ポケモンカード有象無象

旧裏面ポケモンカードを中心としたカードリスト、デッキレシピを載せるサイト。
ポケモンカード有象無象 TOP  >  イベントレポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第7回関東旧裏オフレポート

4/15(土)に関東旧裏オフを開きました!
気づくとこれで第7回らしいですw
ちょっと遅くなりましたが、当日のレポートです。

参加者は708、B3、KG、RYUTA、あぷー、スイカ、せつな、てぃら、トワイライト、ひろ、みける、ユーク、伍段、将棋(敬称略)の14名。
最初期は数人でやっていただけに安定して10名超えのオフ会になっていることに改めて驚きです。



会場はいつものセシオン杉並。

170415_IMG_6902.jpg
外観

170415_IMG_6904.jpg
こんな部屋で開きました。



セッティング後、大会まではフリー対戦&トレードの時間。

170415_IMG_6905.jpg
ポルターガイストゴーストVSカメフリーザー



皆が旧裏フリー対戦に興じる中、ポケモンGOのイワークゲットで遅刻したスイカさんとオリカ対戦。
170415_IMG_6906.jpg


スイカさんのデッキはアカネデッキ。
無色ポケモンを参照する効果を多用するデッキで、「無色」の色マーカーとシナジーするようになっています。

こちらはアローラダグトリオ&第一弾ダグトリオのデッキ。
170415_IMG_6907.jpg

ダグトリオ(アローラのすがた) HP70 鋼
【特殊能力】たがやす
この力は、自分の番ごとに1回使うことができる。自分の場のポケモン名が「ディグダ」、「ダグトリオ」であるポケモンに手札から「エネルギーカード」を1枚つける。このカードが「ねむり・マヒ・こんらん」状態のとき、この力を使うことはできない。
闘闘無 じひびき 40
このワザを受けた相手は、次の相手の番に「にげる」ことができない。
にげる-2 弱点:炎 抵抗力:草


「じしん」のエネコストの重い第一弾ダグトリオをサポートできるよう加速できるアローラダグトリオを作ってみました。
加速対象を広げすぎるとマズいので「ディグダ」、「ダグトリオ」限定。使うかどうかは別としてタケシのダグトリオも加速可能です。

使ってみた結果ですが……

強すぎました。
複数体出せばその分耕せるのであれよあれよと育っていきます。
1進化で出せるカメックスと言った感じ。なによりカメックスと違って加速先が強力。
デッキを組んでいる段階でヤバそうな匂いはありましたがやっぱり強すぎた。
「たがやす」自体にターン1回制限を付けるのが無難でしょうか。コイン判定の方が旧裏っぽいですが。
原作再現で草ポケモンにも加速できるようにしても面白いかもしれません。



次に使ったのがアローラゴローニャデッキ。スイカさんはアカネデッキを続投。
170415_IMG_6908.jpg

ゴローニャ(アローラのすがた) HP100 雷
雷雷無 メガトンパンチ 50
雷雷闘闘 イシツブテほう
自分の手札のポケモン名が「イシツブテ」であるカードを最大5枚トラッシュして、トラッシュした数ぶん、相手の場のポケモンを選ぶ。(同じポケモンを2回以上選んでもよい)。その後、選んだポケモンのそれぞれに、それが選ばれた回数×20のダメージを、「弱点・抵抗力」に関係なく与える。
にげる-4 弱点:闘 抵抗力:


ゴローン(アローラのすがた) HP60 雷
【特殊能力】ゴロゴロダイナモ
このカード以外の場のポケモン名が「イシツブテ」、「ゴローン」、「ダグトリオ」であるポケモンを1匹選ぶ。その後、このカードを「きぜつ」させ、このカードをすべての色2個分をもつ特殊エネルギーカードとして、選んだポケモンにつける。このカードが「ねむり・マヒ・こんらん」状態のとき、この力を使うことができない。
雷無ブレイクボール 30
コインを投げて「うら」なら、自分にも10ダメージ。
にげる:-3 弱点:闘 抵抗力:



ゴローニャ系統もエネコストの重さが問題だったので加速能力を持たせてみました。ゴローンに。
「イシツブテほう」はゴローニャ(通信進化キャンペーン)の「ロックブラスト」のリメイク。
「ロックブラスト」と違ってエネルギーをトラッシュしないので使いやすそうに見えますが、通常イシツブテやタケシのイシツブテもデッキに入れないといけないので見た目ほど使いやすいワザではありません。
イシツブテの展開能力が強力であっという間に展開できますが、イマイチ決定打に欠ける印象。

使ってみた結果ですが、加速したゴローン(neo3)で片っ端から倒して終了でした^^;
170415_IMG_6909.jpg
弱点なんで仕方ないですね。



ここから大会。
今回使ったのは「水ポケ入り鋼ラッキー」。
鋼ラッキーは完成するとほとんどダメージが通らなくなるのでほぼ勝ちです。
それでも毎ターン100ダメージ以上叩き出せるリザードンやカツラのウインディといった炎系にだけは勝てません。
強引に対処するためにカスミのニョロモとラプラス(拡張シート)を入れて対策。
ネルトプスをより尖らせた感じのデッキです。何に強いとかよりも鋼ラッキーを使いたかったんで使いました。


大会レポートの前に賞品を紹介。
170415_IMG_6943.jpg

海外限定のスリーブや未剥がしの拡張シートといったレアアイテムが惜しげもなく賞品になっています。
提供してくださった皆さん、ありがとうございました!



第1戦 B3さん Rサンライコウ
旧裏当時から現在まで活動されている実力者。
去年のアニバーサリーフェスタではクラシックバトル準優勝、ダーテングバトル優勝しています。
今年は日本一決定戦出場が決まっているそうです。

B3さんの初手はR団のサンダーとライコウ。
170415_IMG_6911.jpg


当時のデッキのアレンジ版とのこと。
当時と言っても無制限時代ではなく、殿堂ランク時代。
重い殿堂ランクとポケモン20枚以上制限が課せられた後もライコウと組み合わせて使っていたそうです。
Rサンダーは殿堂ランク以前の存在と思っていたので意外でした。

Rサンは「エレクトロバーン」の反動ダメージが痛いのでしぶとく耐えていれば自滅してくれるだろうと思っていました。
しかし、ディフェンダーに加えきのみが大量に積まれており、自爆することなくどんどんサイドを取られていきます。

追い詰められるもなんとかラッキーが育てられそうな状況。
時間稼ぎ用のわるいクサイハナと追加の壁ポケモンを出して更に時間を稼ぐ。
170415_IMG_6912.jpg


ウツギを使った後、あることに気付きます。


B3さんのサイドカードは残り2枚。
バトル場にはR団のサンダー、控えにはライコウ(neo3)。
こちらの場にはラッキー、わるいクサイハナ、ラプラス。

鋼ラッキーを完成させようとも「いなびかり」で控え呼ばれてサイド引き切られてしまうのです。
何かの手違いでポケモン回収が混入してないかなーと天文学的な確率に祈るものの、無事サイドを引き切られ負け。

170415_IMG_6913.jpg


完全にやらかしました。



ここでデッキ紹介。
これで誰が何を使っているか、そしてどんなカードが入っているか判明します。

今までは最後にやっていたデッキ紹介ですが、より公平にするため今回は1回戦の後に行いました。
早く終わった人は他の卓を見れる分、参加者間で情報格差が生まれてしまいますしね。



第2戦 てぃらさん カスギャラひかライベトンマイン

カスミのギャラドス+ベトベトン(化石)にマルマイン(第一弾)を投入するという一見噛み合っていない構築
ベトベトンを出してしまったら「エネエネ」で加速できないように思えますが、このデッキはまきちらせ!ベトベトガスで「かがくへんかガス」を無効化することで「エネエネ」するというギミックが仕込まれています。(まきちらせ!ベトベトガスは使った時に場にいるポケモンにのみかかる効果。既にいるベトベトンの「かがくへんかガス」を無効化することで、後から出てきたマルマインが「エネエネ」できるという理屈。)
まきベトはベトンを出せない時に「はんこう」を消すのにも使えるので腐らないのもいい感じ。
カスミのギャラドスの重さをマルマインでカバーしたいけどベトベトンで「はんこう」も消したいという欲張りを無理やり実現させています。

追加のアタッカーとしてひかるライチュウが採用されています。
マルマインとベトベトンの殿堂ランクの都合、突風を入れることが不可能。貴重な控えを攻撃する手段になります。

早々にベトベトンを出されてしまい、ハピナスの「たまごうみ」が封じられてしまう。
普通なら鋼が4枚揃うまでラッキーで戦うのですが回復できないのでそれが困難な状況に。
ルギアやラプラスを壁にして凌ぎつつ鋼ラッキー完成を目指します。
170415_IMG_6928.jpg

てぃらさんはひかライにエネを溜めはじめ、ラッキーを倒せなくても他のポケモンを刈り取って勝つ作戦にシフト。
ウツギで展開する時に控えを並べてしまったのが痛い。
170415_IMG_6929.jpg

第1戦の反省から「サンダースコール」のターゲットにされやすいエイパムを「もちさる」で山札に退避。


コラッタとラプラスを壁にしてなんとか鋼ラッキー完成
170415_IMG_6931.jpg

この後、ひかライを控えに戻しカスギャラを壁を出され、ひかライがいきずぐすりで回復。

ひかライが落ちたらてぃらさんはほぼ負けの状況。
ひかライに水エネを7枚付けてカスミのニョロゾをワンパンするつもりのようです。
残りのいいきずぐすりが無く、ひかライで3回攻撃はできないのでしょう。

夜廃まで使い水エネを拾おうと回すものの引けず終了。少し延命できました。


ここでカスミのニョロゾをバトル場に置けばいいことに気づく。
水エネが7枚付いている状態では、控えにいると70ダメージ受けますが、バトル場にいれば40ダメージしか受けません。(ハンディガイド並のテキスト解説)
いいきずぐすりを持っているのでカスミのニョロゾをバトル場に出せばなんとかなりそうです。
てぃらさんのワーポが全落ちしていることを確認し、ワーポを使いニョロゾを前に。


てぃらさんはベトベトンを選択。水エネを引くために壁を出してきました。
ベトンを倒した後はいいきずぐすりを絡めてひかライを倒し、そのまま勝ち。
170415_IMG_6932.jpg



第3戦 KGさん 課金マインヤドラン

KGさんは複数のマルマイン(第一弾)の「エネエネ」でひかるライチュウを加速、2ターン目からベンチに猛攻を仕掛けるデッキです。
それに加えて、ひかるカブトプス、ファイヤー(拡張シート)などの優秀なたねアタッカーが入っており、相手に合わせてアタッカーを変えられる上ヤドラン(化石)で延命していきます。

このデッキ、ひかるカブトプスがどうにもなりません。
まず弱点なのでラッキーは戦力になりません。一応水ポケモンとルギア(GB)で戦えなくもないですが、「ウォータースラッシュ」は旧裏らしからぬ抵抗無視。出されたらほぼ負けです。
当たり運は最悪なものの、運良くKGさんの出だしが悪く、鋼エネやラッキーを見捨ててカスミポケとルギア(GB)を育成。
育つ前にルギアでガシガシ攻める。

これ事故り続ければ勝てるんじゃないのかとかと思った矢先、

ひかるカブトプスが登場。
170415_IMG_6933.jpg

片っ端から三枚下ろしにされて負け。



第4戦 トワイライトさん カツブーエンテイ

水ポケモンがいるので有利っちゃ有利なんですが錯乱ジム次第では負けかねないのが恐ろしいところ。
トワイライトさんの初手はなんとカツラのファイヤー!エンテイからの加速で「ひのとり」を連打されたら普通に負けます。コインを呪うのみ。

幸い初手エコロジムだったので無理に展開せずエンド。
トワイライトさんはエンテイで加速。しっかりエネを付けてきます。
170415_IMG_6935.jpg


展開しないと普通に負けるので控えにニョロモラプラスを並べて番を返す。
返しの「ひのとり」のコイン判定は裏。5枚の炎エネとともに山に帰っていきました。これはオイシイ。
170415_IMG_6936.jpg


その後は水ポケモン軍団で攻めて攻めて攻めまくって勝ち。
今回は引きが良く無駄に鋼ラッキーも完成。
170415_IMG_6937.jpg


これにて大会は終了。


大会結果

優勝:B3さん(R団のサンダー+ライコウ(neo3)

2位:てぃらさん(カスミのギャラドス+ひかるライチュウ+ベトベトン+マルマイン(第一弾))

3位:せつなさん(タケシのキュウコン+ピクシー+ドードリオ(ジャングル))
※キングドラ(neo3)、スピアー(neo2)、ナツメのユンゲラーに化けて戦うデッキ


B3さんはポケモンが僅か6枚という斬新なデッキを使い2連覇&デッキ賞を獲得!おめでとうございます!
今回は定番とされているデッキタイプ(バクフーン系や悪マタなど)が少なく、今までになく尖ったデッキが多かった会だと思います。
また、ヤミカラス(neo1)・バリヤード(ジャングル)・フーディン(第一弾)害悪対策が敷かれており、前回の関西オフで圧倒的な強さを見せつけたバンバンバンギが勝てていなかったのも印象的でした。


対戦の様子

170415_IMG_6914.jpg
ベロリンガやラッキーを壁にHPの低いポケモンを育てていくバンバンバンギがサンダースコールの猛攻を受け追い詰められています。


170415_IMG_6915.jpg
「なぎたおす」を1エネでコピーされている状況でしょうか。やはりピクシーは凶悪です。


170415_IMG_6934.jpg
スイカさんの「バンバンバンギ」VSみけるさんの「リザマイン」決着の瞬間。まきベトで「なぞのかべ」が消えたところに「ほのおのうず」が決まりました。


170415_IMG_6938.jpg
オーキドを使いたいが使うと回収の難しい特殊エネを大量に切ってしまう悩ましい状況。


170415_IMG_6939.jpg
ポリゴンの「テクスチャー」で悪弱点にしてハガネールを突破しようという状況。
ポリゴン(ロケット団)は地味なポケモンですが硬い相手に有効です。


170415_IMG_6941.jpg
キングドラ(neo3)に化けたタケキュウVSわるいゴルダック。
「りゅうのいでんし」を使い進化前のタケシのロコンの「ほのおのわ」を使っています。


170415_IMG_6942.jpg
リザマインVSネルトプス。バトル場のホウオウをリザードンを出すまでの壁と入れ替えているようです。見捨てず逃がすのはファイヤーレイズで付け替えるエネルギーを場にキープするためでしょう。バクフーン(neo1)を入れていないのでエネルギーは無駄にできません。


170415_IMG_6944.jpg
ニドキング+ベトベトンVSキングドラ(neo3)+マチスのラッタ+悪クロ。リサイクルエネが複数に積まれており、にげるコストには困らないものの、ロケット団の特訓ジムが邪魔で動きづらくなっています。


170415_IMG_6945.jpg
ルナアーラGX+ダストダス(SM2)+ソーナンスVSエーフィGX+ダストダス(SM2)。テテフがHRだったり、リーリエがSRだったりと高額な盤面(知識が足りなくてコメントできない)。


170415_IMG_6946.jpg
悪クロ+悪ベトンVS悪クロ+ナツメのユンゲラー+ピクシー。単純に超タイプが入っている方が有利ですね。


170415_IMG_6947.jpg
ストライク(シート)+プテラ(化石)+ドードリオ(ジャングル)VS悪マタ。たまごの化石判定みたいです。


170415_IMG_6948.jpg
メガわるベトンVS悪クロ+フォレトス+わるいクサイハナ。長期戦のようです。


170415_IMG_6949.jpg
多人数戦。


170415_IMG_6950.jpg
メガわるベトンミラー。


170415_IMG_6951.jpg
RサンライコウVS川村(ウインディマイン)。





翌日は旧裏ジャンキーの皆さんとクソカードドラフト。



使えないカードを適当に突っ込んだパックを使ってドラフトする遊びなんですが、これがめちゃめちゃ面白い!
1人4パック(10枚*4)分のピックしたクソカードと支給されたカード(エネとオーキドウツギなどのドロソなど)でデッキを構築します。


今回使ったパック。
170415kusopack.jpg
みけるさんの用意した「キミを待つゴミ」「ゴミーラの月光」
僕の「20周年記念ゴミパック」
スイカさんの輪ゴムで留めたゴミ
もちろん中身は旧裏です。
開けてみると大量品を買うと余るクソカードばっかりだったり、高額カードが入っていたり(強いとはいっていない)、悩ましいパック構成だったりと作る人の性格が出て面白いです。



170415_IMG_6980.jpg
スリーブ無しで遊ぶ感じが懐かしい。


170415_IMG_6981.jpg
この環境では最強クラスの強さを誇るヘラクロス(neo4)。


170415_IMG_6982.jpg
マトモな人なら一生使わないであろうオムスター(通信進化)が活躍する貴重なシーン。
希少カードだろうと容赦なく突っ込んでいきます。


170415_IMG_6985.jpg
またもオムスターが出ています。この環境ではHP90もあって無色で動けるマルマイン(ジャングル)が優秀。


170415_IMG_6987.jpg
デリバードが害鳥行為をしてくるも万全の控え。


170415_IMG_6988.jpg
1回目のデッキ。
ヘラクロス戻せたら強いなあとか思ってすごいつりざおを入れましたが全く役に立ちませんでした。


170415_IMG_6991.jpg
2回目は超・水デッキ。いいところまで追い詰めるも負け。


170415_IMG_6996.jpg
ポケカGBですら誰も使わないパルシェンさんがワザを使っている貴重なシーン。
シェルダーの超音波でこんらんさせ、とげキャノン2表を出した状況。ライチュウが逃げられずワザを失敗すれば勝機があります。
残念ながら返しににげるを成功されて負けてしまいました。

翌日はこんな感じでゆるーく遊んでいました。




以上、第7回関東旧裏オフレポートでした。
次回は10~11月頃を予定しています。開催場所が変わるかもしれません。
あと、次回は見学やトレードのみの参加も受け付けようと思います。

それでは!
スポンサーサイト
[ 2017年05月02日 02:41 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(2)

「第12回 関西旧裏ポケカオフ -neo-」レポート

ソラさん主催の「第12回 関西旧裏ポケカオフ -neo-」に参加してきました!


今回も夜行バスで関西へ。
狭い座席で中々寝れぬまま千里ニュータウンに到着。


何度も降りたバス停ですが緊張しますね。
20170121_001.jpg


そこから電車で一駅、「千里中央」で下車。
関西特有の蛍光灯を多用したホーム。めちゃめちゃカッコイイ!
20170121_002.jpg


千里中央で食事をとって南摂津というのが恒例のパターンなのですが、
今回はいつもの居酒屋が準備中。
待っているわけにもいかないので南摂津行きのモノレールへ。
寝不足+大荷物で早くも疲れ切っており太陽光が眩しい!!

会場近くに新しくできたローソンで朝食を取り会場へ!
ソラさん、情報提供&誘致ありがとうございました!


一番乗り!
20170121_007.jpg


無駄に一番乗りしてみたもののすることがないのでポケモンGOで時間を潰す。
20170121tt_001.jpg


捕まえ尽くしたところでソラさん到着。
荷物の大半が大量のルギアの入ったバインダーになっているとのこと。
トレードについて話していると程なくして首領さん、たねさん、ネッシュさん、だだちよさんが到着。
首領さん以上のコレクターである首領さん母からソラさんへの誕生日プレゼント()を贈呈。
そんなこんなで会場オープン。


……設営後

20170121_026.jpg
取り忘れてしまったので写真はスイカさんからお借りしました。ありがとうございました。

海外版のスリーブや太古の昔に絶版になったグッズ、
イギリス限定のプロモーションカードが並んでいます。
いつも通りどうかしていますね。(褒め言葉)


そして今回は対戦卓も凄い!
豪華版プレイマットが2枚という驚異の対戦スペースが爆誕!!

20170121tt_002.jpg20170121tt_003.jpg

小さいのでわかりにくいですが一番奥が豪華版プレイマットです。

豪華版プレイマットとは当時の公式イベントでも使われた高品質のプレイマットで、トレーナーズ初期に600ゲットgetポイントと交換できたという幻の逸品!
比較的流通量のあるファンクラブポリゴン・イーブイよりも珍しいシロモノです。
それがここに2枚!!おかしい……なにかが……南摂津の……!!


本戦開始まではフリー対戦タイム。

キレイハナデッキを改良したのでフリーで試してみることに。
タケシのキュウコンで2ターン目から並べてマルマインで加速して序盤から攻めていくタイプ。
今までメガニウムでワザコストの重さをフォローするタイプが主流(??)でしたが、メガニウムを出すまでに時間がかかりすぎる上、キレイハナを並べにくくなってしまう問題がありました。パーツが多いためドローソースを多くとることはできないですし。
思い切ってメガニウムを切ってマルマインを投入。さらにタケシのキュウコンを入れてより速攻重視の構成に。「ばける」のおかげで手札に不要な進化カードが溜まりにくくなり早ければ2ターン目には動けるようにできました。
タケシのキュウコン依存が激しいためまきベトに弱いのは相変わらずですし、わるいマタドガスあたりと比べると見劣りしますが気持ちいいダメージを叩き出しやすくなりました。


VS めちゃさん(わるいマタドガス)
悪マタは正直こっちより数倍優れた速攻デッキです。
1ターン目は理想的な動きができるものの、2ターン目からパタリとドロソが止まる。
マタドガスの猛攻を「みつめる」でごまかしつつなんとか場を揃えようとするも、ドロソ足りないわ進化ラインかみ合わないわでサイド取られきってボロ負け。
やはり速さ勝負を仕掛けられると厳しいですね^^;
悪いポケモンでもないのに2進化でHP70しかないのはさすがに辛いです。

20170121_008.jpg
地味に豪華版プレイマットで対戦していたり

フリーも終わったところで旧裏大会開始!

輪になって自己紹介をしてから初戦のくじをドロー。
初戦の組み合わせを決めるくじは「R団のエビワラー」でした。


初戦 健康マンさん(悪ライ+悪クロ)
旧裏オフは初参加、普段はマジックとPTCGOを遊んでいて対面でポケモンカードを遊ぶのは久しぶりとのこと。
駿●屋クオリティでカードが中々届かずデッキ構築が前夜になってしまったとか^^;

初手のドロソがクルミだけだったので特別ルールの「たね1マリガン」を使い仕切り直し。
健康マンさんもたね無しで見せてきた手札には悪クロ系と悪ライ系のポケモンが。
同じピカチュウを使うデッキでも「ライチュウ+マルマイン」デッキでないということは判明。なんとか戦えそうです。
(「ライチュウ+マルマイン」は先行を取られてピカチュウに「じゅうでん」されるとほぼ負けてしまうことが練習でわかっていた。)

健康マンさんはピカチュウ(じゅうでん)+ピチュー(イントロneo)の並び。
対してこちらはタッツー2匹。
20170121_010x.jpg

先手の充電を決められてしまい正直後がない状態。
手札が本当にまずい状況。シードラとエネはあるもののドロソなし。
とりあえずどちらかのタッツーを犠牲にすることで時間を稼ぐ。
シードラに進化して「あわ」で粘り、たまたま引き当てたキングドラに進化。順調に育ってますがそういう問題ではない。

ロケット団参上!を使うも学会という訳でもなく単純に運が悪いだけらしい。
※学会:博士がサイドに出払っている状態のことを表す言葉。てぃらさんが命名。


キングドラとその後に引いたヤミカラスの2匹がかりでわるいライチュウを倒すものの、
20170121_011.jpg


わるいゴルバット・クロバットの特殊能力でヤミカラスが噛まれてポケモン切れで負け。
20170121_010x.jpg


隣ではフリー対戦でてぃらさんがひかるバンギラス(\5,000)でスイカさんの山札を割り切っていました。
課金の力ってすげーww
20170121_013.jpg


ここで昼食。
いつものBigBoyに押しかけてきました。
無限カレーとハンバーグを食べ過ぎない程度に食べて午後に備えます。
20170121tt_004.jpg


2戦目 はやおさん(リザバク)
昼食後のお相手ははやおさん。デッキはソラさんの貸出のリザバクです。

初手は学会(早速使ってみました)なものの、タッツー×2にシードラがいるので対炎ということを考えればそれほど問題ない手札。
序盤、ベンチにコラッタがいるのにロケ参を使い忘れるというプレイングミス。
これで展開が一手遅れてしまい、リザバクの並びを許してしまいます。

リザードンのHP120は圧倒的。
キングドラで2回攻撃すれば気絶させられますがアタッカー不在の状況で次々に倒されてしまいました。

シードラの「あわ」で20ダメージ受けていたのでピクシーの「ゆびをふる」で「ほのおのうず」をコピーして突破。

2匹目のリザードンはも出てきますが順当にシードラ・キングドラ2匹がかりで倒し、残ったキングドラで倒しきれそうな状況になりました。
とは言え、はやおさんのサイドは残り1枚。突風はすべて落ちているものの、ポケセンをうまく引けなかったり、ホウオウがゴッドバードで突っ込んでくると負けてしまう状況。

ホウオウを壁され、「ファイヤーリチャージ」でもう1匹のホウオウを高速で育てられてしまい、「ゴッドバード」を使われてしまう。

コイン判定は……裏。

危なかった。


あとはキングドラで残りのポケモンを倒して勝ち。
本当に危うかったです。
(あとこの試合の写真は撮り忘れました)


3戦目 ネッシュさん(カビゴンデッキ)

R団のカビゴンの「わるいねぞう」+スリープの「えんかくさいみん」のコンボにさらにカビゴン(ジャングル)、さらにくいしんぼカビゴン、果てはねむれ!ねむれ!にスロットゲームまで入ったカビゴン尽くしデッキ!
ワザに必要なエネルギーが多いので序盤のアタッカーになれるエレキッドが入っています。

エレキッドの「わんぱくパンチ」同様カビゴンの「わるいねぞう」も弱点抵抗力の影響を受けるため、ポリゴン(ファンクラブ)の「ハイパーテクスチャー」でダメージ飛ばせる特殊能力持ちに超マーカーを載せるだけのとても簡単なゲームに。
20170121_016.jpg


延々と超タイプに変えているだけでも山勝ちできそうでしたが、高い順位になるためには獲得サイド数が重要なため、ある程度押さえ込んだところで攻撃開始。
20170121_017.jpg


そのままキングドラの「たつまき」&抵抗力の暴力で完封勝ち。
20170121_018.jpg


ファンクラブポリゴンとかいうカード、正直アカンやつじゃないですかね。


4戦目 みけるさん(害悪ドンファン)

2勝ながら獲得サイド数が多かったため、3勝のみけるさんとの対戦に。
この会場で最も対戦した方です。そして最も当たりたくなかった方でもあります。
今月入ってからでもみけるさんとは調整会で30戦以上はしたのではないでしょうか。既存のデッキの大半は試したと思っています。
みけるさんのデッキは調整会で使うと話していたオムナイト(たいこのみちびき)&アンノーンQ入りのドンファンです。
とにかく害悪極まりなく、キングドラピクシーみたいな日和ったデッキでは絶対勝たせてもらえる相手ではありません。エリカのウツボットか悪いクロバットが必須の相手です。
一時期トチ狂って拡張シートシードラを突っ込んでいたくらいですし。
調整会で散々回しあったのでお互いに手の内を知り尽くしているといっても過言ではありません。こちらは調整会の時から数枚変更していますが……。

幸いにもこちらが先行。早い段階でドンファンを出されたら負けてしまうのでゴマゾウ段階で潰したいと考えていました。
ポケモン交換おじさんでヤミカラスを探すもサイド落ち。コラッタで悠長に探す余裕はないので仕方なくタッツーに水エネを貼って終了。

みけるさんはゴマゾウを出し、エレキッドで攻撃するも失敗。

返しのターンでシードラに進化し、ポケモン逆指名+プラスパワーでゴマゾウ気絶させます。
逆指名もプラスパワーも単体では余り意味のない状況だったので中々神がかったかみ合わせでした。

返しのターンでゴマゾウを出してきますが、すかさずキングドラに進化させ、逆指名+悪エネ付き「りゅうのいでんし」で駆除

その後みけるさんはドローソースを引けずこちらが一方的に攻撃する状況に。これは大チャンス!
残りサイド3枚まで追い詰めるもエレキッドのベイビィ判定を突破できず中々勝ちきれない。
20170121_019.jpg

そうこうしているうちにドンファンが出て、オムナイトまで出てきて鉄壁の布陣を築かれてしまいました。

エレキッドを倒し、その後サイドから必死に探り当てたヤミカラスの「だましうち」でドードリオを倒すものの最後のサイドの取り方がわかりません。

ドンファンの猛攻を受けつつ「だくりゅう」のベンチ攻撃でオムナイトを攻めることに。
ヤミカラスでトドメを刺そうとしたところでポケモン回収で戻されてしまいました。

こうなるとどうしようもありません。本格的にカードeリーダーに祈りつつ「だくりゅう」でドンファンを叩くしかなさそうです。

祈るモードに入って少したったところ、みけるさんはドンファンをバトル場に出して番を終了してきました。


何か意図があっての行動ですが、とりあえず順当にピクシーの「ゆびをふる」で「こうそくスピン」を使いドードリオを壁に。

キングドラを倒すための行動だったそうですが、ピクシーを見落としていたそうです。

次のターンヤミカラスの「だましうち」でドンファンを叩いて勝ち。
20170121_020.jpg

プレイングミスがなくてもポケモン回収の枚数の都合もう壁を用意できずポケセンで全快されるとほとんど勝てない状況だったとのこと。



勝てました!
テンポ落としたヤマブキのテーマを流したい感じです。
あのシーンで流れる曲の正式名称ってあるのでしょうか。サントラにも入ってないですし。

最後の最後でのプレミもありますが、序盤の引きが神がかっていたのが本当に大きかったです。
もちろん、練習でピクシーでゆびふりスピンするのがこのデッキの出せる最大打点だとか序盤からゴマゾウを叩けばワンチャン持てることを知ることができたのも勝因だと思います。


3勝1敗ですが獲得サイド数の関係で3位!
今まで後一歩のところで負けていたのでこの結果は嬉しいです。
念願のトロフィーを頂きました!ありがとうございます!

20170121_025.jpg

持ち帰って飾ってみましたが改めて凄いクオリティーだと思います。


その後はフリー対戦をしたり、闇トレード&闇トレードで大量の海外版eサポを回収したり、旧裏のパチモンPokemonGO TRADING CARD GAMEの交換をしたり。(意味不明)

ネコアルツさんの情報操作ツイートを真に受けて「ネコアルツさんが組んでいるであろう"最強デッキ"として組んだデッキ」と本人が組んできた本物の「最強デッキ」で最強デッキの名を懸けて対戦したりw
ちなみに僕が勝ちました。怪しい情報を元に半信半疑で組んで回してみたらマジで強いデッキになったので驚きました。妙なカードが混入してますが普通に環境水準で戦えるデッキだと思います。

そんなこんなであっという間に閉館時間。

閉館後はいつものカレー屋さん。旧裏トークとカレーと無限ナンと無限サラダを楽しみました。

オフ会としてはここで解散。
その後はスイカさん宅にみけるさんと泊めさせてもらいました。ありがとうございます。
夜遅くまで延々と旧裏トークで盛り上がりました。
翌日は日本橋でKGさんを加えた4人で本戦用デッキで対戦したり、リザードンメガバトル環境のデッキで対戦したりの旧裏三昧。

毎回書いているような気がしますが、今回もめちゃめちゃ楽しい2日間でした!
主催のソラさん、参加者の皆さんありがとうございました!




【お知らせ】
2/19(日) 13:00~ (途中参加OK)
秋葉原にて旧裏対戦会を開きます!
集まって対戦しようってだけのちょっとした会です。
貸出デッキも用意しているので手ぶら参加も大歓迎です!
席の確保もあるので参加希望の方はコメントまたはメール(oddish_043@yahoo.co.jp)
またはtwitter(@7087087087o8)まで参加希望の旨を伝えていただけると確実です。
[ 2017年02月04日 00:13 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)

第1回ニモノ杯クラシック イベントレポート

1998年のリザードンメガバトルを再体験できるイベント「第1回ニモノ杯クラシック」に参加してきました!

20161212_005.jpg


ちょっとドキドキしながら会場到着。結構広い会議室が会場でした。
自分主催のオフじゃないと入るだけでも結構緊張しますね^^;

主催のなにものかさん、もとお父さんに挨拶をしてデッキの確認。

ここで第2回公式トーナメントの最後に行われた「クチバカップ」(1998年2月15日)の段階では拡張シートが未発売であることが判明。当時のカードプール準拠なので急遽デッキを練習用に組んでいたプクリンエレブーに変更。

全員そろったところで大会開始。
午前中は第2回公式トーナメントと同じ形式です。

ルール

・第一弾~ロケット団+1998/2/15までに発行されたプロモーションカード(※拡張シートは使用不可)
・試合時間20分
・エネルギー回収・超エネルギー回収は特殊エネルギーを回収可能
・こんらん判定でワザが失敗した場合は自分にワザをかける



使用デッキ「プクリンエレブー」

3-3 プクリン
2-2 ベトベトン
2 エレブー
2 くいしんぼカビゴン
2 ストライク

4 オーキドはかせ
4 マサキ
4 パソコン通信
3 ダウジングマシーン
4 ロケット団のおねーさん
3 エネルギー・リムーブ
2 超エネルギーリムーブ
2 突風
1 ポケモンいれかえ
2 プラスパワー
1 超エネルギー回収
1 夜の廃品回収

4 無色二個エネルギー
9 雷エネルギー


午前中の結果は1-3の成績で5位(最下位)。
欲張って有用トレーナーを入れたところ、エネルギーを削りまくってしまったのが裏目に出て
リムーブされて動けず一方的に殴られるシーンが目立ちました。
あとプクリン使うならプラパは4枚必須ですね。70出せなきゃ意味がない。

他の卓では3回初手にたねポケモンが来なくて負ける方が出たり、制限時間内に決着が付かず、サドン・デスに突入したり、
超リム警戒でプクリンに二子玉+エネ×2を貼るなど、この環境ならではの妙なプレイングが飛び交ったりと
黎明期のカオスさを体験することができましたw

リーグ戦の様子
20161212_001.jpg
対戦開始

20161212_002.jpg
プラパプラパきりさくをくらえー!

20161212_007.jpg
この環境だとコダックも使い放題。わるラフは扱いが難しいためか使用者0でした。


午前中印象的だったのはもとお父さんとの対戦。

自分
【バトル場】くいしんぼカビゴン 90/100 雷 食べ物カウンター×1
【ベンチ】(なし)

お相手
【バトル場】エレブー 70/70
【ベンチ】ラッキー 120/120 無無

エレブーのエネルギーを剥がしてドヤ顔で「たべる」をしていたら、返しのターンに
ラッキーにニコタマ→入れ替え→ラッキーにプラパすてみタックルで90ダメージを出され食いカビが消し飛んで負けてしまいました!
完全にラッキーの存在を見落としていました。
新殿堂ランクでは鋼ラッキーの印象が強いですが、この環境だと2エネでプクリンや頑張ればくいカビまで一撃で吹き飛ばす超火力アタッカーなんですよねコイツ。



午後はリザードンメガバトルのレギュレーションでトーナメント形式の決勝戦。

拡張シートが解禁されるので本命のピクシーミュウツーリムーブデッキを使用。

ルール

・第一弾~拡張シート青版+1998/4/26までに発行されたプロモーションカード(ジム拡張は使用不可)
・ロケット団のカードは6枚まで
・拡張シートのカードは4枚まで
試合時間10分
・エネルギー回収・超エネルギー回収は特殊エネルギーを回収可能
・こんらん判定でワザが失敗した場合は自分にワザをかける


使用デッキ「ピクシーミュウツーリムーブ」

3-3 ピクシー(ピッピは拡張シート)
4 ミュウツー(コロコロ付録)
2 くいしんぼカビゴン
1 ストライク
1 バリヤード(拡張シート)

4 オーキドはかせ
4 マサキ
3 パソコン通信
3 ダウジングマシーン
4 エネルギー・リムーブ
3 超エネルギーリムーブ
2 突風
2 ポケモンいれかえ
2 ポケモン回収
1 いいきずぐすり
1 ポケモンセンター
2 夜の廃品回収

4 無色二個エネルギー
3 きずぐすり配合エネルギー
8 超エネルギー


自分からはあまり動かず相手のエネルギーを片っ端からはがし、動けなくなった相手を1エネ始動のポケモンで倒すのが目標。
最初に組んだ時には殺意の超リムーブ4積みでしたw
相手のリムーブに負けたくないので1エネ始動の省エネデッキにもかかわらずエネルギーは多めに積んでいます。
ポケモン回収はバリヤードを戻して弱点や抵抗力を有効にして有利な状況を作れるとかっこいいと思って入れました。普通にミュウツー回収カードとしても便利そうですし。
進化前ながらピッピが強く、プテラやわるラフに自然と強くなれるのがいいところだと思います。

主催者であるなにものかさんとの対戦。

序盤ロケット団のおねーさんにドロソとリムーブを抜かれるも返しでパソ通トップドローに成功!

20161212_003.jpg
お相手のリソース切れを狙うため、自分からはあまり動かず食べたりリムったり。

そこからピクシーの「ゆびをふる」とリムーブでお相手のアタッカーを捌いていき、エネルギー切れに追い込んだと思ったところで時間切れになりサドン・デス突入。


サドン・デスではこちらが優勢で早い段階でピクシーの「ゆびをふる」でミュウツーを追い詰める。

追い詰めたと思った返しに控えのストライクが突風で引き摺り出され、ドローしまくって掘り当てたプラパ×3付けたミュウツーのサイコバーンで終了。

20161212_004.jpg
負けた瞬間

負けてしまいましたが、このギリギリ感は清々しいです。


ロッキーさんとのフリー対戦では、ミュウツーがコラッタ相手に粘られている状況でバリヤードを出して「サイコバーン」で突破したり、ポケモン回収で手負いのミュウツーを回収したりと構築時にやりたいことができました。(次の試合の開始時間の都合途中で中断になりましたが。)


決勝トーナメントの様子
20161212_006.jpg
プクリンミュウツーデッキ(なにものかさん)VSエレブーデッキ(もとお父さん)


最終結果は最下位でしたがとても楽しかったです!

10分制限で対戦ができるか不安でしたが、実際にやってみると手早いプレイングを求められるため緊迫感が凄くテンション上がりまくります!

決着が付かないとサドン・デスになりますが、HPの高いたねポケモンがメインのため1キルが難しく、先行取っても即勝ちにはならないためず、超ギリギリの戦いになって面白いです!

主催のなにものかさん、参加者の皆さん、ありがとうございました!!


想像以上に面白かったので来年1/21開催の関西旧裏オフにこの環境のデッキをいくつか持っていこうと思います。
興味のある方がいればぜひ対戦しましょう!

あと、開催日は未定ですが過去環境を振り返るシリーズとして第二回ニモノ杯クラシックもやってみようかという話になりました。
個人的にはカードe時代に興味ありますが誰得度が高すぎる気も^^;
旧裏関係なくとも何か発表されたらこのブログでは宣伝していこうと思います。

それでは!
[ 2016年12月14日 01:42 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)

11/26 関東旧裏オフ レポート

11/26に「関東旧裏オフ」を開催しました!


今回の参加者:708、伍段、KG、みける、せつな、てぃら、将棋、あぷー、RYUTA、トワイライト、なにものか、スイカ、カツノリ、kennto.、せーまつ、B3(敬称略)

以上、計16名!!

20周年効果とはいえ毎回毎回新たな参加者が現れることに驚きを隠せません。

2年前に数人でこじんまりと対戦していたのが嘘のよう。

勢いで関西を超えてやりましょう(挑発)




午前の部

今回は畳の部屋ではなく普通の会議室。


20161126_1.jpg


午前中はフリー対戦とトレードの時間。

フリー対戦の横でVC版初代対戦が始まったり、
旧裏オフにも関わらずPCG談義に花が咲いたりとポケモン過去レギュ総合オフの様相を呈していましたw

(もちろん対戦・トレードもやっています!)


初参加のせーまつさんのデッキを数人で調整していると、
じゅうでんピカチュウが足りない事態に。

僕がストレージから探していると、どこからともなく出てくるプロキシ!

クルミやウツギといったどのデッキでも使うカードならともかく、実用プロモとはいえ専用デッキでしか
使わないじゅうでんピカチュウがしれっと出てきたことに驚きでしたw


こんな感じのゆるーい雰囲気のまま午前の部は終了。



午後の部

恒例のスイスドロー形式の旧裏大会です。


使用デッキは「キングベトン with 粗大ゴミ」というデッキ。

ベトベトンで特殊能力を封じてニドキングで戦う超シンプルなデッキです。
イントロベイビィを使わないのでゴミ1枚を除いて非常にお安く現物を用意できるのも特徴。

今年夏の関西旧裏オフで使ったものの決勝戦で事故負け、翌日のフリー対戦でも事故負けと、
ドロー面が不十分だった反省を活かし、ドロソを厚くしてリベンジしようと持ってきました。

デッキ紹介は別記事にまとめようと思います。


初戦 VS スイカさん

お相手の場にはピッピとワニノコ。
今年夏の関西オフで使われていたオーダイルピクシーのようです。

関西オフ翌日のフリー対戦ではドロソ不足から事故死しているので今回はリベンジしたいところ。

こちらは草なのでオーダイルの弱点を突けるものの、3エネも貯めないと殴れないポケモンばかりのため正直ピクシーが辛い。

弱点を突けるもののオーダイルを一撃で倒せるポケモンはいないため、連射モードに入らないように抑えねばなりません。



1ターン目にピッピの「このゆびとまれ」からベンチのニドラン♂が呼び出されてしまったので、

1エネ貼って「つのでとっしん」をチラつかせつつ、2ターン目以降は控えに用意したニドランを育成開始。


その後は互いに遅いデッキ同士なので可能な限りリソースを消費しないようにしながらも軽いワザで圧力をかけつつ控えを育てる状況が続く。


スイカさんがロケット団参上!を使用したところ、お相手のサイドにはオーキドウツギが落ちていることが判明。


返しのターン、コラッタで回収させないためにベトベトンを展開。

ピッピの「このゆびとまれ」でバトル場に呼ばれそうですが、ニドキングを育てるまでの壁になれば十分との判断。

20161126_2.jpg

その後は一進一退の攻防が続くも、コラッタのわるふざけが封じられたのが響き、スイカさんは思うように動けず。

戦況はこちらに傾いてゆき、最後はベトベトンでブビィを倒して勝ち。

20161126_3.jpg

ベトベトンのアタッカー性能すごい(錯乱)
というかニドラン♂とニドリーノの性能が情けなさすぎる



2戦目 VS RYUTAさん

カスミ1キルで負け。

ちなみに水軸グドラでした。


……今振り返るとドロソが弱くたね1マリガンをしても良かったシーンだったのが悔しいですね。
ただ、中々たねを引くことができず、お相手の手札が膨れ上がっており、
これ以上引かせたくないという思いからキープしてしまいましたが、その結果1キル^^;
キープが甘かったです。


これで終わるのはアレなのでフリー対戦をさせてもらいました。

またしても1ターン目からカスミの猛攻が来るも、今回はベロリンガで時間を稼ぎ、その間にニドキングを育成。

こちらが攻め始める頃にはお相手のリソースが厳しい状況になっており、そのまま押し切って勝ち。



3戦目 VS 将棋さん

カスミ1キルで負け。

ちなみにカスミ入り鋼ラッキーでした。


これで終わるのはアレなのでフリー対戦をさせてもらいました(2回目)

こちらは鋼を貫通できる毒々があり、草タイプでカスミのポケモン相手に有利かと思いきや、

こちらの展開が遅いせいでカスミの猛攻にどんどんサイドを取られてしまい、

育ったときにはもうサイド差を巻き返せない状況になってしまい負け。


逃げるの軽いラッキー相手にはベトベトマーカーを乗せないと厳しいですね。



4戦目 せーまつさん

お相手のデッキは悪ライ+悪クロ。
わるいライチュウ+わるいクロバットで執拗にベンチを狙撃するデッキです。

せーまつさんは事故っていたようで、ベトベトンで特殊能力を封じ、
ニドキングを回復させつつ毒毒で攻めて勝ち。


ちなみに決勝戦は、B3さん vs てぃらさんの組み合わせでした。

B3さんはエリカのウツボットに加えヤミカラスを厚くしたキングドラ(neo3)デッキ、
対してぃらさんはホウオウ(PF3)に変身したメタモン(拡張シート)にエナジートランスでエネを移し替え、
レインボーバーンで110ダメージを叩きつけるロマンコンボデッキ。

キングドラは攻撃力が低く、エナジートランス+ポケセンコンボを連打してくるフシギバナ相手は
苦しいので正直展開を読めませんでしたが、
てぃらさんが事故ってしまいキングドラの餌食となっていたようです。



2勝2敗という微妙な結果で終了。

やはり1キルはどうにもなりませんね……。



主催なんで上位のデッキについて簡単に解説。

キングドラ+エリカのウツボット(B3さん)☆優勝
エリカのウツボットに加えてヤミカラス3積み。
ヤミカラスはロック要員というよりも普通にアタッカーとして運用するスタイル。
「マダツボミのとう」でコラッタの打点を落としてロックする動きはなるほど!と思いました。

ゴースト+バリヤード+わるいクロバット(あぷーさん)☆準優勝
バリヤードやゴーストといった軽いアタッカーをわるクロで補助するデッキ。
現行風にいえば″ゴーストバット″といったところ。

ドンファン+なにかの化石+オムナイト(化石の導き)+アンノーンQ+ドードリオ(みけるさん)☆3位・デッキ賞
化石の導き+アンノーンQの無限壁を使ったドンファンデッキ。
翌日に対戦させてもらいましたが厄介なデッキでした。やはりドンファンは強い。

今までにない組み合わせが評価されてのデッキ賞なのでしょうが、アンノーンとか化石好き的にはフレーバー方面で語りたい。
アルフの遺跡の石版には古代ポケモンが描かれており、そのパスルを解くとアンノーンが出現するようになります。
なんでオムナイトとアンノーンってストーリー的にも縁のある組み合わせだったりするんですよね。
アルフの遺跡をテーマとしたneo2に化石組も収録されますし。
侵入者遺蹟ハンターに対し代わる代わる壁として立ちはだかる様はまるで遺跡の罠と守り神のよう。
アタッカーがドンファンではなくサイドンだったら『なったワケ』テーマの構築として追加点が貰えたでしょう(通じない)

あと、こういう強引な解釈で無理やり芸術点を上げるプレイングは今後のデッキ賞受賞に向けてのテクニックとして使えるかもしれません。


大会後


施設自体は21時まで使えるため、再びフリー対戦&トレードタイムに。


結果発表と賞品の受け渡し終了後、
B3さんがお持ちくださったクラシックバトル入賞盾を見せてもらいました!

20161126_6.jpg

ちなみに予選での使用デッキはカスミ+プテラとのこと。
制限時間内の勝利数で決勝進出システムの大会が過去にも開かれており、その時も速攻デッキ大会になっていたそうで、
その経験からレギュ発表時からカスミ速攻一択と判断して調整されたそうです。



その後はカツノリさんがお持ちくださったPCG時代の入賞盾にウツボットを入れて大はしゃぎしてましたw

20161126_7.jpg

ウツボット杯 第3位



悪ふざけではしゃいだ後は、旧裏モミール、フリー対戦、トレード、
旧裏~e談義、初代VC対戦などなど閉館までゆるーくフリーダムな楽しい時間を過ごせました!




以上、関東旧裏オフのレポートでした。


あまり写真を撮らなかったので伝わりづらくなってしまいましたが、関東旧裏オフって実は結構ゆるい雰囲気なんです。
和気あいあいと旧裏で遊びつつ当時の思い出だったりポケモン全般に語る場って感じです。

大会はスイスドローなので負けたら終了ではありませんし、最下位でもきちんと賞品が出るようになっています。
だって上位総取りじゃ楽しくないじゃないですかー。

その上貸出デッキもあるのでデッキがなくても大会に出れてしまうという。

なにより、また旧裏で遊ぶことができることは本当に貴重なことです。

”オフ会”というとハードルが高く感じますが、転校生の家に遊びに行く感覚なんで興味ある方は是非一度遊びに来てください!
ジュースもお菓子もスマブラもありませんがw


そんな旧裏イベントは今後も盛り沢山。終わったカードゲームとは思えませんw
入手性がアレなので基本的に貸出デッキが用意されています!


今週末の日曜日(12/11)には「第1回ニモノ杯クラシック」が開催されます!僕も参加します!
1998年当時のリザードンメガバトルのレギュレーションでの公認大会です。
デッキレシピを集めやすいオフ会で主流の新殿堂ランクと異なるレギュレーションのため、デッキ構築が難しそうですが、貸出デッキがあるので気軽に参加しましょう!
リザードンメガバトルを語れると僕みたいなneoから始めたにわか勢相手に通ぶれますよw


来年1/21(土)には「第12回 関西旧裏ポケカオフ -neo-」が開催されます!
関西圏で旧裏に興味のある方は絶対行ったほうがいいです!というか遠征してでも行くべし。
コレクターや無限回収勢が多いためか、関東よりもトレードが盛んなのが特徴。
事前に欲しいカードをリストアップして告知すれば旧裏以外だろうと集まってしまうのでトレードメインに参加するのもアリだと思います。
もちろん貸出デッキを用意しているのでデッキが無くても参加可能。
対戦もトレードもアツくとにかく楽しいオフ会です!僕も行く予定です。


そして……来年2月には「ウツボット杯」という前代未聞の旧裏イベントが開かれます。
ポケモンカード史上最弱と言われるウツボット(ジャングル)を使わないといけないという特殊ルールでの大会です。
これだけ聞くと特殊ルールの大会かといった感じなのですが、
なんと参加費3000円。もちろんその分賞品は超豪華なので本気にならざるを得ないようになっています。


ちなみに、次回の関東旧裏オフは来年4月に開催する予定です!

その前にも秋葉原あたりで旧裏対戦会を企画すると思います。
小さい対戦会は今まではTwitterでの周知がメインでしたが、こちらにも告知記事を書こうと思います。

それでは!
[ 2016年12月07日 00:56 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)

2016/4/16 関東旧裏オフ レポート

関東旧裏オフを開きました。
チェルモでやったのも含めて5回目です。

参加者は、KGさん、将棋さん、スイカさん、せつなさん、てぃらさん、ヨシダさん、ほえらさん、ハムさん、ほたるさん、キムラさん、あさりのみそしるさん、ひきゃくさん、かかしさん、それと主催の自分。

はじめは数名だった参加者もなんと今回は14名
スイカさんと将棋さんは関西からの遠征勢です!

遥か昔に生産終了したカードゲームにも関わらず、じわじわとプレイヤーが増えていることに毎度驚かされます。

会場はいつものセシオン杉並。
いつも通り畳部屋での旧裏オフです。



午前中はフリー対戦&トレードタイム。


スイカさんとオーダイルを交換。
オーダイルは渡したいものの、現状特に欲しいカードがなく、とりあえず通貨「ルギア」に両替することにw

20160416_lugiawanitrade.png


かかしさんとフリー対戦。

20160416_free1.png

ストライクバット」と呼ぶべき現行勢らしい構築。
旧裏でのクロバットは専らコダックと組み合わせて動けない相手を特殊能力で刈り取ることが多いですが、
軽いアタッカーと組んでプラパ的な運用をするのが面白いと思いました。



旧裏大会

昼食タイムを挟んで午後から大会。

いつにも増して豪華な賞品の数々!

20160416_shouhin.png

サプライはいくらあっても十分ということはないのでありがたいですね。
他にも賞品が並びますが、目立つところではVCのポケモン赤という豪華っぷり。
賞品を提供していただいた皆様、ありがとうございました!



今回使ったデッキはスピアー+カスミのニョロモ+シートラプラス+ピクシー+ベトベトンという謎デッキ
謎デッキというワード、最近聞かなくなりましたね。それはともかく。

動きとしてはベトベトンで特殊能力を封じ、
スピアーの「さんばいどく」やピクシーの「ゆびをふる」といった1エネワザで攻めつつ、ポケセンで回復って感じです。
入っているカードがアレなだけでやってることは無水とほぼ同じ。

パッと見懐かしいカードの寄せ集めにしか見えませんが、それぞれきちんとした採用理由があり、環境水準で戦えるデッキです。
やはりベトンは偉大。
詳しい説明はまた別の記事にまとめるので、ひとまず大会レポートです。



初戦 ほえらさん(わるいゲンガー+ナツメのユンゲラー)

ほえらさんとは前回の関東オフ、関西オフで対戦するもどちらも負けという結果。
どさくさ紛れて載せ損ねたレポートを載せるプレイング
今回も負けてしまうのか。対戦前から弱気になりつつ対戦スタート。


お相手の場にはゴース(neo4)。

基本的に化石の秘密収録のゴースの下位互換。
しかし、わるいゲンガーを使う場合、1エネで10ダメ+眠りが役立ちます。
どうやら悪いゲンガーを使ったデッキのようです。

ほえらさんは控えにスリープ(ロケット団)を出してきます。

超抵抗持ちのピクシーで攻めたいこちらとしては人形を操りそうで不穏な感じ。

ピクシーは人形を操れないので対峙した場合撤退せざるをえません。


互いにドロソが止まり、動けないターンが続く。

そうこうしているうちにほえらさんの場にわるいゲンガーが登場。

こちらも悪ゲンに対して手札で待機させていたピクシーを出して眠りを解除。
ほえらさんの場が揃う前に厄介なゲンガーを倒したいところ。

運良く深い眠りから目覚めつつ、抵抗力にものを言わせて攻め続ける。これぞ目覚める妖王(意味不明)。

悪ゲンにハチマキを貼られてしまうも、アジト破壊でハチマキごとわるいゲンガーを突破。

ほえらさん側の攻撃はどれもピクシーに通らないためベイビィを壁にしてくる。

ピクシーでベイビィを突破するのが難しいため、ポケモンセンターで延命しつつコクーンを育成。

ナツメのユンゲラーに「ライフダウン」されたり、ムウマに眠らされてヒヤヒヤするもポケセンで回復したり目覚めたり。
こちらの場に攻めに行けるポケモンがいないためしばらく場は動かず。

ほえらさんのデッキが減り、数ターン粘ればデッキ切れで勝ちだというところでクソザルエイパムに廃品回収を戻される。
そして再び出てくるププリン。

「ゆびをふる」と「さんばいどく」をメインで使うこのデッキにとってベイビィは非常に厄介な相手。
ピクシー放置で控えを育てます。

エネスタでチミチミエネルギーを拾いながら、唯一まともにベイビィを倒せるラプラス(拡張シート)に加え、
コクーン(第一弾)を育て、さらにスピアー(neo2)が手札にある状態に。

ようやく重い腰(逃げるコスト2)を上げ、ラプラスでププリンを倒します。

返しのターン、スリープがわるいスリーパーに進化。
加えてわるいゲンガーと通常ゲンガーを育ててきます。

「ベンチをあやつる」を使われるも、コイン判定を全表で回避。

20160416_1senme1.png

このテキスト、相手プレイヤーに投げさせるというのがいやらしい。

なみのり×2でスリーパーを倒します。
その後、時間稼ぎに出てきたププリンとムウマを倒しサイドを取りきって勝ち。

20160416_1senme2.png



2戦目 せつなさん(フシギバナ+高耐久たねポケモン)

軽く動けるこちらがピクシーで攻める。
ラッキーが立ちはだかるもアカネのピクシーさんみたいに地道におうふくビンタを連打。

ベトベトンがいるのでエナジートランスからのポケセン回収が使えず、終始有利な場を維持し続けてそのまま勝ち。


3戦目 将棋さん(リザバク)

お相手はリザバク。
スピアーで戦うのは厳しいのでサブの水ポケモンとピクシーで戦うことに。

ニョロモを早い段階で握ることができ、1エネ40の猛攻をスタート。
コイン判定が裏でも逃して無理やり殴っていく。

ベトベトンに加えてラプラスまで育ち万全の体制に。

将棋さんの返し手が尽いたところで、被獲得サイド数を抑えるためオーキドで自ら山札を切らし、デッキ切れによりこちらの勝ち。

このサイド数がどう響くか。


決勝戦 KGさん(ライチュウ+マルマイン)

気付くと決勝戦。
KGさんはライチュウ+マルマインの速攻デッキ。

こちらのデッキに入っているポケモンは全てHP80以下なので苦手なアーキタイプです。
向こうのほうが早く動いてくる上、アタッカー性能でこちらは負けています。
エネ加速の無いこちらは普通に殴り合うとまず追いつけません。

ベトベトンでエネエネを封じようにも、まきベトやブビィの「もくもく」を使えばエネエネも使用可能。
その上、殿堂ランクの低い「ぎゃくしめい」を入れやすいのでベトベトンが簡単に対処されてしまいます。
正直、一番当たりたくなかったデッキです。

無理そうだなと内心思いながらも対戦スタート。
幸いにも2ターン目にベトンを出せたのでエネエネを阻止。

しかし、このチャンスに中々攻め込むことができないまま、ベイビィに苦戦しているとマルマインが登場。
更にお相手のライチュウが育ってしまう。


マルマインを倒すもライチュウが出てからは苦しい戦いに。
お相手も逆指名を引けずベトベトンを処理できないようで、互いに様子を窺いながらの地味な展開が続く。

最終盤、エネを引くorエネスタ2回のコイントスで1回でも表が出れば勝ち、そうでなければベイビィ判定頼みのシーン。

結果は裏裏

そして返しのターン、KGさんはこちらのベイビィ判定を突破され、
サイドカードを取り切られて負け。

20160416_4senme.png

前のターンに夜の廃品回収で山札のエネ濃度を上げなかったのが失敗でした。反省。


というわけで、
優勝はKGさん!おめでとうございます!


取得サイド数に不安があったものの準優勝は自分。


デッキ賞はほたるさんのカスミの勝負を採用したわるいラフレシア+ゴーストでした!


上から順位と使用デッキです。
ライチュウ+マルマイン(KGさん)
ベトベトン+スピアー+ピクシー+水ポケ(708)
リザードン+バクフーン(将棋さん)
カメックス+フリーザー+ヌオー(neo3)(スイカさん)
フシギバナ+高HPたね(せつなさん)
プテラ+ストライク(拡張シート)(てぃらさん)
わるいゲンガー+人形使い+ゴースト(第一弾)+ねむれ!ねむれ!(ヨシダさん)
セレビィ(neo3)+わるいクロバット(あさりのみそしるさん)
わるいゲンガー+ナツメのフーディン+わるいスリーパー(ほえらさん)
キングドラ+ベトベトン+ゴースト(ポルターガイスト)+コダック(ハムさん)
わるいラフレシア+ゴースト(ポルターガイスト)(ほたるさん)
カメックス+キングドラ(neo3)(キムラさん)
リザードン+バクフーン※貸出(ひきゃくさん)

殿堂ランクの割り振りなどは別に詳しくまとめますが、
鋼系デッキ使用者が一人もいなかったのが印象的でした。
そしてベトン、プテラ、悪ラフといったロック系ポケモン使用者が12名中4人というのも気になります。



大会終了後はフリータイム。

出涸らしのコモンアンコモンを500枚ほど配布。
ここ最近、旧裏を入手するのが難しくなっているようなので、少しでも始めやすくなればと思います。



スイカさんと「フーパおでましルール」で対戦!!

20160416_PCGmomir1.png

20160416_PCGmomir2.png

20160416_PCGmomir4.png

テストカードかな?


マジック・ザ・ギャザリングのオンラインゲームに存在するモミール・ベーシックというルールをポケモンカードでやってみようというスイカさんの試み。

エネルギーだけでデッキを組み、ダイスや乱数生成アプリを使いランダムにポケモンを出たポケモンだけで対戦するというもの。
詳しくはスイカさんの紹介記事をどうぞ。

運要素が強そうに見えますが、実際にやってみると意外にも知識とプレイングの要素が大きくこれが面白い!


あと一歩のところで召喚されたわるいマグマラシにマグマラッシュされて負け。
デッキがエネルギーだけで構成されているので「マグマラッシュ」や「マグマふんしゅつ」のダメージが大きくなりやすいのです。


そんなこんなで気づくと閉館時刻。
中華屋さんで食事をして解散となりました。

参加された皆様、お疲れ様でした!
[ 2016年05月16日 07:16 ] カテゴリ:イベントレポート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

708

Author:708

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。