ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。

ガルーラルール考察

旧裏を集めているとたまーに出てくる《タッチ交代!》というカード。
熱心に集めているわけではありませんが、ようやく4枚超えました。

150524_tattikoutai.jpg


旧裏を集め始めてから6年間(とはいっても最初の2~3年くらいは今ほど真剣に集めていませんでしたが)も経ってようやく6枚。やはりプロモは狙って集めないと枚数を増やせないですね。

《タッチ交代!》は「ガルーラルール」専用のカードとして作られたわけですが、せっかく4枚揃ったのでそのガルーラルールで遊んでみたい!と思うわけです。しかしガルーラルールは旧裏の中でもマイナーなルール。対戦相手なんているわけがありません。

今回はガルーラルールに興味を持ってもらうためにもルールの解説をしようと思います。
ルールがわからないから手を出しにくいっていうのもありますし。

ガルーラルールって?
ガルーラのように親子同士でタッグを組んで、親子対親子で対戦するルールです。(親子で2連続で技が打てたりするわけじゃないよ!)

リザードンメガバトルのサブイベントで使われたルールで、旧裏の中でも群を抜いて希少カードとして有名なガルーラはその時上位賞として配られたものです。何枚かはわかりませんが間違いなく数えられる程でしょう。

その大会は「第1回」と銘打った大会でしたが、それ以降の公式大会のサブイベントとしてガルーラルールの大会が開かれたかどうかはわかりません。
ガルーラの希少度から考えておそらく開かれていないと思われます。

後で詳しく説明しますが、このルール、《タッチ交代!》4枚×2デッキ分に加え、親と子のプレイヤーペアが2組必要というとんでもなくハードルの高いルールだったりします。
親子であることは推奨なだけで、実際は親子でなくてもプレイヤーが4人揃えば対戦はできますが、それでも《タッチ交代!》×16枚は中々のハードルです。
そのため、カジュアルルールとしてもほとんど遊ばれることはなかったと思われます。
だってボロボロのタッチ交代が出てこないんだもん。そんなワケで知名度の割にマイナーなルールです。
どーでもいい話ですが、ここ最近の公式の懐古の流れからそろそろ「メガガルーラルール」なんかをやるんじゃないかなーと個人的に睨んでいます。


遊び方
2人でタッグを組むということでゲーム本編のマルチバトルが連想されますがダブルバトルでもありませんし、対戦するのはどちらか片方です。
味方の地震で自分の電気ポケモンが気絶、なんてことはないのでご安心を。
そもそもポケカの地震って全体技じゃないし、もっと言うとこの時代はまだダブルバトル自体がありません。

大まかなルール以下の通り。
・2人でデッキを共有し、片方のプレイヤーが対戦、もう片方のプレイヤーは待機。
・初手は各プレイヤー5枚。
・最初に出すバトルポケモンやベンチポケモンを出すのはバトルプレイヤーでも待機プレイヤーでも構わない。
・《タッチ交代!》を使うか、どちらかのポケモンが気絶した場合、両チームの待機プレイヤーがバトルプレイヤーと交代。
待機プレイヤーとバトルプレイヤーは相談できない。
・最初の対戦プレイヤーは子同士、最初、親は待機。


考察
手札を合計10枚用意して、ベンチを並べて、子同士でスタート。
タッチ交代!を使うと両者親へ、きぜつしても両者親へ交代。次に交代すると子同士の対戦へ。
そう、このルール、子同士・親同士でしか対戦できないようになっているのです。

同じデッキ使ってプレイヤーだけが入れ替わるルールなんてなんの意味があるの?と思うかもしれません。
初手が多くてサイド落ちに加えて相方落ちのあるルールにしか見えないかもしれません。

そう思うのは普通のプレイヤー同士の対戦を想定しているからです。


このルールには「親はポケモンカードについて子よりも詳しくない」という前提があると思われます。
だから「相談できない」なんてルールがあったり、親同士・子同士でしか対戦できないようになっています。
子が先にプレイするのも親にお手本を示すためでしょう。
親子で強いプレイヤーが増えた今ではさっぱり機能しないルールですね……。
このルールはポケモンカードに詳しい子同士での対戦から、詳しくない親同士の対戦に移った時に場の状況が乱れる面白さを狙って作られたのだと思います。
それっぽいことを言えば、教える立場と教わる立場が逆転する、そんな普段とは違うコミュニケーションが生まれることを願ったのでしょう。
ルールの意図を考えるといかにも昔の公式らしいルールだと思います。

上級者同士で対戦してもデッキを組んだ人の性格やプレイヤーのプレイングの違いが表れて面白いと思います。
ただ、デッキ構成を共有して練習すればするほどただの手札分割ルールに近づいてしまうので、
変な話ですが、練習しすぎないよう気を付けなくてはなりません

普段使わないカードやデッキ使うといい具合に場が乱れると思われます。
知らないデッキを使うのが面白いので事前にしならないデッキがないか相談しあったり、マイナーデッキを借りたりすれば面白いでしょう。

普段と違うデッキというと、使えるカードが激しく制限されるシールド戦やドラフト戦にこのルールを組み合わせるとかなり面白くなりそうです。シールド戦やブースタードラフトはパックやスターターから引いたカードだけで戦うので普通のデッキと違い満足な構築は中々できません。

普通なら3枚4枚と積む進化ラインが細くなってしまうことが普通です。
それが手札分割によって進化前進化後が2人の手札に分かれてしまったら……。
プレイヤーを変更するためにポケモンを気絶させるよう仕向けたり、それを見抜いて素直に倒さず時間を稼いだり。

4人のプレイヤーの思惑や手札によって戦略の変更が発生し、かなり混沌としたゲームを楽しめるのではないでしょうか。
大量に集めるのが困難な未開封パック使う都合、参加人数を倍にできるのもポイントです。

ただこのルール、やっぱり人数が必要なことが問題点。ガルーラルールをやりたい人が4人揃わなければ始まりません。
個人的にアツいと睨んでいるガルーラルールのシールド・ドラフトに至っては未開封品が必要とハードルが高すぎます。
オリパですら最近は中々手に入りませんし。

以前妄想した「ポケモンカード・バトルファクトリー」同様実現は難しそうです。
スポンサーサイト
[ 2015年05月24日 14:12 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(0)

米版クリスタルタイプを載せてみる

ソラさんのこちらの記事によると、海外版e3ルギアにはカード枠の加工ミスがあるとのこと。他のクリスタルタイプはどうなのか気になったので確認しつつ他のクリスタルタイプのカードも紹介します。


キングドラ

IMG_4298.jpg

ドラゴンタイプ複合にも関わらず、無色タイプとして登場したのはこれっきりだったりします。そういやディアパルも無色化されてないなあ。
弱点を突くことを前提にデザインされたクリスタルタイプの中では比較的優秀。弱点を突けば40×2で大抵の一進化ポケモンを、60×2でほぼ全てのポケモンを気絶させられます。ただ、カードe環境で強力なハッサムとゲンガーの弱点を突けないため、残念ながら活躍の場は少ないです。


さて、ソラさんによると米版のルギアにはカード枠に光らない部分があるとのことでした。このキングドラはどうでしょう。

IMG_4301.jpg


ルギア同様光りません!


ちなみに、同エキスパンション収録のサンダーは光っているので、このミスはクリスタルタイプのポケモンだけと思われます。

IMG_4302.jpg



セレビィ

IMG_4303.jpg

残念性能ポケモン。むしろシークレット枠が環境レベルの性能では困ります。
キングドラと違い、枠はきちんと光っています。このセレビィはSkyridge(日本のe4〜e5に相当)というエキスパンションに収録されたカードです。多分、枠のミスのあるカードはAquapolis(日本のe2〜e3に相当)のクリスタルタイプだけでしょう。
それにしてもイラストが綺麗。日版の方が印刷が青系の発色が強い感じがします。
クリスタルタイプの中でも特に好きなカードなので米版リバースホロと日版アンリミを手に入れてコンプリートしたいところ。



海外特有の仕様としてリバースホロがあります。
イラストはノーマル仕様でカードの枠が光っているカードです。日版に存在しないノーマル仕様のイラストを拝むことができます。

IMG_4304.jpg

ホウオウはナスカ風の地上絵の不思議な組み合わせ。
ポケモンらしくないカードeの世界観は、今改めて見るととても新鮮です。
ヨーロッパ風の円形の街(地図にない街)、水没した古代ギリシア風の神殿(海からの風)、ミステリーサークル(海からの風)、北アフリカ風の街(裂けた大地)、地底湖(裂けた大地)、温泉(神秘なる山)、これらを金銀の頃に舞台として選定していたのは凄い。

カブトプスはひかるカブトプスと同じ色を要求してきます。そういえば、セレビィもひかるセレビィ準拠ですね。やはり、ひかるポケモンの後継を意識してたのでしょうか。封入率を引き継がなくて本当に良かった。



クリスタルタイプの紹介は以上です。
米版クリスタルタイプは入手機会の低さからほぼ知られていないカードですが、独特の発色やリバースホロなど、日本版とは違った魅力があります。
[ 2014年06月03日 07:28 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(2)

【ポケモンカード整理法】コインのしまい方

こんにちは!
連休が終わり、すっかり普段の生活が戻ってきましたね。連休中はカードショップ巡りをした方もいるかと思います。
カードショップにはネットオークションでは見かけない掘り出し物が眠っていることも多々ありますし、探すこと自体が楽しかったりもします。

店によってはコインを扱っているところもあります。コインにはスターター付属のものからイベント限定のものまで様々なデザインがあってカード同様集めて楽しいものです。

コイントス要素は遊戯王やMTGなど他のカードゲームでも存在するものの、不人気で特殊な要素であり、日常的に投げるものではないようです。なので、コインはポケモンカードならではのアイテムといえるでしょう。

そして、ポケモンカードならではのアイテムという理由で、しまい方のよくわからないアイテムでもあります。
今回はコインのしまい方についてアイデアをまとめてみました。

1.ダメージカウンターと一緒にしまう

IMG_4199.jpg

一番普通のしまい方だと思います。家で保管する分は問題ないのですが、持ち運ぶ場合はオススメできません。持ち運ぶときの振動でダメージカウンターやケースにコインの表面があたり、塗装が剥げてしまいます。



2.コイン用リフィルを使う

IMG_4201.jpg

昔からのプレイヤーなら定番ですね。最近のファイルにはコインリフィルが付属しなくなったのでリフィルの入手が難しくなってきています。



3.スリーブに入れて9ポケットへ

IMG_4202.jpg

コインは落ちやすいのでフリップ付きのリフィルをオススメします。1つのポケットに1枚しか入れられないのと、コインの厚みでリフィルに跡が付きそうなのが玉にキズ。



4.コイン用のバインダーを使う

IMG_4198.jpg

個人的にオススメの方法。貨幣コレクター向けのコイン用のファイルを使ってコインを保管します。作りが頑丈なのでイマクニ?のドードーコインなど希少なコインをガッツリ守ることができます。欠点として1冊1000円とやや高いことがあります。それでもコインリフィル目的で中古のファイルを買うよりは安く済みますが。

↓中身はこんな感じ。

IMG_4197.jpg



コインの保管方法まとめ

1.ダメカンケース
【メリット】ダメカンと一緒なのですぐに対戦で使うことができる。
【デメリット】持ち運ぶとコインが傷つく。

2.コイン用リフィル
【メリット】3穴4穴ののバインダーに入れられる。
【デメリット】入手困難。

3.9ポケット
【メリット】3穴4穴ののバインダーに入れられる。
【デメリット】たくさん入れるのに向いていない、リフィルが傷つく可能性。

4.コイン用バインダー
【メリット】頑丈。持ち運びにも向いている。
【デメリット】やや高い。


これまで自分の知っている方法を書きましたが、上記4つ以外に、ホビーベースの20ポケットのリフィルという未知のアイテムがコイン保管に使えるのではないかと睨んでいます。
もし、20ポケットリフィルを使っている方がいましたら、使用感を教えていただけると嬉しいです。
それでは!
[ 2014年05月15日 06:50 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(2)

ファイリング論

膨大な枚数のカードをコレクションファイルに入れていると、単に保管するだけならハードスリーブにでも入れてストレージに入れれば十分なのに、などと元も子もないことを考えてしまいます。

遥か昔にneo2のプレミアムファイルを買ってもらって以降、当然のごとくコレクションファイルを使っていますが、コレクションの使い方についてしっかりと考える機会はほぼ無かったと思います。

それもそのはず、コレクションファイルの使い方は、ポケモンカード限らずトレーディングカードゲーム全般でもあまり語られていないのです。

この記事では、ファイリングについての考えを整理していこうと思います。

※以前書いた記事の加筆修正版です。



コレクションファイルとは
説明するまでもありませんが、コレクションファイルとはトレーディングカードをしまうための専用のファイルのことです。バインダーとも言います。
2×2の4ポケット、3×3の9ポケットのリフィル(カードをしまうためのページ)に合うサイズが主流です。
ファイルにはリフィルを追加できるものと追加できないものがあります。
追加できないものはファイルとリフィルの間に遊びが無いのでカードが反りにくそうイメージがありますが……実際どうなんでしょうか。


リングの数
機能面からファイルを選ぶときに重要なのがリングの数です。
リフィルを止めておくためのリングの数によって使えるリフィルと使えないリフィルが出てきます。
大抵のリフィルは主流の4リング・3リング両方に対応しています。もちろんポケカ公式も同様です。
しかし、普通の事務用品のインデックスやリフィルは、3リングでは使えません。

4リングのファイルを使えば大抵のリフィルやインデックスに対応するので便利です。
たとえば、A4のリフィルを使うと、ジャンボカードやポスター、ハーフプレマなんかもしまうことができます。

4穴ファイル 仕切り


ちなみに、ポケモンカード公式のファイルは3リングです。
こちらのサイトによると3リングのファイルは北米では主流の規格とのこと。
トレーディングカード自体はアメリカ発祥の文化なので、アメリカのリフィルやファイルしか存在しなかった時代、互換性を持たせるため3リングになったのでしょうか。
Ultra Proのファイルは3リングに対し、やまのんのファイルは4リングなのも、きっとそういうことなのでしょう。

余談ですが、個人的にこのような事務用のファイルが好きです。
面白くもなんともない事務用品のファイルにぎっしりとポケモンカードが詰まっているギャップが面白いです。



コレクションファイルの機能
基本的には保管です。
しかし、保管だけならばハードスリーブなりローダーに入れてストレージに投げ込んでおけば良いのです。
ここでは保管を前提に、カードファイルならではの機能を改めて考えます。

カードを鑑賞しやすい
コレクションファイルの機能として最も重要なものでしょう。眺める度に取り出してはカードが傷つくリスクが上がります。

IMG_4018.jpg

サンダー!!


一覧として見ることができる
カード順番に並べれば、コレクションのセットを一覧として見ることができます。
また、順番に並べることで、集めているセットの管理が容易にもなります。例えば、持っていないカードのスペースを開けておけば、何が抜けているのかを把握しやすくなります。
それに加え、コンプリートする過程で穴を埋めていく楽しさもあります。

VSのわざマシン

VSのわざマシン01シリーズ


所持数を把握しやすい
カードをリフィルに1枚1枚並べるので、カード枚数をパッと見で把握することができます。たとえ無限回収であってもリフィル枚数×9(1ページあたりのポケット数)×2(表裏の2面)で計算すれば所持数を簡単に把握できます。

ミカンのライチュウ2ミカンのライチュウ1

同じ13枚。
なんとなく並べてみたましたが、よく考えればこんなにいらないです。ライチュウコレクターの方がいれば譲ります。



何をしまうか?
改めて機能から考えると、鑑賞目的や枚数の管理が重要なカードになるでしょう。


セットやテーマごとにコレクションしているカード
揃った時の達成感、見応えはたまりません。

IMG_4019.jpg IMG_4020.jpg

VSシリーズ、ナゾノクサ


イラストの好きなカード
これは純粋に鑑賞目的ですね。鑑賞目的のファイリングは後の方で詳しく説明します。

かわいい

かわいい!


無限回収しているカード
どこまでも9ポケットを埋め尽くす同じカードが続くのは壮観でしょう。
鑑賞目的に加え、リフィルの枚数から所持数把握も簡単にできます。

IMG_4017.jpg

古代ミュウ募集中。


希少カード
保管も鑑賞も同時にできるのがコレクションファイル。

IMG_4016.jpg

クリスタルタイプ&ひかるポケモン


有用カード・交換用のカード
所持数を把握しやすくなります。また、トレードの時に見せやすいメリットも。

eサポ

ADV〜PCG2くらいまでならすっごく価値があるんだけどなぁ……。


分け方は?
カードを分けずにしまってはコレクションファイルに入れる意味がありません。整理されてこそのファイルです。
基本的にはエキスパンション別に入れることになるでしょう。
更に下位の分類として、新裏の1stの有無、マニアックなものでは印刷の濃さ、第一弾のレアリティマークの大きさの違いなどもあるでしょう。
第一弾初版はファイリングにおいては第一弾とは別エキスパンションとして扱わることが多いと思います。


並べる順序は?
ここまで、ファイルの機能、ファイルにしまうカードを改めて確認しました。では、並べる順序はどうでしょうか。

リフィルのポケットは本来順序のないものです。カードを並べるためにはファイルの位置に順序をつける必要があります。
大抵の人は、下の図のように左から右へと進み、右端までいくと下に進む順序を使っているのではないでしょうか。

並び順

横書きと一緒の順序なので、ここでは便宜的に「横書き順」と呼ぶことにします。
この横書き順で考えられる並べ方を整理してみます。


横書き順の並べ方

1.コレクションナンバー順
カードに振られているコレクションナンバーに沿って並べていきます。新裏の基本的な並べ方です。

イントロneo

イントロ系は旧裏では珍しくナンバー順に並べられるセットです。


2.あいうえお順
コレクションナンバーも図鑑ナンバーもない旧裏トレーナーはこの並べ方になるでしょう。
余談ですが、VSのコレクションナンバーは、基本的にジムリーダーごとに分けた図鑑ナンバー順の番号になっていますが、カリンのポケモンだけは図鑑ナンバー順ではなく、なぜかあいうえお順になっています。

あいうえお順


3.色順
コレクションナンバーの色の順序で並べます。複数のエキスパンションをまたぐときに有効。
neo期のハンディガイドやカードeのコレクションナンバーは「草炎水雷超闘無悪鋼」の順で並べられていましたが、ADV以降は「草炎水雷超闘悪鋼無」の順になっています。

色順


4.図鑑ナンバー順
ポケモンならではの並べ方です。好みのイラストだけ集めて図鑑を作る遊びができそうです。

図鑑ナンバー順


5.レアリティ順
複数のレアリティが含まれているときに使うかもしれません。Web、e1はレアリティ順にコレクションナンバーを振られています。

レアリティ順


6.リリース順
旧裏プロモはこの並び方でコレクションする人が多いと思います。ナンバーの付いた新裏でもほとんどはナンバー順=リリース順になるでしょう。
エキスパンションごとのコンプリートセットを入れる順序もリリース順が普通だと思います。普通、第一弾→ジャングル→化石の秘密のように並べますよね。

リリース順



鑑賞目的を掘り下げてみる
ファイリングする目的に鑑賞しやすいことがありますが、観賞用のカードの分け方や並べ方について色々考えてみました。

機能的な分け方・並び順とは違う
横書き順では左上に1番が振られますが、一番目立つのはど真ん中です。純粋に鑑賞目的であればそこを踏まえて並び順を付けるになります。
また、鑑賞したいカードだけを対象とするので、エキスパンションやプロモーションカードのようなセットごとで分けるのとは別の分け方になるでしょう。
TCG全般でもほとんど語られていないことなので手探りですが、いくつか例を挙げます。


鑑賞目的の並び順の例

1.9枚または3枚1セット
9ポケットのリフィルを1ページまたは横1列同じカードで埋める並べ方。見応えがあるものの集めるのまた大変。

9枚 3枚


2.9ポケットの位置に独自の順序をもたせる
ど真ん中が一番目立つのでそこにメインのカードを入れますが、それ以外のポケットの順序は人それぞれでしょう。
こちらのサイトの実践例は参考になります。


3.天と地を当てる
情景別に分けるとやりたくなる並べ方です。僕の趣味です。
下のページのように空の映るイラストのカードを上に、下に地面の映るイラストを配置します。微妙すぎてわかりにくいですが。

森


海であれば、上段に海上や海面寄りのイラスト、段が下がるつれ深い場所のイラストを配置します。

海



鑑賞目的の分け方の例


1.同じポケモン
好きなポケモン1種を並べると中々見応えがあります。

ソルロック

ソルロック


2.ゲーム内の括り
「伝説のポケモン」や「金銀で登場したポケモン」などゲーム内での意味で分けます。ポケモンカードならではの分け方だと思います。

第一世代 伝説

第一世代のポケモン、伝説のポケモン


3.イラストレーター別

KyokoUmemoto

Kyoko Umemoto氏のイラスト。ポップで透明感があって好きです。


余談になりますが、イラストレーター別かつ図鑑ナンバー順でADV~PCG期のカードを整理すると、この時代は基本的に進化ラインごとにイラストを発注していたことがわかります。
そして、整理する範囲をADV~DPtに広げるとADV期に描かれたイラストがDP期以降に使われているケースがあると考えられます。
たとえば、サーナイト(DP4)は キルリア(ADV1)とラルトス(ミズゴロウスターター)と同じ時期に描かれたものだと思います。
イラストレーターはにしだあつこ、そして、背景は花畑で共通しており、タッチも似ています。

ラルトス系

※DP4のサーナイトはワザ「サイコロック」を持つものです。


4.情景別
完全に僕の趣味です(笑)。発売時期もイラストレーターも別なのに、同じ時間が流れているように見えるので好きです。

夕日



色々まとめてみましたが、まだまだ語ることは多いかと思います。
普段、何気なく行っているファイリング。改めて考えてみてはいかがでしょう。
[ 2014年03月26日 19:03 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(9)

旧裏面ポケモンカード第一弾初版の見分け方(訂正済み)

アクセス解析によると「旧裏 初版」やその見分け方に関するキーワードでこのサイトにアクセスされた方が非常に多いみたいです。

初版の見分け方については以前簡単な記事を書きましたが、それではわかりにくいと思うので、こちらに初版の見分け方を詳しくまとめてみました。全て画像付きなので詳しくない方でも大丈夫だと思います。

わかりにくいところがあればコメントください。


追記
致命的なことにリンクを張り忘れてました。訂正したので上記リンク先をご覧ください。
これは恥ずかしい;
[ 2014年03月18日 00:47 ] カテゴリ:コラム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR