて熱中したイベントを思い起こさせるのでしょう。

9時から22時くらいまでとにかく楽しい13時間でした。若干の休憩をはさみながらとは言え13時間もポケモンカードをぶっ通しでやってるとは我ながら驚きです。
主催してくださったソラさん、参加者の皆さん、ありがとうございました!
[ 2014年02月10日 01:20 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(2)
プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR